『なつぞら』第129回 感想~周りに甘えまくって、3年ワープ。

スポンサーリンク

『なつぞら』第129回(第22週)「なつよ、優しいわが子よ」」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

優優(増田光桜)が熱を出したと茜(渡辺麻友)から連絡が入る。
仕事が忙しいなつは、坂場(中川大志)に連絡するが、坂場も外出中で連絡が取れない。
結局、咲太郎(岡田将生)がお迎えに行き、受診もすませ風邪だと診断された。

咲太郎は”優のそばにいられないなつを可哀想”に思っているのに、責められたとおもったなつは逆ギレ。
それでも咲太郎は優しく
「優のことは俺も一緒に守るからな。」
「わかった。」←ありがとうって言おう!!
と答えるなつ。

んで・・・優が千遥に似ているとか・・・とつぜんのぶっ込みw

咲太郎と入れ替わりに坂場が帰宅。
坂場は優の様子を夕方聞いたと言う。
すると・・・。
「夕方?
じゃ、なんですぐに連絡くれなかったの?」
←なんて攻撃的なの?

坂場は打ち合わせに打ち合わせを重ね、明日から家で仕事ができるように段取りをしてきたという。
明日のことなんて何も考えていなかった様子のなつは驚く。
「二人で頑張ろう。
優と三人で頑張ろう。」
となつと優を抱きしめる坂場。
「急にどうしたの?お兄ちゃんに何か言われたんだ?」
妹が可愛い咲太郎が坂場になんか文句を言ったらしい・・・。

そしてタイムワープ。
なつは働く母として成長したそうです。←ナレ成長
優は4才。3才から保育園に登園している←ナレ育ち
保育園は6時までなので遅くなるときは茜さんがお迎えに行く。←多分毎日

なつは仕事を家に持ち帰る。
ある朝、優はなつが仕事で持ち帰った動画用紙に落書きをしていた。


兄とはいえ、世話になったのに逆切れ。
都合が悪いと他人にキレるなつ。

帰宅したとたん、娘の体調をもっともっと聞くよねぇ。
なのに娘に近寄らず見下ろしているなつ。

咲太郎は「なつが可哀想」と言うが、可哀想なのは優と茜さんである。
こんだけ逆ギレしていると、咲太郎がなつをなだめるために「なつは立派な母親」みたいなことを言い出したんじゃねーかな。

ワタシは明日からどこに預けるのか心配していたが、そこに気づいたのは坂場で、なつはそこまで気が回っていないようだった。
坂場は明日のことを考え、仕事を家でできるようにしていた。
そりゃ連絡できればそれが良かったけれど、当時携帯電話もないんだしさ。
「子供は病気をするものだ。」
坂場は覚悟を持って仕事に復帰したように見える。
ってか、坂場だけ親になっている。
坂場の成長はすんごいだけど、だからなのか・・・坂場、普通の人担っちゃったね。

「夕方!?どうして連絡してくれなかったの?」
「作画監督なんか引き受けなきゃよかった!」
「急にどうしたの?お兄ちゃんに何か言われたんだ?」
セリフを切り取っただけで夫婦のパワーバランスがわかる。
一家の大黒柱はなつなんだねぇ。
で、細かいところに気づかないのもなつなんだ。

朝ドラヒロインで勝ち気な子はたくさんいた。
糸子だってそうだけど。。。

演出がそう見えてしまうのか?脚本がそうなのか?
みんな広瀬すずちゃんが嫌いなのかと心配になる。
広瀬すずのキャラを生かし切れていないような気がする。
彼女がまだ若いから母親には見えない。
その上、誰かに何かを言われたらとりあえず言い返して、優しくされたら「・・・ごめん」と呟く。

広瀬すずちゃんは・・・例えばどうしようもない警察上層部とか政府とか・・・めっちゃでっかい組織の不正に文句を言っているレベルで、家族にキレるから。
そういう役なら上手いのかもしれないが、なつのセリフで誰かに文句を言うとき(今回もいちゃもんレベルでした・・・)、とんでもなく怒ってキレて聞こえてしまうんだよねぇ。
今回のセリフも・・・弱音を吐いたって聞こえれば良いんだけど、そうは聞こえない。
それで言えば『半分、青い。』のスズメもそうだったんだけど、「永野芽郁」ちゃんの場合は、彼女自身が批判されることはなかった。
しかし広瀬すずちゃんの場合は、広瀬すず自身が性格が悪いように叩かれてんのが、よくわかんないわ・・・。

そして強引な、千遥(の写真)登場。
清原果耶ちゃん。出るんだろうね、多分。
これだけタイムワープが続くとねぇ。
あっさり3年ですから。

茜さんのとこに第2子が産まれても良いと思うんだけど・・・。
どうなるんでしょうか。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「なつぞら」感想はコチラ→

主題歌:スピッツ「優しいあの子」

キャスト
奥原なつ・・・・広瀬すず(幼少期:粟野咲莉)
奥原咲太郎・・・岡田将生(幼少期:渡邉蒼)
奥原千遥・・・・清原果耶(幼少期:田中乃愛)
柴田泰樹・・・・草刈正雄
柴田富士子・・・松嶋菜々子
柴田剛男・・・・藤木直人
柴田照男・・・・清原翔(幼少期:岡島遼太郎)
柴田夕見子・・・福地桃子(幼少期:荒川梨杏)
柴田明美・・・・鳴海唯(幼少期:平尾菜々花)
小畑雪之助・・・安田顕
小畑とよ・・・・高畑淳子
小畑妙子・・・・仙道敦子
小畑雪次郎・・・山田裕貴(幼少期:吉成翔太郎)
山田天陽・・・・吉沢亮(幼少期:荒井雄斗)
山田陽平・・・・犬飼貴丈(幼少期:市村涼風)
佐々岡信哉・・・工藤阿須加(子供時代:三谷麟太郎)
大沢麻子・・・・貫地谷しほり
坂場一久・・・・中川大志
神地航也・・・・染谷将太
三村茜・・・・・渡辺麻友
森田桃代・・・・伊原六花
下山克己・・・・川島明(麒麟)
井戸原昇・・・・小手伸也
露木重彦・・・・木下ほうか
大杉満・・・・・角野卓造
亀山蘭子・・・・鈴木杏樹
前島光子・・・・比嘉愛未
茂木一貞・・・・リリー・フランキー
煙カスミ・・・・戸田恵子
仲努・・・・・・井浦新
岸川亜矢美・・・山口智子
語り・・・・内村光良

コメント

  1. なな より:

    こんにちはー。
    なつのキレッぷりは すずちゃんの
    性格?ってなるのは
    彼女の これまでの共演者に対しての発言から来てると思います。
    映画の舞台挨拶後のインタビューとかで 平気で 「○○はキモくて、本当いや。△△は好き。」と なつレベルの口調で話して 見てるほうは本気か冗談か分からない感じなんですよね。
    言われた俳優さんも ちょっと顔がこわばったりするから。

    まだ上手と言えるほど演技力もないのに
    賞が取れなかったことを悔しいと言ってみたり。
    なんか 嫌な言い方をしちゃうんですよねえ、彼女。そうじゃないときも 沢山あるのに。

    さて 茜さんが二人目がまだなのは
    優ちゃんを預からなくては いけないからな気がします。
    自分の子だけなら まだしも、他人の子供を預かる以上 責任があるから。
    それに…身重で 3歳くらいまでのこども 二人見るのは大変そう。
    そろそろ 大丈夫な気もします(笑)
    優ちゃん 赤ちゃんじゃなくなっちゃいましたね。可愛かったのになあ。

    • tarotaro tarotaro より:

      ななさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      広瀬すずちゃん、同世代から嫌われているんでしょうかねぇ。
      SNSでいろいろ言われちゃうんでしょうか。
      昨今の芸能人は大変ですね。
      ワタシくらいの年齢になれば、二十歳そこそこの子の失言なんて、しょうがないって思えるんだけど同世代はキツいですよね。
      ま、どの世代も同世代にはきついかもしれない。

      彼女がコメディが苦手なのもそのへんからくるのかもしれないですね。
      内輪ウケなら大丈夫なんでしょうけど、客観的に見られたら炎上しちゃうぞってのがわからないかも。
      その危うさを魅力に感じる子もいるかもしれないけれど、そこだけ切り取られたらすご~~く性格が悪く見えてしまう。

      茜さん。
      ご懐妊しましたね~。
      これからまだ育児との両立をやっていくのかなぁ。
      育児を描くって・・多分、男の人はわかってない部分が多すぎるんじゃないかと・・・。
      優ちゃん・・・赤ちゃんの時代が短かったですね。
      今までで一番短かったのでは?