『まんぷく』第35回 感想~福子と萬平のピロートーク

スポンサーリンク

第35回(第6週)「お塩を作るんですか!?」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

塩作りの準備が続く中、若者たちのケンカが頻発。
「もう晩ご飯はつくりません!!」
作った食事を台無しにされた鈴さんはそう叫ぶと、倒れてしまう。

萬平さんは、このままでは福ちゃんも倒れてしまう。
新しい人を雇うしかないと言う。
しかし、そんな余裕はない!
福ちゃんは克子姉ちゃんに手伝って貰えないかと相談。
すると姪っ子で女学生のタカちゃんが、立候補。

「それはアカン。
タカは浮世離れした美人なんやから!!」

忠彦さんは、若い男の中にタカちゃんを放り込むのに反対。

しかしタカちゃんは萬平さんの仕事に興味津々。
克子姉ちゃんも社会勉強として、働かせてあげたら?と後押し。
福ちゃんは
「タカちゃんのことは絶対に守る!」
と約束。



晴れて、タカちゃんは週末まかないパートに!
若い女の出現に男たちは色めき立つが
「若すぎる!!!」
とがっかり。

床に伏していた鈴さんがすっかり元気になって、作業場に降りてくると・・・。
和やかに食事をしている男ども・・。
そこにタカちゃんを見つけて、喜ぶ鈴さん。

「ワタシの孫のタカ。
手を出したら承知しないわよ!!」

鈴さんに釘を刺された男どもは、静まりかえるw

その夜、鈴さんはタカちゃんと一緒に布団を並べて眠れることを喜ぶ。

一方、福ちゃんと萬平さんは・・・。
今もラブラブで。
「ほんの少しでいいから萬平さんと二人きりの時間も欲しい。」
などと、可愛いふくちゃんの告白に、福ちゃんの布団に入り込む萬平さん。

「今夜はこうして寝よう。」

福ちゃんを腕枕して、一つの布団で眠る二人。



忠彦さん親バカやった!!
タカちゃんを美人・・・。
いや、かいらしいけれども、美人では無い。
忠彦さんと克子姉ちゃんの子供にしては・・・美人とは言えない。
両親が長身のわりには、背も低くて幼く見える。←中の人は26歳なのに。

多分、美人でないことは本人も自覚している。
そして、克子姉ちゃんも福ちゃんもタカちゃんが”美人”とは思っていない様子。

「浮世離れした美人」
ってのは褒め言葉なのかしらねぇ(苦笑)

でもタカちゃんの出現は、男たちも和やかに。
その上、鈴さんも嬉しそう!
福ちゃんも、楽になったし、良いことずくめ!!

忠彦さんの絵も売れたし、お金を貸して貰えるかも(苦笑)
忠彦一家が苦しいときには、福ちゃんがお金を貸してあげていたんだし、売れっ子になったら還元しなはれよ~!!!



んで、まだまだラブラブな福ちゃん&萬平さん。
いや~。
久々のキューン!!
福ちゃんもまだまだ若いはずだけど、寮母だもんなぁ。
萬平さんは簡単に「人を雇う」と言うけれど、すご~~く福ちゃんのことを心配してくれているけれど・・・。
ない袖は振れぬ!!
萬平さん、現実も見て欲しいけれど・・・。
これが発明家なんだよね。
であれば、萬平さんには入浴シーンとピロートークで頑張ってもらうしかない(爆)

男どもは今は和やかだけど、これからはどうかなぁ。
どう考えてもブラックな職場。
神部君は魚が捕れなかったけれど、あれだけの男がいれば魚を捕るのがうまいヤツもおるやろ!!
魚があるだけで食卓は潤うよねぇ。
それも楽しみになるかも。
やっぱり、感電させて魚を捕るしかないw



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「まんぷく」感想はコチラ→

主題歌

DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

キャスト
立花福子……安藤サクラ
立花萬平……長谷川博己
今井鈴………松坂慶子
今井咲………内田有紀
香田克子……松下奈緒
小野塚真一…大谷亮平
香田忠彦……要潤
香田タカ……岸井ゆきの
鹿野敏子……松井玲奈
池上ハナ……呉城久美
牧恵…………橋本マナミ
牧善之助……浜野謙太
神部茂………瀬戸康史
野呂幸吉……藤山扇治郎
世良勝夫……桐谷健太
加地谷圭介…片岡愛之助
三田村亮蔵…橋爪功

語り…………芦田愛菜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. YOYO より:

    こんにちは。
    そうですよねぇ。
    忠彦さんの目の異常は色弱だけじゃなかったか…いやまあ可愛げのある子ではありますが。
    週末だけのヘルプで福ちゃんと鈴さんの負担はあまり減るように思えませんけど大丈夫でしょうかね。
    萬平さんも神部くんもコトの始末まできちんと考えて行動してほしい…萬平さんは天才肌だから天然で仕方ないにしても、神部くんまで天然は勘弁な(笑)
    忠彦家から援助金もあるといいですね。

    それにしても
    福ちゃんと萬平さんは夫婦関係はあるのか…? 虚弱体質だから控えているんでしょうかね。
    実際は萬平さんは福ちゃんと結婚以前に2回結婚していたようです。しかも子もいた。
    ドラマでもその設定だったら鈴さんが絶対に結婚を許さなかっただろうなぁ…

    • tarotaro より:

      YOYOさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      忠彦さんの審美眼は変わっている・・・?
      でも妻は松下奈緒だし、「美人」の定義はしっかりしていると思うんですけど。
      ま、我が子は可愛いですからねぇ。
      芸能人夫婦の娘や息子もその親としては可愛いんだろうけれど、なぜこんなアイドル夫婦の娘や息子がこんなことに・・・?
      って思う人いますから。←誰とは言わないけどw

      週末、孫に会える!ってモチベーションで頑張るかないですかねぇ。
      軌道に乗ればおさんどんも当番制にするべきだと思いますけどね。

      萬平さんと神部くんだけでは頼りないことがわかりましたね。
      世良や加地谷みたいな人間も必要かも・・・。
      忠彦家からの援助は期待!
      今まで散々、実家に借金をしていたんですから!!

      福ちゃんと萬平さんは夫婦関係はなさそうですよね。
      でもいきなり赤ちゃんが生まれたりするのが、朝ドラw
      萬平さん一夫多妻制だったみたいですねぇ。
      台湾の妻子はどうしていたのか?
      離婚していたのか・・・?
      ちょっとわからないのですが、確かに×がついていて、子供がいたら絶対に許してくれなかったでしょうね。

      早くチキンラーメンを作ってほしいけれど、百福さんってネタの玉手箱みたいな人だから、チキンラーメンまでに紆余曲折ありますもんね。
      でもこの調子なら楽しめそうな気がしています。
      やっと普通の朝になったみたいなw

  2. saki より:

    今クールは楽しく見ております(笑)

    マタハラの鈴さんに、かなりいらっとしてたんですが、
    今週になってから、あまりにスルーされるお母さんが気の毒で…。
    設定50くらいですもんね。あんなに働かされたら私なら死んでしまいます。
    元気になってほしいなあ。
    こうやって「イマイチ」なキャストが「好きかも」に変わるのって、
    やっぱり脚本家の力なんだと、前作を見てきた結果、すごく思います。

    岸井さん、26なんですねww
    小柄だから、松下さんの娘にちゃんと見えるという…。
    社長の親戚とはいえ、いろいろな盛り的男性が、しかもあんな大人数!
    絶世の美女ではないが、私もキャナメの気持ちがわかる~。
    中尾くんと仲良しになったりするのかな~。

    実は山口紗弥加ちゃんのドラマ、私はけっこう好きで、
    昨日はまあまあ動いたのでちょっと満足。
    やっぱり本命はヨガじいさんなんでしょうね。
    それにしても、ラーメンズの半分のにくったらしいこと!

    • tarotaro より:

      sakiさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      ワタシも最初はドリカムの歌にも鈴さんの身勝手にも、苛っとしていたのですが、今ではなくてはならないものにw

      鈴さんの役回りがわかってきましたよねぇ。
      あの鈴さんが振り回されているのがおかしくておかしくて。
      もう、あの関西弁もエエかも?って思うようになりました。
      変なのは変だけど、それは鈴さんのキャラとして受け止めますw
      松坂さん・・・もう「愛の水中花」のイメージが全く消えた!

      岸井さん、ランドセルを背負えば小学生に見えますね。
      福ちゃんよりも低いし小柄だから。
      逆に20代に見えるのか心配になってきましたw

      塩軍団の中にタカちゃんの結婚相手がいるのでしょうか?
      神部君かなぁって思ったりしたけど。。。どうでしょう?
      神部君なら、鈴さんも押し切られそうですが、中尾くんだったら・・・。
      ちょっと嫌かもw

      山口紗弥加ちゃんのドラマ、ワタシも見ていますよ~。
      先週あたりから面白くなってきましたね!!
      しかし復讐するわりには、人を信じすぎているような・・・。
      ヨガが黒幕だと当たり前過ぎますが・・・今更新キャラも出てこないか・・・。