『まんぷく』第11回 感想~咲姉ちゃん逝く

スポンサーリンク

第11回(第2週)「…会いません、今は」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

福ちゃんの先輩、恵さん(橋本マナミ)が、野呂(藤山扇治郎 )&牧善之介(浜野謙太)に交際を迫られる。
って微笑ましいシーンもあったものの・・・。

咲姉ちゃん、危篤。

「目を開けなさい、咲。」
最期まで鈴さんの言うことを聞く咲姉ちゃん。
最期の力を振り絞って、母や夫、妹、妹の夫にも
「ありがとう」
と言って力尽きた。

翌週、萬平さんに報告に行った福ちゃん。
「先週の火曜日、姉が亡くなりました。
立花さんにはお世話になりました。」
泣きながら立ち去る福ちゃん。
見送る萬平さん。



凄いな安藤サクラの泣き顔は。
泣く演技より笑うほうが大変って言っていたけれど、静かに泣く演技も、号泣する演技もパーフェクト!
胸が締め付けられた。
今日は福ちゃんの表情だけでもストーリーがわかるようだった。

「ご臨終です。」
って久しぶりに聞いた。

昨今、ナレ死が多かったけれど、咲姉ちゃんの死はしっかり描いた。
人が亡くなるってことはこういうこと。
神回だったんじゃないかねw

咲姉ちゃんの人生は幸せだったのか。
母に気を遣い、妹には優しく。
最期まで心配させないように逝ってしまった。



萬平さんも辛い。
福ちゃんの背中を見送る萬平さん。

追いかけて!萬平さん!
って思ったけれど・・・。
追いかけられないよね。

そして愛之助ともうまくいっていないんだよねぇ。
桐谷健太とのほうが気が合うのか。
桐谷健太が調子よく合わせてくれているだけかな。

「軍の品横流し」
これはフラグですな。
愛之助と「遠藤社長」がなにか関係があるのか・・・。

保科先輩のモテ期は微笑ましい。
咲姉ちゃんの死の悲しみだけでは辛すぎるもんね。
こういうエピなら大歓迎。

保科先輩は美人だけど、相手はそこまで容姿の良くない。
いや、ブサイク?
リアルよねぇ。
克子姉ちゃん夫婦みたいに美男美女ってほうが少ないわなw

野呂の好みはイマイチわからないけれど、牧の好みはよくわかるね。
とにかく美人が好きなんだなぁ。



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「まんぷく」感想はコチラ→

主題歌

DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

キャスト
立花福子……安藤サクラ
立花萬平……長谷川博己
今井鈴………松坂慶子
今井咲………内田有紀
香田克子……松下奈緒
小野塚真一…大谷亮平
香田忠彦……要潤
香田タカ……岸井ゆきの
鹿野敏子……松井玲奈
池上ハナ……呉城久美
保科恵………橋本マナミ
野呂幸吉……藤山扇治郎
牧善之介……浜野謙太
世良勝夫……桐谷健太
加地谷圭介…片岡愛之助
三田村亮蔵…橋爪功

語り…………芦田愛菜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. saki より:

    あれだけやーやー言ってましたが、吉田美和ちゃんにもすっかり慣れ(苦笑)、
    化粧タイムなのに号泣してしまいました…わかってたんだけどね。

    最近ナレ死が多くて(ま、一部のあのドラマだけですが)
    朝ドラって「一緒に過ごす」期間がこちらにも長いから、やっぱり視聴者も一緒になって悲しみたいんですよね。
    ということが今日すごくわかりました。
    作者の都合もあるけど、視聴者の都合も大事にするのが、よき脚本家さんなのかと。

    私は一瞬見てなかったんですが「サクラちゃんの泣き顔がヘン」と娘が失言…。
    彼女自身の演技力もあるんだけど、気持ちが入りやすい本なんでしょうね(しつこい)

    そして私も「追いかけてーーーー!」って絶叫してました。
    こうやって気持ちを持ってかれるドラマですから、たぶん今回は大成功ですね(^^)思わず絵文字。

    • tarotaro より:

      sakiさん、お久しぶりです~。
      コメントありがとうございます。

      ワタシも最後の「フー!」のとこ、ついつい口ずさみますw
      なんなら、安藤サクラちゃんみたいにジャンプしたい!

      今日は辛かったですね。
      ホント、視聴者も一緒に悲しみたいと思いました。
      咲姉ちゃんがナレ死だと余計に辛いし、しらけると思っていたので、良かったです。

      安藤サクラちゃんの泣き顔。
      ワタシは締め付けられました。
      あんなに大粒の涙をポロポロ流すなんて、なかなかできないと思います。
      すみれも泣くのは上手でしたが。
      こちらは綺麗ではないかもしれないですが、人間くさい。

      萬平さんが追いかけられなかったのは責任を感じていたのでしょうか。
      もう少し。
      もう少し早くセカンドオピニオンをしていたら・・・!!
      悔やまれます。

      登場人物に共感できるって大切ですね。
      しみじみそう思いました!

  2. moon より:

    今日はリアルタイムで観られず、
    録画で見ました。

    せめて明日までは…と思っていましたが
    叶いませんでしたね…。
    泣かせていただきましたよ…(涙)

    もう、本当tarotaroさんのおっしゃる通り
    サクラちゃんの表現力がすごい!
    内田有紀さんのポロっと流す涙も。
    今日は福ちゃんだけではなく、
    家族みんなの表情を見ているだけで
    胸にくるものがありました。

    咲さん、無念だったでしょうね。
    もっと生きていたかっただろうに。
    最期の言葉が『ありがとう』っていうのも
    咲さんらしいですね。

    もちろん、みんなとても辛くて悲しいけれど
    真一さんも辛いよなぁ…。
    やっと結婚できてこれから、という時だったのに。3年か…。

    専門病院に移ることができたおかげで、
    少しでも穏やかな時間を持つことが
    できたと信じたいです。

    そして、萬平さん…。

    本当なら喜びの再会となるはずだったのに、
    こういう形は切ないですね…。

    私も追いかけてほしかったけれど、
    リアルですよね…。
    私が萬平さんの立場でも
    何と言ったらいいのか分からない。
    何もできないと思う。

    保科先輩と野呂さんと牧さんの場面は
    ホッとしました。
    こういう場面も必要ですよね。

    • tarotaro より:

      moonさん おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      今日はリアルタイムで観られず、
      録画で見ました。

      咲姉ちゃんに奇跡は起こりませんでしたね。
      しっかり者の咲姉ちゃんは、最後までしっかり者でした。
      せっかく自分の幸せを手に入れたのに・・・。

      安藤サクラさん、内田有紀さん。
      亡くなるシーンは、どうしようもなく辛かったです。
      もともと体が弱かったのでしょうか。
      ここまで重症化するとは思わなかったです。
      寂しい・・・。

      転院できたから延命できたとみんな思っていますよね。
      良い病院を紹介してくれたと咲姉ちゃんも感謝していましたし・・・。

      萬平さんは、福ちゃんの気持ちを考えると追いかけられなかったのかもしれないですね。
      萬平さんも早くに両親を亡くしているし、身内を亡くす辛さはわかり合えるのかもしれません。

      保科先輩と野呂さんと牧さんのトライアングルはほっとできますねw
      保科さん、美人なんだから、その二人から選ばんでもええんやで!と言いたいw