「科捜研の女」第15話ネタバレ感想~ぬか床を散歩させるマリコ

スポンサーリンク

season19 女神のぬか漬け/マリコvs何でもぬか漬けにする女

あらすじはコチラ→☆</a

まず疑われたのは被害者の愛人。
しかし被害者は愛人のぬか漬け以外ににんじんのぬか漬けを食べていた。
凶器がスキレットだと発覚。
事件当日の番組でスキレットを使うはずだったがスキレットを使っていないことが発覚。
番組に出演していたアイドルがぬか床を持って帰っていた。
その中からスキレットが発見された。

森本雪絵(森口瑤子)の助手が捜査線上に現れた。
助手はスキレットを隠したことは認めた。
しかしそれは森口瑤子が被害者(=夫)を殺害したと思ったからだった。
森口瑤子は確かに夫を話していた。
1000円で買えるようなスキレットを森口瑤子の名前が入った持ち手カバーをつけただけで10,000円で売ろうとしたことも気に入らない。
ライセンス契約のことで揉めに揉めた。
夫ににんじんのぬか漬けを渡し、離婚を切り出した。
森口瑤子は殺害を否認。

犯人は第一発見者の三上専務(武野功雄)

動機は被害者がライセンス契約を取り下げると言い出したから。
にんじんのぬか漬けに母を思い出し、妻のありがたさをしった被害者は、ぬか漬けだけは販売しないと言い出した。
そうすると・・・会社が潰れる。
専務としてそれは許せなかった・・・らしい。


専務の動機・・・弱い!!
ぬか床キットは全然売れないって言っていたじゃん。
なのに、森口瑤子からぬか床を取り上げたら何も残らないって言い出した専務。
あ。。。専務、被災sぶりにみたな~。
武野功雄!元・一世風靡セピア!元・悪川先生!←悪川やっけ?欽どこね。

まぁ、被害者はバカでしたよ。
妻のぬか漬けを食べて改心。
愛人も囲ってたくせに、離婚を迫られたら、改心。
初心を思い出したら殺されたってヤツ?
もっと前に改心しろや。

しかしぬか漬け美味しそうだったわね。
ワタシも少量のぬか漬けをつけようかと・・・毎夏思うんだけど、思っているだけで秋になる(爆)
マリコはぬか床を散歩させ、ぬか床を毎日成分分析して楽しそうだった。
ぬか床は食べる楽しみより、研究する楽しみなんだよね。
マリコにとって。
「ぬか漬けの女神」か~。
次から次へとw

マリコが漬けたなすびの色は悪かったけれど、ワタシは古漬けが好き~~!
そ、キュウリもナスも古漬けが好きだから、真夏ぬか床が欲しくなるんだよね~。
スーパーで買えるのは浅漬けだけだし、浅漬けの素でつけた漬物はしょっぱいだけで美味しくないし・・・。

で、来週。
風丘先生が、テロの人質に!!
風丘先生・・・どこに向かっていたんだろうか・・・?

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

「ここにある光」番匠谷紗衣
キャスト
榊 マリコ…沢口靖子
土門 薫……内藤剛志
風丘早月……若村麻由美
宇佐見裕也…風間トオル
藤倉甚一……金田明夫
日野和正……斉藤 暁
橋口呂太……渡部 秀
涌田亜美……山本ひかる
佐伯志信……西田 健
蒲原勇樹……石井一彰

ゲスト:森口瑤子、少路勇介、仲村瑠璃亜、戸井勝海、武野功雄、坂ノ上茜 ほか

コメント