「科捜研の女」第13話ネタバレ感想~ほんにほんにの楠見薫さん

スポンサーリンク

~season19 お茶の達人/マリコVSお茶の達人 究極のブレンドを作る殺人犯の謎

あらすじはコチラ→

元職人・角倉長治(松澤一之)の作業場からは殺された宇治茶の老舗“久住茶寮”の職人・橋本俊介(川野直輝)の指紋ばかりがでてきた。

 “久住茶寮”主人・久住博之(藤田宗久)は味覚障害だった。
そのため殺された橋本は角倉に合組(ごうぐみ=ブレンド)を教えて貰っていた。
宇治茶グランプリに出品する茶も久住が合組した茶と橋本が合組した茶をすり替える予定だった。

半年前に橋本が角倉に合組を教えて欲しいと訪ねてきた。
すでに久住茶寮のお茶は橋本が合組をしていた。
殺された日も角倉の作業場で合組をしていた橋本。
8時頃、試飲をして欲しいと店に来たが、店に客がいたため後回しにしてしまった。
その後、飲みに行って12時頃店に戻ったとき、茶筒が置かれていた。
その茶筒を持って宇治茶グランプリで茶をすり替えようとした角倉だが、ライバルに見つかりすり替えられなかった。

犯人は角倉カフェのサクラ・楠見薫

関西弁の女。
角倉とは雀荘で知り合い、角倉に惚れた。
資産家の女は角倉に緑茶カフェを提案。
角倉に出資し毎日カフェに通ってご飯を作って尽くす。
ところが橋本が現れてから付き合いが悪くなった。
「アンタを追い出したヤツと何してんの?」
と聞いても何も答えてくれない角倉。

殺害当日、たまたま店の前で橋本に会った。
強引に家に連れて行って、いつも角倉の為に茶菓子を出した。
橋本は
「角倉さんは久住茶寮に無くてはならない人だと確信した。
あんなぼったくりカフェをさっさと辞めて久住茶寮に戻るべきだ。
角倉さんに出資したお金は自分がなんとかする。」
と言い出した。
角倉を独り占めしたい女は麻雀のトロフィーで橋本を2回殴る。
瀕死の状態で角倉の店まで行き茶筒を置く。
そして絶命した橋本。

角倉は久住茶寮に行き、師匠が許してくれるまで何度でも頭を下げると言う。



楠見薫さんが犯人って珍しいね。
見た目、関西弁からして山村紅葉的なポジション。
で、犯人。
驚きました。

そして松澤一之を”いい男”って言うのにも驚きました。
どこに惚れてん。
よくわからんわ。
てっきり萩尾みどりさんかと思っていたのに
騙された~~~!!

しかし動機はどうかなぁ~。
独り占めしたいから殺害する・・・かねぇ~。
カッとなって手が出たんだろうし、殺意があったとは認定しにくいけれど・・・。
殴られた橋本も茶筒を松澤一之に届けるより先に救急車と警察に通報しなきゃ、
犯人はあの状態の被害者に追いつこうとしなかったのか・・・?
・・・色々謎です。いや雑ですw

なんにせよ、師匠には味覚障害だって伝えてやんないと。
橋本が死んでからどうやて営業していたんだろうか。

今回、平等院鳳凰堂は出てきたものの・・・あんまり観光スポットを紹介して貰えなかったなぁ~。
平等院鳳凰堂・・・行きたいな~。
秋になれば行きたいリストに入れておこっと!

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

「ここにある光」番匠谷紗衣
キャスト
榊 マリコ…沢口靖子
土門 薫……内藤剛志
風丘早月……若村麻由美
宇佐見裕也…風間トオル
藤倉甚一……金田明夫
日野和正……斉藤 暁
橋口呂太……渡部 秀
涌田亜美……山本ひかる
佐伯志信……西田 健
蒲原勇樹……石井一彰

ゲスト:松澤一之、萩尾みどり、藤田宗久、川野直輝、楠見薫、吉田輝生、英智佳、福本清三

コメント