『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第5話 ネタバレ感想~主人公のせいで二人も死んだ。

スポンサーリンク


原作:『サイン』 /キム・ウニ、チャン・ハンジュン

あらすじはコチラ→

25年前、「慶徳小笠原病院」の現院長・小笠原達三(篠井英介)が医療ミスをした。
小笠原の父親が手術室にいたスタッフに口止めをが、遺族は納得せず解剖に回された。
小笠原の父親が紹介した解剖医として紹介したのは兵藤邦昭(西田敏行)だった。
小笠原の父親と法政大臣は懇意の仲。
兵藤は法医学研究のために解剖結果ねつ造してしまった。

しかし小笠原たちの隠蔽に気づいてしまったのが解剖医・柚木貴志(大森南朋)の父親だった。
柚木父は医療ミスと隠蔽を告発しようとした。
柚木の父親を毒殺したのはアンチモンによる中毒死。
今回の殺人事件もアンチモンによる毒殺だった。
アンチモンが検出される可能性は低かったが、兵藤に自殺として処理するように命令した。
柚木貴志(大森南朋)に同情したのか兵藤は自殺ではなく事故死とした。

3人の遺体からはアンチモンが検出された。
小笠原達三(篠井英介)を任意同行した警察。
しかし柚木はアンチモンが致死量達したかを証明できないと出す。
「所見はアンチモンの中毒死ではなく心不全です。」



ホッとした伊達明義(仲村トオル)は最後に兵藤の家を訪ねたときのことを話す。
柚木貴志は父親と同様隠蔽に気づく。
全て話して口外しないように説得してくれと伝えた。
そのときには自殺する決意を固めていた兵藤。
自分の口から真相が漏れるのを防ぎ、組織を守ることに命を賭けた。
これで25年前の事故は闇に葬られた。
そして柚木も組織を守ってくれたと感謝する。
「アンタのためではない。」

25年前、娘を医療ミスで無くした遺族・安本(おかやまはじめ)を訪ねた柚木。
安本は小笠原の病院に行った。
安本は医療ミスがあったとマスコミにバラしてほしくなければ、娘の墓の前で心からの謝罪をしろと言う。
簡単に約束した小笠原。
しかし紅茶にはアンチモンを入れていた。
「患者ごときが医者に謝罪を要求するな!」
勝ち誇った小笠原。
しかし安本もシアン化ナトリウムを紅茶のポットに入れていた。

柚木が小笠原の病院に着いたときには、二人とも絶命していた。

「俺だ。
俺のせいだ。
二人を殺したのは俺だ。」
←ほんまそう!お前のせいだよ!!

ラスト二人が相打ちしたことで・・・やっぱり25年前の手術ミスは闇に葬られるのかしら?
だとしたら、これは安本さんが小笠原を殺害したことになり、被疑者死亡で送検されるんだろうか。
そんなのあんまりだ。

大森南朋のせいだ。
辞表だしたからって許されることではない!
安本さんを殺しただけではなく、殺人事件の犯人にしてしまった。
主人公がここまでアホで無能で最悪とは!!
小笠原のような毒殺マニアを世にぶっぱなすとどうなるかわからんのか。
小笠原は柚木の父親をアンチモンで殺害したことに味をしめ、何人も殺して。
安本さんを殺したことが証明できないなら、法医学もクソだぞ。
って思っていたら安本さんも毒を盛っちゃった。
気の毒に。

西田敏行さんもかなり悪いよなぁ。
遺体の声を聞けと言っていたくせに。
自分は2人もの遺体の声に耳栓をして法医学を語るなよ。

それにしてもみんな、なぜ紅茶を全て飲みほすんだよ!
今回殺害された医師たちは・・・小笠原がどんな人間か知っているはずなのに紅茶に手をつけるとか・・・、

予告だけ見ていると、今回の事件はスルーみたいじゃね?
こんなモヤモヤしたまま次の事件に進むなんて。

ま・・・エエけど。
いや・・・よくないけど(苦笑)




にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第1話 ネタバレ感想~この事件、最終回まで引っ張るのか?
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第2話 ネタバレ感想~パワハラ大王ですがなにか?
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第3話 ネタバレ感想~事件よりも”ペチャパイ”発言に驚く
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第4話 ネタバレ感想~盛り上がりに欠ける
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第5話 ネタバレ感想~主人公のせいで二人も死んだ。
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第6話 ネタバレ感想~退職したはずが数分で法医に戻る大森南朋
主題歌:東方神起『ミラーズ』

キャスト
柚木貴志・・大森南朋
和泉千聖・・松雪泰子
高橋紀理人・高杉真宙
中園景・・・飯豊まりえ
春日美晴・・佐津川愛美
松沢大輝・・吉田ウーロン太
四方田隼斗・小久保寿人
下山益男・・利重剛
橘祐輔・・・淵上泰史
島崎楓・・・森川葵
佐々岡充・・木下ほうか
兵藤邦昭・・西田敏行(特別出演)
伊達明義・・仲村トオル

コメント

  1. kashweregreen より:

    おはようございます!
    ホンマにアホらしい展開ですよね!
    あっ、コテコテの関西弁ですみません(笑)
    大森さんは常に法医学者の仕事は真実を究明すること、そして私情をはさむな!と常々言っていたくせに自分の身内や恩人の犯罪行為には目をつむるというあまりにもご都合主義でたんなる口先オトコになってしまって、まったく意味不明のキャラ設定ですよね(笑)
    医師はいかなる理由があれども虚偽を医療行為及び診断書に記載してはならない仕事ですから、主人公が私情のために犯罪行為をする医療ドラマって完全にアウトだと思いますよね。
    仮に最終回にどんでん返し展開があっても、言い訳にしかならないですからね。
    なんだか、ホンマに陳腐過ぎて(笑)
    朝から、駄文、失礼しました。

    • tarotaro tarotaro より:

      kashweregreenさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      なんでこんな展開になるんでしょうか。
      そしてこんなにどうしようもない主人公について行く飯豊まりえさん。
      間接的に二人も殺したのに。
      なにか得るものがあるんでしょうか・・・。

      西田敏行さんも大森南朋さんも結局は権力に立ち向かうことができなかったってだけですね~。
      結局、本当にアンチモンの致死量がわからなかったのか、ただ西田敏行を助けたかったのか・・・。
      わからなかったです。
      退職届を出していましたが、もう医者には向いていないんじゃないか?って思ってしまいました。