「刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史」ネタバレ感想~さすが世界の渡辺謙

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→公式サイト

原作:【中古】刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史 /新潮社/佐々木嘉信 (文庫)

「吉展ちゃん事件」は犯人逮捕までに2年もの月日がかかる。
「雅樹ちゃん誘拐殺人事件」の失敗から報道協定を結んだが、吉展ちゃんは誘拐直後に殺害されていた。

犯人の小原保(萩原聖人)は、窃盗罪で服役した過去を持っていた。
2年の間に何度か捜査線上に浮かんだが、足が悪かったことアリバイがあったことから決め手にはいたらなかった。
声紋鑑定をしたり、地道なアリバイ崩しをしたり・・・八兵衛は小原が犯人だと確信していく。

見せ場は10日しかない取り調べ。
雑談には応じるものの事件のことは黙秘をする小原をジワジワ八兵衛が追い詰める。

「保は足が悪いばっかりに、甘く育ててしまった。
もし本当に悪い道に入ったなら、天罰を与えてください。
お願いします」

と小原の母が八兵衛にすがる。

「お前の母親に言われたんだ。
保が悪いことをしたなら、天罰を与えてくださいと。
俺たちに雨の中、頭さげてな。
お前もさっぱりと真人間になって罪を認めるんだよ。
いつまでも嘘をついて逃げようなんて思うな。
母さんを苦しめるな。」

アリバイを崩された小原は一気に自供・・・。
涙ながらに「犯人しか知り得ない遺体の場所も供述。
処刑当日、「真人間になったから平塚さんによろしく」と八兵衛に感謝する小原。
ラストは、退職した八兵衛が小原の墓参りをする。
小原は親族の墓には入れなかった。
「小原は私だ・・・。」
八兵衛は思う。



放送当時、リアタイで視聴していました。
第二夜は確か・・・どこかに出掛けていて帰宅してからお風呂にも入らず追っかけ再生しました。
それくらい楽しみに見ていたことを思い出す。

「吉展ちゃん事件」の犯人・小原保を演じたのは萩原聖人。
もうワタシの萩原聖人。←何人おるねん「ワタシの○○」という俳優はw

これは本当に不謹慎なんだけど、吉展ちゃんとそのご両親やご親族の方には本当に申し訳ないんだけど、小原保はどこか憎めないところがある。
ものすごく弱い人間で、子供を手にかける凶悪犯なんだけど。
実際、上告審で国選弁護士となったかたのインタビュー記事は興味深い。
https://www.bengo4.com/c_1009/n_8091/
もし自供と事実が異なるなら・・・死刑とはならなかったかも。
「先に地獄さ逝って待ってる」
これぞ母の愛だと思う。
そしてそんな愛情を受けてきたのに、なぜ罪を犯したのか・・・。
「真人間になります。」
「ナスのお漬物美味しゅうございました。」
などと最後に言い残した田m津。

取り調べのシーンは渡辺謙と萩原聖人のぶつかり合いも凄かったが、ハンディカメラを使った撮影は迫力を増した。
役者と演出と・・・凄いシーンとなりました。

八兵衛の捜査方法は、現代では通用しない。
通用してはいけない。
冤罪を生み出した。

再編集にあたり「吉展ちゃん事件」にスポットを当てたのは良かった。
このドラマでは渡辺謙と萩原聖人の尋問シーンが一番記憶に残っていたから。
改めて見直すと、八兵衛の相棒・石崎(高橋克実)も良かったな。

そもそも「帝銀事件」は冤罪の可能性が多い。
「下山事件」、「三億円事件」は未解決だし。
当時も、なぜ「帝銀事件」「下山事件」「三億円事件」をチョイスしたのかと不思議でした。
原作を読んでみると・・・原作がそうだったからだと納得するしかなかったんですが(苦笑)
いや原作も・・なぜそこをチョイス(苦笑)




何回も書きますが「帝銀事件」は冤罪の可能性が高いし、「下山事件」「三億円事件」は未解決事件。
平塚八兵衛は「下山事件」では犯人が自殺したのではないかと推理、「三億円事件」は”単独犯”と言いだす。
「帝銀事件」は別として、未解決事件の二つの事件に関しては、は平塚八兵衛に責任があるのではありませんけど・・・。
ま、捜査の神様の言葉は重く、捜査の邪魔をしたとは言えるか・・・。
「三億円事件」に関しては・・・ま・・・さわりをチラっとやったんだけど、多分、あの事件ではあまり活躍も出来なかったし、時代の移り変わりを知ることになってしまった。
居場所がないと考えたのかな。
定年前に退職。

紅林麻雄のように冤罪事件ばかりを生み出していたわけではないが、“昭和の名刑事”と言われた八兵衛、”捜査の神様”と言われた八兵衛も、冤罪事件を産み、未解決事件もある。
捜査方法とて、今では考えられないことをしたでしょう。
過ちを生み出した八兵衛だからこそ、小原の墓の前で泣き崩れたのかもしれない。
小原に自分を重ねることができたのかもしれない。

八兵衛の若い頃から定年までを演じた渡辺謙。
若い時代から退職するまで、見事に演じた。
ケンワタナビは私生活が取り沙汰されますが、彼の演技力は素晴らしい。

個人的には耳が良いのかなとも思います。
今回の方言。
知人が同じ地方出身なんですが「上手い!」と申していたことを思い出しました。
そしてケンワタナビは阪神タイガースファンなのですが、関西弁も上手なんですよねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

キャスト
平塚八兵衛・・渡辺謙
石崎隆二・・・高橋克実
小原保・・・・萩原聖人
岩瀬厚一郎・・小泉孝太郎
吉崎真由・・・相武紗季
草間毅彦・・・山本耕史
津山貴之・・・平泉成
堀井進・・・・大和田伸也
槙原茂・・・・宅麻伸、
尾藤和則・・・大杉漣
平塚つね・・・原田美枝子
加山新蔵・・・柴田恭兵

コメント

  1. らんぜ より:

    こんばんは。

    放送当時の録画が、未視聴のままHDDが壊れたので今回楽しみにしてたのに忘れてしまい一時間遅れました。。

    東北出身の為、基本的に東北地方モノって方言が微妙ゆえに避けてるんですが吉展ちゃん事件を調べた時に犯人の小原保って実家の町出身だったので興味があったので。その辺の所は終わってた💧
    すごく熱演でしたが萩原聖人さんはちょっと微妙。なんかスタイリッシュ(?)というか。でも謙さんは確かに上手だったかも。

    史実のドラマって好きなんですが、まず途中からだったのもあるしなんか残念でした~(泣)

    • tarotaro tarotaro より:

      らんぜさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      萩原聖人は、確かに格好良すぎたかも。
      だけどワタシは萩原聖人が好きなので、こんな役も出来るようになったんだなぁって感慨深かったですw
      渡辺謙も良かったです。
      そして高橋克実もなかなか。
      山本耕史も。
      みんな熱演でした。

      ワタシも実際にあった事件の映像化は好きです。
      どうしても当事者が良いように描かれがちなので鵜呑みにすることはできません。
      それに被害者遺族の気持ちも大切にすることが前提ですが。
      しかし昭和時代のリメイクは難しいかもしれません。