「相棒18」 第6話 ネタバレ感想~ヘイ!バディ!右京さんのサングラス取って!

スポンサーリンク

「右京の目」

あらすじはコチラ→

殺された森田は身寄りの無い人を空き部屋に住まわせ、生活保護をせしめていた。
火災報知器に隠しカメラが仕掛けられていた。
それを見張っていたのは同じマンションに住む野川。

犯人は、管理会社真山(山崎一)

清掃員として働く顔馴染みの和江(山本道子)の上司。
真山は身よりのない老人や、生活保護者をマンションに住まわせていた。
生活保護費13万円をすべて搾取し、3万円の家賃を支払い、残りを全て搾取していた。

その取り分で不動産会社の森田と揉めた。
森田を殺害しようと、細粒スプレーを仕掛けた。
でも右京が開いてしまった!

それでもちゃんと(?)森田は殺害。
右京はあることに気づく、アパートに住んでいた生活保護者の担当ケースワーカーが友里(佐藤寛子)
不動産会社、管理会社、ケースワーカーがすべてグルだった。


右京さんが目を負傷すること。
目の見えない少女との温かい交流。
へい!バディ!!だ見所か?

ケースワーカーの佐藤寛子さん、管理会社の山崎一さんが出てきた時点で、犯人はわかりましたな。
ここまで単純だと思わなかったけどね(苦笑)
でもきっちりまとめました!って感じ。
無理矢理なところもなかったし、綺麗にまとまった。
意外性がないってだけ。
だけどモヤモヤしなかったし、かずえさんのキャラも目が不自由な少女もピタッとハマっておりました!

今シーズンでは一番のデキだったかも!←えらそうですんません。

「相棒」の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

音楽はこちら

出演者
杉下右京・・・水谷豊  特命係・警部
冠城亘・・・・反町隆史 特命係・巡査
伊丹憲一・・・川原和久 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二・・・山中崇史 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
角田六郎・・・山西惇  組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
青木年男・・・浅利陽介 特命係
益子桑栄・・・田中隆三 鑑識課・巡査部長
大河内春樹・・神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
中園照生・・・小野了  刑事部参事官・警視正
内村完爾・・・片桐竜次 刑事部長・警視長
日下部彌彦・・榎木孝明 法務事務次官
衣笠藤治・・・杉本哲太  警視庁副総監・警視監
社美彌子・・・仲間由紀恵 総務部広報課 課長・警視正
甲斐・・・・・石坂浩二 警察庁長官官房付

ゲスト:山崎一、佐藤寛子、山本道子

コメント