「相棒19」 第8話 ネタバレ感想~伊丹、大失態。

スポンサーリンク

「一夜の夢」

あらすじはコチラ→

星宮光一(田中佑弥)は養子だった。
光一が10歳の時、星宮家具の経営者夫妻の養子となったのだ。
実母にアルバムを見せて貰ったところ、小学生時代宇野(柏原収史)と同級生だった。
写真には宇野のアリバイを証言したバーの店員花牟礼もいた。
バーの店員なら宇野をこそっと裏口から外に出すことができる。
花牟礼に28年前、何があったのかと問い詰める特命係

星宮光一殺しの犯人は宇野
宇野と党幹事長の娘・小早川奈穂美(上野なつひ)の結婚式当日。
宇野が屋上にいるところに特命係がやってきた。
発端は奈穂美の携帯を見つけ、裏カジノに興じる奈穂美を写真を入手したことから始まる。
そんな大事なデータを預けるのは親友の花牟礼しかいない。
宇野はなぜ弱味を握りながら金銭の要求をせず、結婚を望んだのか。
しかも小学生時代に親友を殺害してまで・・・。


28年前、星宮家に養子に行くのは宇野のはずだった。
宇野の母は星宮家の家政婦をしていたが病気がちだった。
跡継ぎを探していた星宮は宇野に白羽の矢を立てた。
宇野は悩み、親友の光一と花牟礼に相談。
二人は引き留めた。
宇野は友情をとり、養子の話を断った。
その後、光一は親の仕事の都合で遠くに引っ越すことになった。
28年経ち光一の嘘に気づく。
光一が星宮家の養子になり、社長になっていた
「アイツが俺の人生を奪った」
あの時からあいつは俺たちを裏切っていた。
嘘までついて星宮家の養子の座に納まっていた。
光一を陥れるネタを探した。
そして奈穂美の弱味を握った!
自分の人生を取り返すために光一を殺害した。
伊丹らが宇野を逮捕・・・したはずが隙を見て屋上から飛び降りる宇野。
その頃、奈穂美は裏カジノの件で、ヒマ課長に逮捕された。



強引過ぎるわ。
28年前の恨みはわかったけど、弱味を握るために尾行して運良くその彼女が裏カジノ・・・・。
そんな偶然あるかね?
それに殺害された光一・・・。
光一は本当に二人を騙してボンボンになったのかね?
光一だって不幸な境遇だよね。
母親の再婚相手とそりが合わないから養子。
母も母で「結婚話がダメになるところだったんですぅ」って子供の理解が得られないなら、もうちょっと待てばいいよね(苦笑)
あれは母に捨てられたも同然ですわ。

最後のインパクト・・・。
昔はこういう終わり方も多かったような気もする(遠い目)

しかし伊丹さん・・・これは始末書だけですむのか?
かなりヤバい不祥事ですがな。
3人もいて、なにやってんの?
手錠かけないの?

ま、与党幹事長もヤバい。
裏カジノのご令嬢とオッサン。
なんであんなのスマホに残した?
なんであんな写真撮った?
なんでロック書けてないの?

「相棒」の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

音楽はこちら

出演者
杉下右京・・・水谷豊  特命係・警部
冠城亘・・・・反町隆史 特命係・巡査
伊丹憲一・・・川原和久 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二・・・山中崇史 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
角田六郎・・・山西惇  組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
青木年男・・・浅利陽介
出雲麗音・・・篠原ゆき子
小出茉梨・・・森口瑤子 こでまり女将
益子桑栄・・・田中隆三 鑑識課・巡査部長
大河内春樹・・神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
中園照生・・・小野了  刑事部参事官・警視正
内村完爾・・・片桐竜次 刑事部長・警視長
日下部彌彦・・榎木孝明 法務事務次官
衣笠藤治・・・杉本哲太  警視庁副総監・警視監
社美彌子・・・仲間由紀恵 総務部広報課 課長・警視正
甲斐・・・・・石坂浩二 警察庁長官官房付

ゲスト
宇野健介(柏原収史)
小早川奈穂美(上野なつひ)
小早川泰造(大河内浩)
星宮光一(田中佑弥)
上杉美浩

コメント