「相棒19」 最終回(第20話)ネタバレ感想~無駄に登場人物を増やして解決せず!

スポンサーリンク

「拡大SP・暗殺者への招待」(後篇)

あらすじはコチラ→

蒔子(松永玲子)が受け取った金銭は6億円の手形。
手形は不渡りを出す。
ってことは・・・結局蒔子の手元には金銭が残らないかも?
蒔子あてに書かれた静 (日南響子)の手紙は暗号となっていて「ねっとでころしやをやとってほしい」とわかった。
まったく捜査は進まず気がつきゃ22時前!
いきなり加西 (石丸幹二)とボディーガード7人が亡くなる。
七輪で餅を焼いている最中だった。
第一発見者はボディーガードと連絡がとれなくなった警備会社だった。
一酸化炭素中毒で亡くなった8人。
最近頻繁に内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)御用達のクックロータリーの出張料理人を呼んでいた。
その出張料理人・藤原が換気扇を止めていたのではないか。

蒔子は静に面会へ。
「加西が殺された!」
と報告。
そこに特命の二人がやってきた。
蒔子は自首するように手を出した。
しかし右京は、蒔子が殺し屋を雇った証拠はないと言い出した。



手形を送っていたのは朱音静の弁護士・中郷都々子(織田梨沙)。
三門法律事務所は加西から6億円を受け取った。
その金で朱音静を買収するように依頼。
しかし三門は現金で貰った6億円を約束手形を発行。
不渡りになれば詐欺。
加西がそれを知ったら一大事
しかし加西が死ぬとわかっていれば話は別。
三門法律事務所も逮捕されるとわかっていたらそんなことはへっちゃらなのだ。
「もし不渡りがでるようなことがあればまた伺います。」
三門と鶴田内閣官房長官は繋がっていた。

殺し屋の正体は柾庸子(遠山景織子)。
内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)と朱音静の弁護士・中郷都々子(織田梨沙)は同郷で懇意の仲。
すべての情報を掌握し、加西殺害を蒔子と静になすりつけようとしていた。
そもそも素人がネットで殺し屋を見つけるのは無理。
柾庸子が特命係にリークした殺し屋とされるフードの男はホームレス。
決まった時間のゴミ箱を漁るのだ。
特命係に殺し屋が間違えなく存在すると信じさせた。
黒幕は内閣官房長官鶴田(相島一之)。
しかしもちろん口は割らない

特命の二人は鶴田を尋ねて宣戦布告。
加西の逮捕を邪魔したのは、救出のためではなく、加西を抹殺するためだった。
収監されてしまっては加西を殺害できない。
加西の性格上、何を供述するかわからない。
だから殺害した。

喧嘩を売られた鶴田は特命の二人を殺したいと栗田に相談。
つづく!



なんやねんこれ!!
この事件に何時間かけたと思ってんねん!
で、小物を一人逮捕しただけかよ!
内閣官房長官って上級国民がまたちゅうぶらりんで浮いている。
上層部の人間を誰一人逮捕できひんやん。
また逮捕せなアカン人間を増やしただけやんか。
何が腹立つって最終回やのに解決しなかったことよ。
副総監だって逮捕せなあかんことやってそうでしょ?
少なくとも大杉漣さん時代はすんごく怪しいことしてそうだったよ?
今回の鶴田役は相島さんだし、逮捕されるもんだと思っていたのにさ。
無駄に登場人物を増やしやがって!!
「必ずあなたを逮捕します。」
右京さん、これいうの何回目よ。
そしてどんだけ敵を作るのよ。特命係は!
刑事部長が正義の人になったから・・・一人敵は減ったけどね。



柾庸子(遠山景織子)と弁護士・中郷都々子(織田梨沙)はまだまだ出てくるんでしょうしねぇ。
まさかさ、切手を舐めて貼り付けるとはねぇ、都々子さんバカなんだなぁ。
最近、シールの切手も打ってるのにねぇ。
遠山さんの声はすこ~~しだけ芦名星さんに似ていて、ちょっと切なくなったわ。
この事件、本当は芦名星さんも活躍するはずだったんだろうなぁ。

出雲(篠原ゆき子)は瀕死の状態で助かったから、加西を恨むのはわかるよ?
だけどヒステリック過ぎるというか。
警察官たるもの殉職もありえる話で。
だからって覚悟を持てとか死ぬ気で頑張れってわけではないんだけど。
グレーかもしれないが警察はその加西を逮捕起訴出来なかったわけだから、騒ぐんじゃねーよ!って思っちゃったわ。
そんな出雲の事を伊丹さんらがパワハラ。
最後はデレたように見えた。
けどねぇ・・・なんかちょっと女の子扱いするのがねぇ。
女の子扱いっていうか、子供扱い。
同等とは見ていない。
我ら男と同じように働けるなんて思ってもいないのね。
そこだリアル。
警察官なんて男社会だろうなぁ。



んでもって、危うく犯人にされかけた蒔子(松永玲子)さんね。
顔芸が面白かったけど、こっちもイライラしちゃうわ。
ただただ人が良いおばちゃんやったの?
朱音静(日南響子)はなぜこんな普通のおばちゃんをなぜ巻き込むんだろう。
最後には勝ち誇ったようにニンマリ。
なんで?計画通りだったのか?蒔子さんに謝罪しろよ。
そういえば殺し屋料理人の藤原っておばちゃんは捕まったのか???





「相棒19」第1話「相棒19」第2話の続くお話。
4時間以上もこの事件にかけて、こんなモヤモヤな終わり買った。
そして最近では。特命係より青木が有能なんじゃないかって思うよね。
青木だったら鶴田の殺人教唆の証拠を見つけるんじゃないかなって思うほど。

来シーズンの初回でとっとと鶴田を逮捕して退場させろよ!

「相棒」の感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

音楽はこちら

出演者
杉下右京・・・水谷豊  特命係・警部
冠城亘・・・・反町隆史 特命係・巡査
伊丹憲一・・・川原和久 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二・・・山中崇史 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
角田六郎・・・山西惇  組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
青木年男・・・浅利陽介
出雲麗音・・・篠原ゆき子
小出茉梨・・・森口瑤子 こでまり女将
益子桑栄・・・田中隆三 鑑識課・巡査部長
大河内春樹・・神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
中園照生・・・小野了  刑事部参事官・警視正
内村完爾・・・片桐竜次 刑事部長・警視長
日下部彌彦・・榎木孝明 法務事務次官
衣笠藤治・・・杉本哲太  警視庁副総監・警視監
社美彌子・・・仲間由紀恵 総務部広報課 課長・警視正
甲斐・・・・・石坂浩二 警察庁長官官房付

ゲスト
加西周明(IT長者。仮想国家「ネオ・ジパング」設立者) – 石丸幹二
柾庸子(内閣情報調査室) – 遠山景織子
万津蒔子(万津幸矢の母) – 松永玲子
朱音静(繊維会社勤務。万津幸矢の恋人) – 日南響子
鶴田翁助(内閣官房長官) – 相島一之
鑓鞍兵衛(国家公安委員長・衆議院議員) – 柄本明
中郷都々子(朱音静の弁護士) – 織田梨沙
万津幸矢(元派遣社員・蒔子の息子・ビルから転落死) – 櫻井圭佑
神農直隆、有元啓太朗、千賀千鶴

コメント

  1. saki より:

    こんばんは。
    今、見てるので、スマホで勢いよくスクロールしましたが、これ解決しないのー?
    辛口一番、空目するわ…

    そもそももう先週から話についていけてない。
    映画館で冠城といる派手な女の子誰だっけー。あ、弁護士か。

    ラムネさんが健在なのはよかったわ。
    解決しないなら寝ようかなー。
    もう内部のなんちゃらとか、自分の半径内にいないような別世界のこと、興味ないわー。

    ああ面白くないよおーいつからこうなったの、薫ちゃんに訊きたい。

    • tarotarotarotaro より:

      sakiさん、 コメントありがとうございます。

      スッキリ解決とは言えない結果になりました。
      遠山さんだけトカゲの尻尾切りかなと。
      また敵をふやしただけにすぎません。
      水谷さんが80歳くらいになっても全ての問題は解決しないんじゃないでしょうか。

      大河内さんは健在でしたが、今回陣川くんはでていませんよね~。
      コロナの影響でいろんな人をキャスティングするのはできなくなったのかもしれないですね。
      内閣情報操作室の問題はサクッと解決して欲しいです。
      次回まで覚えていられるほど思い入れもない(苦笑)