「13(サーティーン)」 第1話 ネタバレ感想~藤森慎吾が犯人なのか?

スポンサーリンク

「生還と軋轢」

原作:『サーティーン/13 誘拐事件ファイル』

あらすじはコチラ→

百合亜(桜庭ななみ)が実家に帰宅。
母・麻美(板谷由夏)は喜ぶが、妹の千帆(石川瑠華)は歓迎せず。
しかも別居中であるのに、仲良し夫婦のふりをする両親に嫌悪感すらある。
二人の刑事、永井敏彦(青柳翔)と田辺佐緒里(遊井亮子)が事情聴取は自宅でも続くが、何も答えない桜庭ななみ。
自作自演なんじゃないかと遊井亮子は疑う。
そのうちマスコミにも事件が漏れ、隣の町では一人の少女が行方不明になったと情報が入る。
青柳翔と遊井亮子が事情聴取に家にきた。
しかし桜庭ななみはベランダから家を抜け出していた。
公園で幼なじみの日置渉(井上祐貴)と出会う。。
思い出話をして、渉が桜庭ななみの頬に手を添えようとした瞬間に過呼吸。
またその場を逃げ出す。


主人公が監禁されていたのになぜ入院治療しないんだろう。
PTSDならなおさらもっと入院して治療してあげないと。
彼女に話を聞くのは警察ではなく精神科医じゃね?
女刑事(遊井亮子)なんて
「普通13年ぶりに家に帰ってきたら喜ぶ」
って普通13年も監禁されたことないんだから気持ちがわかるわけないさ。
ずっと海外に行っていて帰宅が久しぶり!ってわけじゃねーんだから。

家に帰ったら帰ったで、大学を卒業して就職する年齢の妹が小学生の駄々っ子のような言い分。
「この女、一回も笑ってないよ。」
いくらなんでも13年も監禁された人に対して、こんな事いう?
その上、主人公がいなくなってからワタシはいてもいなくても良い存在になったって。
知らんがな。
それは両親のせいであってお姉ちゃんのせいじゃないから。



13年も監禁された女性に対して、あまりにもみんな優しくないのが気になる。
もっと腫れ物に触るように扱ってやって下さいよ。主人公が不憫だ~。
だから幼なじみの日置渉(井上祐貴)くんにだけ心を開くんじゃ。
渉くんとの会話ではやっぱり監禁されていたんだよなぁ。
別人ではないはず。

んで、犯人は藤森慎吾!?いやいやいや・・・大丈夫?
もっともっと経験がある人のほうが良いんじゃない?
って心配にはなりますが、今のところ、ちゃんと気持ち悪かった。
いや・・・わからんけど。心配。←大きなお世話
モトカノと同じように気持ち悪い役を演じちゃうのか。

それより気になったのは青柳翔よ。
あんな顔でした?
ワタシの知っている青柳翔はもっと細くて男前やったけど・・・。
ちょっと丸くなっていたよなぁ。

物語ですが・・・。
母と元担任の先生もなんかありそうだし。
桜庭ななみちゃんは気になるし。
父が神保悟志なんだから、何もないわけがないしさ。
どうしよう。「妖怪シェアハウス」も見たいのに。
これも気になるわ~。
次週も見ちゃうよん。

主題歌:「愛錠」 LiSA

感想はコチラ
「13(サーティーン)」 第2話 ネタバレ感想~藤森慎吾に犯人が務まるのか?
キャスト
相川百合亜(桜庭ななみ)
永井敏彦(青柳翔)
田辺佐緒里(遊井亮子)
相川千帆(石川瑠華)
日置渉(井上祐貴)
黒川一樹(藤森慎吾)(オリエンタルラジオ)
相川宗一(神保悟志)
相川麻美(板谷由夏)ほか

コメント

  1. なお より:

    こんにちは
    ついこの前イギリス?の13見たばかりです。大筋のところは同じ感じでしたが、妹が戸惑いはあるもののあんなに意地悪な子ではなかったです。
    主人公がとても可哀想…

    遊井さん好きですが痩せすぎかなぁ
    青柳翔さん?結構ドラマで見てる気がしましたけどあんな感じではなかったと私も思っています。太ったから?髪型のせい?

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      イギリス版をご覧になっているんですね。
      妹、ホント意地悪だった。
      原作はそこまでじゃなかったんですね~。

      遊井さん、ずっと細いですよねぇ。
      華奢すぎて。
      だから青柳さんがふとましくみえます。
      尾上寛之みたいになってましたね。