『エール』 第91回 感想~エピソード渋滞中。そうだ!グローブだ!

スポンサーリンク

第91回(第19週)「鐘よ響け」


あらすじはコチラ→

終戦から3か月。裕一(窪田正孝)は、いまだ曲を作ることができずにいた。
ある日、劇作家の池田(北村有起哉)が、自分が書いたラジオドラマの音楽を裕一に担当し手欲しいとやってきた。
裕一は興味を示さない。
「”愛国の花”が大好きです
初めて聴いた時心が震えました。」
この先ラジオドラマに裕一の曲を添えて貰えたら嬉しい。
前向きに明るい池田だが
「音楽はもう良いかな。」
と言う裕一。
池田が帰ったあと、音は
「いい話だね。」
と裕一に声をかけるが裕一は・・・。
「今のお父さん見たら、弘哉君どう思うのかな。
お父さんの曲聞きたいってきっと思ってるよ。」
「うん」
しかし・・・裕一の周りでは
「西条八十は引っ張られたのに作曲家はお咎めなし!」
戦争で儲けたくせに!」
「何が勝ってくるぞと勇ましく♪だ!」


その頃、瀕死の岩城を見舞うため音は豊橋に帰ってきた。
光子に裕一さんと華は元気かと聞かれた音は
「二人共大切な人を亡くしてしまって。
華はそれでも立ち直ろうとしとるけど
裕一さんは・・
ずっと曲が書けんの。」
「そばにいてあげたら?」
「私には何もでけんし。」
「そばにいてあげるだけで良い。」
音はとんぼ返りに(苦笑)
馬具では生計が立てられないとふんだ光子たちは他の商売を探していた。
五郎と梅で案を出しあい。
五郎は「紺碧の空」を聴いて裕一に弟子入りした・・・・グローブだ!!!
ってなことで意識の無い岩城に報告。
その夜・・・岩城は息を引き取った。←数日後かもしれない・・・。
「お世話になりました。」
意識のないなか・・これだけは言い残す男・岩城!

岩城を見舞えなかった吟は・・・。
元軍人の夫・智彦(奥野瑛太)は復員して就職できていないからだった。
軍人のプライドがある智彦は「くず鉄集め」に採用されても、「こっちから願い下げだ!」と言い出す始末。←ダメなヤツの典型じゃん。
「もう戦争は終わったんですよ。」
一杯のラーメンを作るのも大変だ。
智彦にこのラーメンが作れるのか。
そう・・・智彦は何もできないのに闇市で店先の物を蹴って当たり散らすのだ。

ビックリするくらいの同時進行朝ドラ。
エピソードがギュウギュウです。
豊橋のグローブ作りと、智彦の就職はそのうち一緒になるんだろうか。
智彦、そういえば婿養子だしさ、就職がうまく行かなければ実家に帰ればいいじゃんね。
戦後3ヶ月ならまだまだ智彦は勘違いしていてもおかしくないわね。
智彦には手に職もないし、これから五郎にしごかれる覚悟があるなら・・・ねぇ。
プライド捨てろよ!
で、吟がドSになって智也に倍返しだ!!!
五郎は五郎で・・・ちょっと思うとこもあんだけどね(苦笑)
ま、ちゃんと前を向いているってとこは・・・何かを信じるってパワーがでるんだな。
梅の復活は・・・若いからかしら(爆)
岩城さん・・・あの世で安隆(光石 研)パパと笑っているかしらねぇ。
時間があれば。。。幽霊の安隆さんの出番があったかもしれない。
残念。



裕一は華より重症。
男ってヤツは・・・頼りねーな。
鉄男は・・・戦前に一度落ち込みまくったから・・・雑草魂がすごい。
記者、おでん屋、作詞家。
だけど鉄男にもスポットが当たる日が
「湯の町エレジー」
これは・・・これは・・曲は思い出せないが、大ヒットしたんでしょう(爆)←いい加減
多分、近江俊郎が歌ってるのよ。
「家族対抗歌合戦」では古関さんと同じ審査委員だったはず。
ああ・・・ホントに昔のことは覚えているもんだ(苦笑)

そしてワタシが大好きな池田(北村有起哉)さんがこれからの物語を明るくしてくれるはずと確信。
何かしてくれそうで・・・ホントワクワクする。
先週も書きましたが、素晴らしい俳優さんだねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
古山華・・・・根本真陽
古山まさ・・・菊池桃子
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
池田二郎・・・北村有起哉
杉山あかね・・加弥乃
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内智彦・・・奥野瑛太
廿日市誉・・・古田新太
藤堂清晴・・・森山直太朗
昌子・・・・・堀内敬子
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
小山田耕三・・志村けん

語り・・・・・津田健次郎

コメント