『スカーレット』 第35回 感想~綺麗なアホの坂田師匠

スポンサーリンク

第35回(第6週)「自分で決めた道」

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

信楽に戻った戻った喜美子(戸田恵梨香)。
父の常治も百合子も大喜び。
反発するのは妹の直子(桜庭ななみ)。
学校を卒業したら東京に行くと言う。
今のところなんの目的もなさそうな直子をなだめる。
年明けから丸熊陶芸で働き始める。
仕事は社員食堂のお手伝い。
荒木荘の仕事に比べあまりにも簡単でヒマである。
ある日、初めて見た絵付け火鉢に目を奪われ、立ち入り禁止の作業場に入ってしまう。
その夜、絵付けの作業が忘れられない喜美子。


照子は京都の短大で働くらしいですわ。
寮に入るらしいけれど、毎週帰ってくるとか・・・?
丸熊の社長もエエ人そうやし、エエ職場かもしれん。
ってか、こんな簡単な仕事があるのなら、中学卒業したときにこの仕事をくれてたら良かったんちゃうん?
15才の子にはちょうど良さそうやけど?
ま、そんなことしたら、楽しい楽しい荒木荘にならないので、結果オーライやけど(苦笑)

さて、常治は嬉しそう。
子供やな。
喜美子が帰ってきたことでオカンもちょっと気分が上がっている。
しかしオカンは依存体質やからなぁ~。
油断は出来ない。←ワタシはやっぱりオトンよりオカンがイヤン

問題児・直子。
小さい時は可愛げがあったからなぁ、桜庭ななみちゃんも難しいとこよね~。
ただ、こんな両親に育てられていたら直子も反抗したくなるよねぇ~。
なんか可哀想にって思うわ。
ただ東京に行きたいっていうのはアカンわな。
ただただこんな家、出て行きたい!ってのはわかるけどさ。
これから信楽で常治と直子が何かやらかしそう。
百合子は・・・ま・・・癒やしのための存在かな~?
しかし朝ドラってのは3姉妹が多いよねぇ。
兄がいるパターンもあるけど、女子は3人。
なんでかな?

ところでアホの坂田師匠に似ていた丸熊陶業の「加山」。
プリンプリンやったな!
名前知らんけどw
そうそうプリンプリンでそこそこテレビに出ていたときもアホの坂田師匠に似ていたよ。
そんなことを思い出したw

で・・・。
渋谷天外師匠。
偏屈絵付け師。
ちょっと怖そうやけど、この人が喜美子の師匠になるのか?
それとももこの人は・・・出て行くのか?
いよいよ、陶芸家への第一歩!

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形
庵堂ちや子・・・水野美紀
酒田圭介・・・・溝端淳平
田中雄太郎・・・木本武宏 (TKO)
荒木さだ・・・・羽野晶紀
大久保のぶ子・・三林京子
ジョージ富士川・西川貴教
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント

  1. moon より:

    こんばんは。

    喜美子が帰ってきて、みんな嬉しいですよね。
    百合子は学校のことを一生懸命話すし、
    直子は勉強を教えてもらったり。
    今の川原家の状況では、食卓もどんよりしていたでしょうし、楽しい食卓は久しぶりなんだろうなぁと思いました。

    直子はお父ちゃんに反抗的なのは無理もないですが、喜美子に対しては、ご飯も言われたら食べるし、素直な態度を取っていて可愛いなと見ています。
    今のところ(笑)
    ただ、私も東京に行きたい!というのはどうなの?って思います。
    目的があるのなら分かりますが。
    これからまた波乱が起きそう(汗)

    お母ちゃんは、今日はお父ちゃんに意見したり、いつもとは少し違っていましたが…喜美子と一緒なら言えるのかな。
    普段からピシッとしてくれたらいいんですが。

    喜美子と絵付師の皆さんとの出会い。
    音楽もカッコよかったし、
    職人の仕事!って感じで印象的でしたね。喜美子が眠れないほど衝撃を受けたのも分かる気がします。

    一癖ありそうな方々だけれど、喜美子とのやりとりは面白くなりそうで期待しています。

    • tarotaro tarotaro より:

      moonさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      喜美子が潤滑油になりましたね。
      ちょっと可哀想だけど、喜美子が。

      直子の気持ちもわかるんですよ、あんな家早く出たいでしょう。
      しかもお姉ちゃんが親の都合で大阪に働きにでたことも、親の都合で呼び戻されたことも一番身につまされるのは直子でしょうし。
      あんな姉を見ていたら、この家と縁を切りたいって思うのも無理はないと思います。

      喜美子は気の毒だ・・・と思う一方で、いつも前向きであり、日々の生活の中で喜びを見つける姿には朝から勇気づけられます。