『スカーレット』 第31回 感想~喜美子、荒木荘に戻れない予感。

スポンサーリンク

第31回(第6週)「自分で決めた道」

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

信楽の父・常治(北村一輝)から母のマツ(富田靖子)が倒れたという連絡。
お母ちゃんが倒れたとお父ちゃんから連絡を受けて信楽に帰ってきた喜美子。
しかしお母ちゃんが倒れたのは嘘で、喜美子を信楽に連れ戻したかっただけだった。
お母ちゃんは夏に倒れたらしく、体調は良くない。
しかもお父ちゃんと妹・直子の折り合いは悪く。
「お姉ちゃんがいーひんとこの家はまわらへん。」
直子も言う。
お父ちゃんは勝手に荒木荘に喜美子が辞めると電報を打ったらしい。
信楽で就職先を見つけると言う。
その日の晩、宴会が始まり、酒を飲むお父ちゃん。
後片付けをしている喜美子はお母ちゃんに
「明日、大阪帰るで。」
と言う。
「肉じゃが作ってやりたかったなぁ。
肉は入ってないけど。」
毎月仕送りをしているのに、なぜ肉も買えないのか。
家の前に止めていた三輪オートバイは買ったのか借りているのか・・・。
不安になる喜美子。


もっともっと荒木荘を見たいんですけど!!!!
もう信楽か・・・。
美術学校に行く喜美子を見たかったなぁ。
大阪に帰れない予感。

さださんや大久保さんが喜美子を心配して送り出してくれているのに、電報で辞めると伝え、電話で詫びるとか常治、頭おかしいんちゃうか。
そんなんやから、仕事もでけへんねん。
仕事ってそういうもんじゃない。
喜美子は責任を持って仕事をしている。
「女、子供」がやる仕事と見下しているのかもしれないが、喜美子はプライドを持って仕事をしているのだ。
喜美子の給料を充てにしているくせに、勝手に大阪行きを決め、勝手に辞めさせる。
喜美子をなんだと思っているのか。

喜美子のピンチに飛んできてくれた大久保さん。
大久保さんが「喜美ちゃん」と呼んでいたのにデレデレやんと楽しんでいたのにw
伊賀のばあちゃんが死んで過去を捨てたとわけのわからん信作にニヤっとしていたら、これですものこれですもの(@北の国から風)。
喜美子の仕送りはどうなってんねん。
だけど、喜美子。
お父ちゃんの無茶に最終的には従うんだろうな・・。
お父ちゃんの寝顔を見ていたら憎めないかもな。
お父ちゃんが喜美子に愛情がないとは言わない。
だけど、嘘をついて電報を打つなんて姑息なことをせずに、苦しい台所事情をきちんと喜美子に話して、相談するれば良いのに。
もう喜美子は社会人なんだから。

お母ちゃんもなぁ。
体が弱いのはわかったけれど、初日の放送の時に生きとったからな(爆)
案外、しぶといんじゃないかと・・・。

で、ちや子さん。
連絡せずに荒木荘にも戻らなかった。
そんなちや子さんを心配する荒木荘のみなさん。
ああ!!!やっぱり、荒木荘をもっと見ていたかった。
荒木荘で小さな事件が起こるお話をずっと見ていたかったなぁ~!!!
でも、喜美子。
陶芸家になるんやった(苦笑)


    
    

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形
庵堂ちや子・・・水野美紀
酒田圭介・・・・溝端淳平
田中雄太郎・・・木本武宏 (TKO)
荒木さだ・・・・羽野晶紀
大久保のぶ子・・三林京子
ジョージ富士川・西川貴教
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント

  1. moon より:

    こんばんは。

    本当ですよね…荒木荘、楽しかったのになぁ〜。
    また見るのが辛い展開になりそうで…(涙)
    やっぱり嘘だった!とムカムカしつつも、”信さま”には笑わせてもらいましたけど。でも腹立ちますね〜。

    お父ちゃんは変わりませんよね…
    いつまで経っても。
    根は悪い人ではないと思っていたけど、
    嫌いになりそう(爆)
    お母ちゃんも頼りなさすぎるし、もう少ししっかりしてほしいなぁ。
    常治には反論できないんでしょうか。
    直子も子どもの頃のまま育っているから相変わらずでしょうしね。
    少しは喜美子を理解しているとは思いますが…。

    お金を奪って逃げた従業員2人もいったいどうなったんだろう。

    誰よりも大人な喜美子。
    きっと、信楽に残り陶芸の道に進むことになるんでしょうね…。
    喜美子は家族を見捨てられないって、
    両親もわかっているはず。
    そこもずるいなぁって思っちゃいます。
    せめて、ちゃんと荒木荘の人たちとお別れさせてあげたいけど、無理そうですよね…。

    • tarotaro tarotaro より:

      moonさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      荒木荘、楽しいですよねぇ。
      さださんと大久保さんのやりとりも楽しかったし、ちや子さんには励まされたし。
      喜美子は強くなったし、信楽に帰ってももうお父ちゃんの言いなりではなく、やりこめて欲しいですね。
      ま、お父ちゃんは死ぬまで治らない病気だと思いますけど。
      お金を奪って逃げた従業員2人は・・・仲介した人もなんとか言うてこないんでしょうか。

      荒木荘の皆さん。
      特に姿の見えないちや子さんとどうやってお別れするのか・・・。
      明日、切ないけれど楽しみです。