『おちょやん』 第18回 感想~バカサバイバー!テルヲのせいでショボクレとんねん!

スポンサーリンク

第18回(第4週)「どこにも行きとうない」

あらすじはコチラ→

テルヲの借金の取り立て屋からの岡安への嫌がらせはエスカレート。
岡安からひいき客の足も遠のく。
風呂の帰りに取り立て屋とテルヲに待ち伏せされた千代。
「せやから何されるかわからん言うたやろ?」
「どの口が言うてんねん。」
先輩お茶子の玉はテルヲに、千代が今まで8年間道頓堀を出なかったのは帰る家がなかったからだ。
後輩お茶子のさっちゃんも、千代と一緒に働きたいと二人とも泣きながら訴える。
それを聞いてもテルヲは
「こないにええ子らを巻き込んでもいいんか?」
とふざけたことをぬかす。
いたたまれなくなった千代はとうとう
「お父ちゃんの望む通りにしたげる。」
と言う。
「それでこそわいの娘や。」
千代は岡安を出てテルヲの借金のために売られることにした。
シズは、千代の意思を受け入れ、天海一座の千秋楽までの7日間、仕事を勤め上げるよう伝える。


どこまでもクズのテルヲ。
これで借金が半分になったとしても、次の借金が産まれるだけだ。
千代はテルヲの前から消えるしかないなぁ。
もう・・・○んでくれ、テルヲ。
ただ・・・もうグレードの高すぎるクズでさ。
やっぱりトータス松本に演じてもらう意味はここかなと。
こんなクズを演じてもこれからの俳優業には影響なさそうだしね。
お玉ちゃんとさっちゃんが千代の代わりに文句を言うてくれた時点で、ワタシは涙。
今日、休みで良かった。
それで改心しないのがテルヲ。
朝ドラ史上最高のクズ父や!

みつえとライバル茶屋・福富のボン。
ええコンビやな。
立派な家があるのに福富を継ぎたくないボンボン。
親に捨てられることなど考えられない二人。
みつえちゃん・・・なんだかんだで千代が好き。
好きっていうか・・・。
でも、道頓堀ターンがそろそろ終わるなら・・・千代とみつえの関係もあまり描かれないままよね。

で、一平は相変わらずの芸子遊び。
ほっしゃん団員とはうまく行かず。
しかし喧嘩のシーンもヅラをとったほっしゃん。の白塗り顔でちょっとわらける。

借金取り赤松・・・ってスカーレットを思い出すやん。
飲み屋のアカマツ・・・。
名前・・・変えてーさーw
常治の上をいくクズ父。
しばらくは見たくないなぁ。
2021年度後期の『カムカムエヴリバディ』はこんなことにならんと思うけど。

暗い年越しにならぬよう、明日とあさって・・お願いします(苦笑)

「おちょやん」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:「泣き笑いのエピソード」秦 基博

キャスト
竹井千代(杉咲花/幼少期:毎田暖乃)
岡田シズ(篠原涼子)
岡田宗助(名倉潤)
岡田みつえ(東野絢香)
岡田ハナ(宮田圭子)
かめ(楠見薫)
天海天海/初代(茂山宗彦)
天海一平(成田凌/幼少期 中須翔真)
須賀廼家千之助(星田英利)
大山鶴蔵(中村鴈治郎)
須賀廼家万太郎(板尾創路)
須賀廼家天晴(渋谷天笑)
須賀廼家徳利(大塚宣幸)
須賀廼家百久利(坂口涼太郎)
漆原要二郎(大川良太郎)
富川菊(いしのようこ)
富川福松(岡嶋秀昭)
富川福助(井上拓哉/幼少期 松本和真)
高城百合子(井川遙)
熊田(西川忠志)
竹井テルヲ(トータス松本)

語り(黒衣)桂吉弥

コメント

  1. saki より:

    ちょこちょこ見てます。
    トータスは「みぃつけた」繋がりじゃないのね(笑)
    たろたろさんの意見に納得。

    ためしに同世代の役者さん調べたのですが、確かに古田新太や香川照之だったら、それこそおしん時代の伊東さんのように、家に石投げられるな…

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。
      トータス「みぃつけた」に出ているんですか。
      初代のスイちゃんしか知らないんでよくわからないですが。
      それで「いだてん」にもでていたんですかね。
      あの年代で大阪弁に違和感がないとなると橋本じゅんさんとか新幹線のメンバーが多そうです。
      古田新太も橋本じゅんも「エール」」に出ていたし・・・。
      収まるとこに収まったかんじですかね。