「この恋あたためますか」 最終回 ネタバレ感想~誰かの不幸の上に幸せがある!イチャコラするなw

スポンサーリンク

第10話「好きだから…僕は君を今夜あたためたい!」

あらすじはコチラ→

浅羽(中村倫也)は会社に復帰。
樹木(森七菜)は新谷(仲野太賀)への返事をしなければならない。
新谷を呼び出すがなかなか気持ちを伝えられない樹木。
例の返事なんだけど
「拓兄ィとクリスマス 過ごしたい!そう言おうとしたんだよね?
しっかりしろよ!!
話があるから 呼び出したんだろ?
俺なんかに 気、使うなよ!。
樹木ちゃんの本当の気持ち、ちゃんと聞かして」
「ごめん、私・・・社長が好きです。
だから・・・ごめんなさい。」
「うん。拓兄ィの所に行きな。
泣くなよ。ほら 行けよ。樹木ちゃんの幸せが俺の幸せだから」
「ありがとう」


その頃浅羽は樹木が考案したクリスマスケーキの資料を見ていた。
「クリスマスが嫌いな人も食べたくなるケーキ」
それを見た浅羽は会社を出る。
樹木も走って社長に電話。
電話をしながらなんだかんだでちゃんと会える二人は抱き合う。浅羽が告白。
「朝、起きるといつもこう思う。
今日、君はどんな顔してるかな?
今日は、何を話そうって
いつの間にか 君が、俺の日常の一部になってた。好きだ」
キス!
「悪いけど 社長…
私の方が 100万倍
社長のこと 好きだよ
自分でも もういつからか分かんないけどずーっと 社長のこと 好き
社長が好きになる前から ずーっと」
「じゃ もう一回 言って」
「だから・・・」
樹木からキス!で幼稚園児たちに指を指される。



樹木と社長はラブラブ。
もうこの雰囲気・・・やっちゃったなぁっていうくらいラブラブw
樹木は恋人たちのクリスマスはイヴの24日。
社長はクリスマスディナーは25日と意見がわかれる。
樹木はまさか新谷と里保にその話をしておのろけ。←よくこの2人にそんな話できるな
優しい新谷と里保。

イヴの日。
それぞれがそれぞれのクリスマスを過ごす。
樹木はココエブリィにやってきたが、みんなは大忙しでイートインカウンターに座る。
すると目の前に社長が。
「ああ よかった 間に合った
あと2時間ある」
「出張じゃなかったの?」
「ソッコーで話まとめて 帰ってきた
特別なんだろ? 今日が」
キスしようとする社長に
「さっき LINEで 北京? 香港?
いるって言ったじゃん。」
「言ったらサプライズにならないじゃないか」
「寂しかったじゃん
大体 今日一日 どんな思いで過ごしてきたと思ってんの?」←樹木ってそういうタイプだった!重たいタイプだった!忘れてた!
「みんな 楽しそうなのに
初めて一緒に過ごすクリスマスなのにずっと一人でここで座ってたんだから」
「ああ 悪かった」

謝罪してキスをしようとする社長との攻防戦。
しかし社長強行突破でキス!
「ずるい…」
「機嫌 直せよ
クリスマスプレゼントもある」
いつかのスノードーム
「前は 一度 返されたからな。
改めて君に贈りたい
今度は返させないから
ありがとう」

スーちゃんも漫画家になって。
一岡智子(市川実日子)と神子亮(山本耕史)も良い雰囲気。
結局、新谷の実家のケーキ屋を手伝いにきた里保は、新谷に樹木のInstagramを見るように言う。
キキカジリにはコンビニスイーツ以外で、ただ一つ新谷の作ったケーキがのっていた。
「新谷は樹木ちゃんにとって特別なんだよ。
恋人にはなれなかったけど、最高のクリスマスプレゼントじゃん」←そう??

外は雪。

「雪 積もるかな?」
「積もるといいね」

誰かの幸せは誰かの不幸せの上に成り立ってんですね。
いや、まこっちゃんは不幸せだなんて思ってないかもしれんけど、アンタ大好きな拓兄ぃに人生最大の嫌がらせをされたぜ?
あんな告白の横取りあるかね(苦笑)
しかも涙ながらに断って、走って社長とキス!
やっつけ告白断りやん。←なんやそれ
もうちょっと余韻を感じてあげてよ。

で、痴話げんかを会社で。
そういえば・・・この枠の恋愛ドラマの王道というか。
みんな同じ職場なんだよねぇ。
気の毒なまこっちゃんと里保。


まさか冒頭15分で二人がキスしてイチャコラするとは思わなかった。
最後にコンビニでキスをするなら・・・それが最初のキスのほうが良かったと思うなぁ。
ま、二人が気持ちを確かめ合い、クリスマスイヴのサプライズにつなげたかったんだろうけど。
それにしては時間が足りない。
付き合って、やっぱり喧嘩して・・・ならともかく。
それをアンタ30分そこそこでやらでもサプライーズ!とはならんで。
クリスマスイヴに告白のほうがしっくりきたような気がする。

中村倫也くんも当て馬を演じていることも多かったですから、太賀もいずれ卒業して・・・・。
いや、でも・・・瀬戸康史が当て馬を卒業しつつある今、日本で一番当て馬が上手い役者かもしれん。
しかも良いヤツね。
優しすぎるヤツね。
太賀はチョロよりお芝居が上手いなぁ。
このまま伸びて欲しいよ。
いしだ壱成だって、純一よりずっとお芝居が上手だったけど、もう発揮出来ない状態だもんな。
太賀はどうかこのままで。




次は上白石萌音ちゃんが主演なんですが、恋つづでもめっちゃ叩かれたしさ。
そして今回の森七菜ちゃんも叩かれているしねぇ。
ヒロインと相手役の年齢差がありすぎるのかな?
女子は皆年上に憧れるわけではないしね。
同年代の恋を描いてみてはどうでしょう?
花男のような学園ドラマでもなく、20代~30代の同年代の恋が一番荒れない気がするw
極端なんだよねぇ。
中学教師と教え子の恋愛とか、予備校教師と教え子とか。
同年代の若い俳優同士の恋愛は・・・炎上するのかな?

ま、いいや。
次も同じ路線かしらね。
TBSは火曜日も金曜日も日曜日も今期のドラマはハマれなかったなぁ。

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:SEKAI NO OWARI 「silent」

感想はコチラ
「この恋あたためますか」 第1話 ネタバレ感想~キャストは少し地味
「この恋あたためますか」 第2話 ネタバレ感想~火曜日はガサツヒロイン多し!
「この恋あたためますか」 第3話 ネタバレ感想~フェロモンはどこに?
「この恋あたためますか」 第4話 ネタバレ感想~いつの間に社長が好きになったの?
「この恋あたためますか」 第5話 ネタバレ感想~山本耕史だけは日曜劇場
「この恋あたためますか」 第6話 ネタバレ感想~スマホがあるのにすれ違い。コープがあるのに移動コンビニ。
「この恋あたためますか」 第7話 ネタバレ感想~マコッちゃんから滲み出る当て馬感
「この恋あたためますか」 第8話 ネタバレ感想~クリスマスケーキはセブンイレブンで!って圧!!
「この恋あたためますか」 第9話 ネタバレ感想~当て馬の前で告白するなんて鬼畜か!
キャスト
井上樹木(森 七菜)
浅羽拓実(中村倫也)
新谷誠(仲野太賀)
北川里保(石橋静河)
上杉和也(飯塚悟志/東京03)
李思涵(古川琴音)
碓井陸斗(一ノ瀬 颯)
三田村敦史(佐藤貴史)
土屋弘志(長村航希)
藤野恵(中田クルミ)
石原ゆり子(佐野ひなこ)
都築誠一郎(利重 剛)
一岡智子(市川実日子)
神子亮(山本耕史)

コメント

  1. saki より:

    早々に離脱して最終回だけ見ました。
    実年齢、一回り違うんですね…なんか気持ち悪って思っちゃった私はオバハン?

    波留ちゃん(波瑠だっけ?)かわいさだけに見てたリモラブも、
    今をときめくチェリまほも、イチャコラ見るたびすーっと冷めてしまう。
    そんな私はやっぱりオバハンなのか。

    ミッチーの恋路のみ見守ります~

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。
      一回りも違うんですねぇ。
      太賀とも兄妹に見えました。
      だけどこの枠の若い女優さんは叩かれがちで気の毒です。
      チャンスがあったら主演したいって思うのは当然なのに。

      美々先生の心の中の声がめっちゃ好きです。
      可愛いし。
      チェリまほは見ておりませんw
      テレ東系列はもうちょっと見やすい時間にやって貰わないとw
      おばちゃんは見ることができませんw