『なつぞら』第88回 感想~グリムさんに叱られる!?

スポンサーリンク

『なつぞら』第87回(第15週)「なつよ、ワクワクが止まらない」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

咲太郎(岡田将生)は、劇団を辞めて声優のプロダクションを立ち上げるとなつ(広瀬すず)に宣言。
これからはテレビの時代なので、外国映画の吹き替えやアニメーションの吹き替えをして、舞台だけでは食えない役者を支えると言う。
藤正親分や茂木社長も賛成していると言う。
・・・藤正親分は昔咲太郎が窃盗で警察に捕まった原因を作った役者たちも所属させるようにつれてきた・・。←闇っぽい人たち。

季節が巡り初夏。
短編映画のストーリーがなかなかまとまらず、なつや麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)は生みの苦しみを味わっていた。
「森を味方にする。」ことが難しい。
子供たちに森を信じてもらえるかどうか・・・。

北海道にも森がある。
その夜、北海道の森を思い浮かべ絵を描いていたなつ。
寝落ちして、夢を見る。
森で行き倒れたなつを阿川弥市郎(中原丈雄)が助ける。
そこへ坂場が驚く。
目覚めると夢の中にいた坂場がそこにいた。

夢の中でアイデアを思いついたなつ。

「魔女が魔法で森の木を怪物にかえたらどうか?」

その怪物がヘンゼルとグレーテル守り、悪魔を退治する。
その怪物が魔女だった。
魔女の魂が森の木に宿った。
森と魔女が一体化する!

「その木に守られたら、森に守られたことになりませんか。」

「あなたを信じましょう。」

二人は徹夜してプロットを書き上げる。
翌朝、チームのメンバーに説明。

結末は・・・

木の怪物が悪魔と悪魔の塔を倒し、塔の下から今まで食べられた子供がよみがえる。
怪物はその塔があった場所で動かなくなり、木にかえる。
鳥たちが集まってその枝に止まる。
木漏れ日が降り注ぎヘンゼルとグレーテルを包み込む。

完!!!



マコさんだけ置いてけぼりやな。
なんだろうこの蚊帳の外・・・。
マコさんは二人を見て、自分の才能を信じられなくなり辞めちゃうのかしらねぇ~。
そもそもマコさん、坂場、なつの3人の企画。
そりゃ才能がある人が作ることになるんだろうけれど、マコさんが一番の年長者で古株なのに、そっちのけってのは気になるわ~。
つつある

昨日は

ラピュタを思い出しましたが、今日は・・・。


ホルスの大冒険を思い出した。

こうしてアニメパートはいろんなアニメを思い出すんでしょうな。

なつが
「この人シャバにいかなったんだら」
なんて言うとは思わなかった。

藤正親分が連れてきたのは一応役者。
でもヤバそうな人物。
この人たちと縁切りしないと、咲太郎の受難は続きそう。
それともあの二人も声優として大成するんだろうか。

雪次郎は声優には向いていないと諦めて北海道に帰るのか?
レミちゃんあたりは、声優として成功しそうだし。

しかし、「声だけのプロダクション」ねぇ。
これのせいで声優の給料が安くなっちゃったのかなぁ。
なんにせよ、アニメパートにも咲太郎が出てくるとか・・・。
サイドストーリー的には面白く・・・なさそう(苦笑)

ともあれ、なつはいちいち言い方がキツいな。

おしんはDV夫に変身した竜三に殴られちゃうしさ!!
なつなら殴り返せそうだ!!

それに・・・グリムさんに叱られても大丈夫そうだw

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「なつぞら」感想はコチラ→

主題歌:スピッツ「優しいあの子」

キャスト
奥原なつ・・・・広瀬すず(幼少期:粟野咲莉)
奥原咲太郎・・・岡田将生(幼少期:渡邉蒼)
奥原千遥・・・・清原果耶(幼少期:田中乃愛)
柴田泰樹・・・・草刈正雄
柴田富士子・・・松嶋菜々子
柴田剛男・・・・藤木直人
柴田照男・・・・清原翔(幼少期:岡島遼太郎)
柴田夕見子・・・福地桃子(幼少期:荒川梨杏)
柴田明美・・・・平尾菜々花(幼少期:吉田萌果)
小畑雪之助・・・安田顕
小畑とよ・・・・高畑淳子
小畑妙子・・・・仙道敦子
小畑雪次郎・・・山田裕貴(幼少期:吉成翔太郎)
山田天陽・・・・吉沢亮(幼少期:荒井雄斗)
山田陽平・・・・犬飼貴丈(幼少期:市村涼風)
佐々岡信哉・・・工藤阿須加(子供時代:三谷麟太郎)
大沢麻子・・・・貫地谷しほり
坂場一久・・・・中川大志
神地航也・・・・染谷将太
三村茜・・・・・渡辺麻友
森田桃代・・・・伊原六花
下山克己・・・・川島明(麒麟)
井戸原昇・・・・小手伸也
露木重彦・・・・木下ほうか
大杉満・・・・・角野卓造
亀山蘭子・・・・鈴木杏樹
前島光子・・・・比嘉愛未
茂木一貞・・・・リリー・フランキー
煙カスミ・・・・戸田恵子
仲努・・・・・・井浦新
岸川亜矢美・・・山口智子
語り・・・・内村光良

コメント

  1. YOYO より:

    こんにちは。
    ほんと、マコさん無能な人みたいに描かれちゃって、気になります。最初の優秀って触れ込みはどこへ。マコさんにもちゃんと活躍させてほしい。いつもイライラしてるだけに見えて可哀想じゃないか〜o(`ω´ )o

    で、まゆゆも空気やし。
    まゆゆなのに、存在感薄い役で、
    むしろももっちの方がセリフ多いですよね。

    関係ないけど
    まゆゆって死んだ田中好子(キャンディーズ→女優→揖保乃糸キャラクター)に似てきた気がする。ま、整形してますが…

    声優プロダクション。
    モデルは青ニプロ⁈
    そうそう、売れない俳優に喰わせるために…ってところに低賃金の匂いがします。喰えないよりはいいだろう、みたいな? 声優って俳優より能力必要で高度な仕事だと思いますけどねぇ。
    俳優は演技力がなくてお声が悪くてもやっていける場合があるけど、声優は絶対的に実力がないとダメだし…安く使わないで欲しいですねぇ…ぷんぷん。

    しかし咲太郎って子供時代あんなにタップ踏んだり歌を披露したり芸達者だったはずなのに、演者目指さないってのが不思議すぎますね。雪次郎より男前なのに…なぜだ。

    そう!おしんね。竜三しょーもないですよね…牛鍋屋でおしんが肉を煮たときの喜んだ言い方とかからイライラしてましたが、能力ないくせに女に家にいてほしいんだよねあの人は。おしんは竜三にはデキすぎた女。この2人って結局離婚はしないんですっけね。しないか。今なら離婚まっしぐらでしょうが…

    • tarotaro tarotaro より:

      YOYOさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      マコさんって、仲さんに続くエースだったんですよね?
      芸大をでて、感覚でわかっているという。
      マコさん、ずっと不機嫌ですしねぇ。
      元から愛想のない人だし、現代ですら女性の働く環境は良いとは言えない時代の男社会で頑張ってきたんだから・・・基本不機嫌なのはわかりますが・・・。

      まゆゆより、出演シーンの少ないモモッチのほうが印象的ですよね。
      セリフもモモッチのほうが多いぐらいです(苦笑)
      まゆゆ・・・スーちゃんに似ていると言われたら・・似ているかも?
      ワタシは、森三中の黒沢さんに似ているとずっと思っているんですが・・。
      最近、まゆゆはほっそりしたので・・・似ていないのかなぁ?

      青ニプロダクションなんですかねぇ。
      このせいで低賃金になったのかもしれないですね。

      ワタシも声優は高度な仕事だと思います。
      昔の声優さんは一人の役だけをやっていたわけでもないし、試行錯誤して声をあてておられた。
      今では声優専門の人を排除して、芸能人に声優をやらせたり、アイドル声優なんて分野もでてきて・・・。
      みんな同じような声を出している気がしますが・・・。
      年のせいか聞き分けられない(苦笑)

      そう。咲太郎のほうが雪次郎より華がありますよねぇ。
      舞台に出たら、その人垂らしな魅力で人気出そうなのになぁ。

      竜三。
      結婚前の竜三なら、幸せになれそうな予感でしたけど、結婚後の竜三は・・・。
      竜三の最期を考えると、この人はずっと躁鬱の人なのかしら?
      と思います。
      結婚してから鬱になってしまったけれど、結婚前の楽しくてやさしい竜三は躁の時期だったんじゃ・・・。
      ワタシがおしんの友人なら全力で離婚を勧めますw
      お父ちゃんは小さい子でも働かせ、家のために結婚も許さないような人でしたが、竜三は働くなと。
      なんだか極端な男が多いですね。