フィギュアスケート全日本選手権2018~女子の層の厚さ、男子の層の薄さ。時代は巡る。

スポンサーリンク

今日から帰省するのでちょこっと感想。
と言いつつ、長くなりそうな気がする。

今年の全日本フィギュアは男女の層の厚さの差が浮き彫りになりました。

女子シングル。
トップを争うのは、坂本、紀平、宮原、三原、樋口。
樋口さんは、本調子では無かったらしく、フリーでは得意のジャンプで点数を伸ばせず。
結果、200点以下で5位。
今シーズンは、コレが最後の試合かもしれません。
怪我が五輪のシーズンではなくて良かったと思う・・・しかない。
この演技で197点なら、よく出たほうじゃないかと。
ってか、全体的に点数が出ておりました。
++++
4位の三原さん。
凄いもんを見た!
ショートフリーを揃えたのは神戸組の三原さんと坂本さんだけ。
フリーなら3位です。
しかしなぁ、それでもトップ3には入れないのはなぜか。
ワタシとしては、3位と逆でも良いんじゃないかなぁって思ったんですけど(苦笑)←さっとんのジャンプは低かった。

ただ。
三原さんは今年、国際試合では回転不足を取られることが多かった。
去年はショートがフィットせずに・・・。
シニア2年目から今年まで、安定した実力を出せなかった。
もし出せていれば、もう少し点数も高かったかもしれない。
今年は体調の悪い日が多く、顔に赤いできものができていた。
でも、全日本では肌もピカピカになって嬉しかったなんて話していた舞依ちゃん。
健気すぎて泣ける。

大方の予想では、同門対決で、宮原vs紀平の優勝争い。

先に登場したのは紀平さん。
ミスは最小限に抑え、ハイスコアを出した。
グランプリシリーズやファイナル同様、これで逆転優勝か!?

その後、宮原さんは、2ミス。
0.5点、紀平さんに及ばなず。
悔しそうなさっとんのキスクラ。

そんな中、去年と同様、最終滑走の坂本さん。
ジャンプもスピンもステップもキレキレ。
さかもっちゃん、スピンとステップがこんなにもうまかったっけ?
って思うくらい。

いつもはそこまで表情を作る選手でもないのに、全日本での表情は柔和。
表現も優雅に見えました。
ジャンプだけの選手でなくなった坂もっちゃんは強い!
この演技をファイナルでしていれば、確実に台乗りしていた。
演技の後半から鳥肌がたって・・・。
これで坂もっちゃんが優勝じゃなかったら、荒れるからな!!と思うほどw

結果、優勝。


今年の全日本は点数がてんこ盛り。
もっと点数を渋られると思っていたけれど、150点超え!!

ショートフリーを揃えるってことが、大切だと思った女子フィギュア。
世界選手権代表は、坂本・紀平・宮原。
四大陸は坂本・紀平・宮原・三原。

女子は当分、坂本・紀平・宮原・三原・樋口の5強の争いが続きそう。
ジュニアの選手は・・・読めないなぁ。
ゆは菜ちゃんは来年シニアだしジャンプが高かったので、化けるかも?
本田真凜ちゃんはジャンプがきまらないことには・・・・。

浅田・安藤・鈴木・中野さんが争ったバンクバー。
あのときは浅田、安藤の二人は当確かなって感じでしたが、今の女子は5人に実力が拮抗していて、頭一つ抜けている選手もいない。
毎年違う人が優勝してもおかしくないですな。
その中で・・・伸びしろを考えた場合、宮原さん三原さんが少し心配ではある、
でもソチから平昌の女子低迷期時代(失礼)より、ずっと楽しい時代がやってきた感じもします。


さて、男子。
コチラは、試合として見ると、全くおもしろくない試合でした。
男子の1枠を女子に譲って、女子を4人派遣して欲しい(苦笑)

何やってんだよ!

怪我をしていたとは言え、昌磨が1位になることは大方の予想通り。
昌磨ならクワドを飛ばなくても1位になったでしょう。
昌磨以外はみんなやらかしちゃってんだから。
いや、みんなやらかさなくても、ショートのアドバンテージで、クワド飛ばなくても優勝。

大ちゃんが「マジ!?」と2位という順位に驚いていましたが、あれは嘆きにも聞こえた。
男子フィギュアがヤバい!
1位と2位の差が50点あるってのもヤバい。

殿が滑っていたら3位に入ったかもしれまへんで。
いや、マジで。

まぁ、どうしても抜けてしまう世代ってのはあるんですけどね。
本来ならばここに山本草太くんあたりが入っていたはずだからねぇ。
それでも層が薄い。

しかし、それは世界的に見ても男子はここって国がないんだよねぇ。
女子はロシアVS日本だけど、男子は昌磨とネイサンが頭一つ抜けているが、3番手は予想できなかったファイナル。
だから、ま・・・そういう時代なんでしょうね。

シニアの代表争いはおもしろくない結果になりましたが、ジュニアワールドの代表争いは熾烈でしたし。
いや・・・シニアがふがいないからジュニアが上の順位にいたのか。
10位までにジュニアの選手が何人も入るって・・・・。
喜んで良いのか・・・(苦笑)

世界選手権5位の友野くん。
期待していたけれど、ジャンプが調整出来なかった。
今年は出来不出来の差が激しい。
でもグランプリシリーズで表彰台に乗れたんだから、連盟としは・・・できれば刑事より彼にワールドに行って欲しかったでしょうなぁ。
ファイナルに出ていれば・・・ちょっと対応は違ったと思うけど。

ジュニアの島田くん。
ついついランビに気を取られるけれど、クワドも跳べるし、ランビの弟子らしくスピンも美しい。
6位の鍵山優真くんはまだまだ子供w
中学生でこの順位ですよ。
お父さんとそっくりと本田武史さんも言っていました。
残念ながら、お父さんの演技は覚えていないのですが、タケシが出るまでは日本は彼しかいなかった。
膝が柔らかく、ジャンプも軽やか。
期待できそう。
そして山隈太一朗くん。
18才です。キスクラが楽しかったw←え?



男子は谷間の世代。
昌磨が頑張ってくれるでしょう。
ただ美穂子先生が言っていた通り
「もうやめてほしい。」
怪我をしても無理して出るほどの試合ではないよ。谷間なんだから。

実力が拮抗しているなら仕方ないけれど、五輪がかかっているわけでもない。
五輪がかかっていても、ワールドがかかっていてもスキップしてその枠を貰える選手に・・・昌磨もなっていると思うんだ。

全日本は3連覇。
羽生キュンがいない三連覇と昌磨も言っているけれど、試合に出場できるようにコントロール出来なかったのも実力のうち。

インフルエンザも仕方ないし、公式練習で怪我をしたのも仕方ない(やらんでエエ練習していたと思うけど)。
でも今回は、ドクターストップがかかっているのに強行出場して、全日本はスキップ。
昌磨に国内試合で負けるのが嫌なだけなんじゃないかとゲスパー。

大ちゃんに譲られた出場権。
せいぜい頑張ってください。
連盟の発表によれば、羽生キュンが取ったのは3枠目。
刑事は自力で2枠目を取ったんですから。
大ちゃんも枠を譲ってよかったよ。
もしこれを取っていたら、羽生キュンヲタにボロクソ言われていただろうから。

「世界と戦う準備ができていない。」ってのも納得です。
ワールドにでるなら、国際試合にも出ないといけないし、ハードスケジュール。
全日本のフリーを見ていたら、体力的にも厳しかっただろうし、ワールドで戦えるほどの実力もない。
もし4回転が決まっていれば、考えたかもしれないけど。

でもね、あのステップは泣けたわ。
そして、試合後のインタビュー。
清々しくて、楽しそうで、ええ顔してて、ワタシは笑いながら泣いてしまった。

現役バリバリの時代は、どこか不安げで、あんなに楽しそうなインタビューはなかったもん。
今、本当に楽しいんだなぁと思えただけで満足。

にほんブログ村 テレビブログへ   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとうれしいですm(_ _)m

コメント

  1. YOYO より:

    こんにちは。
    いやーほんと。男子は女子の1/4程度の層の厚さかなって感じでした。
    女子は皆レベルが高くて、
    BS放送分のランクが下の選手でも
    構成は立派なものだし
    可愛い子もたくさんいたしで
    かなり見応えありましたけども

    男子は最終Gでもクワドが決まらないっていう…で、その前のGではそもそも
    クワド入ってない選手がほとんどだし。

    大学生とかもうちょっとなんとか
    頑張ってほしいですね。

    そして刑事は、
    エキシでできてることを
    もっと試合でやれやと(笑)

    大ちゃんは大ちゃんで
    頑張ったしらしさも見えて良かったけど
    しょーまのあの魂の激演のあとだけに、
    かなりフリーは霞んで見えました。
    ちょっと緊張していたのだろうし、疲れもね。
    今季はなんやかんや
    時間が足りてなかったんですね。
    来季、ほんとの大ちゃんの演技を
    期待したいと思います。

    さかもっちゃんの優勝は
    マジで気持ちよかったです。
    まさに痛快。神演技。
    彼女という素材が
    ブノワ・リショーさんの
    コンテンポラリーな振付に
    新しい美しさをもってハマってますよ。

    マスゴミは紀平さんと決めつけて
    特番くんだりすごかったですが
    ショートの6分間練習のときの彼女は
    明らかに動揺してましたもんね。
    やはりまだジュニア上がりのもろさが
    あるなと思いました。

    神戸組の安定感は
    いかに無心で集中しているかの証ですかね。
    中野先生の指導力に感服いたします。

    それにしても舞依ちゃんの不運…不運というか恣意的なサゲ…
    さっとんのフリーは私なら142点くらいしか
    出しません。
    それでトータル舞依ちゃんの勝ちだったのに
    三原には消えてもらって、みたいな
    采配ですよね。怒りが…
    PCSも上位陣でひときわに低いし
    なんなんだと思います。
    四大陸では優勝を祈願します。

    白岩優奈ちゃん、謎の世界ジュニア派遣でしたね。彼女シニアに上がって2シーズン目だけど、なぜに?

    と、そんな疑問を残しつつも
    メダリストオンアイスの
    ノーカット版をBSで観ようと思います。
    地上波ではカットされた
    舞依ちゃんの演技や
    大ちゃんのマンボが楽しみです!

    • tarotaro tarotaro より:

      YOYOさん、こんにちは。
      コメ返遅くなりすみません。
      コメントありがとうございます。

      男子も女子もワールドや五輪が2枠になったこともあったものの……。
      男子ここまで層が薄いのかと。
      次から次へと有力選手がでてくるのに慣れてしまった(苦笑)

      クワドなくても勝てるってのは、国内だけですから。
      最終グループの選手でも女子の技術点と変わらない。
      それ以下の選手も。
      これじゃ世界に出られない。
      しかも昌磨の消耗が激しい。
      昌磨に金メダルを!!

      刑事はなんなんでしょうかw
      友野くんも。
      2人ともエキシの印象がつく(ジョジョとか犬のおまわりさんとか。)

      大ちゃんは準備期間が短かった。
      ショートならなんとかなってもフリーはキツイですよね。
      時間が短くなったけど、キツいってたいていの選手は言いますもんね。
      復帰が2年くらい速ければ。
      平昌は大ちゃんでしたね。

      大ちゃんは現役続行みたいなので、それが国内限定だとしても嬉しいです。
      関西では地方予選も放送されていました。
      関東もでしょうか?
      国内だけなら、若手の活躍強奪なんて言われませんよね。
      そもそも大ちゃんに負けてしまう若手が不甲斐ない。

      さかもっちゃんの優勝は気持ち良かった!!!
      彼女が優勝でなければ不満です。
      確かな技術力だけでなく、表現力も上がっていて。
      注目されていなかったのが、かえって良かったのかも。
      こう言っちゃなんですが、さっとんが完璧な演技をしても、坂本ちゃんが完璧なら叶わないのではないでしょうか。

      女子は実力が拮抗していますが、坂本、紀平は大失敗しなければ世界で1番も夢ではなさそう。

      紀平さんの注目度は高かったですね。
      負けても紀平ですから。
      あまりスケートを知らない人に
      「なんでトリプルアクセル飛んだのに2位なの?」
      聞かれましたが、ショートの失敗は無視かよ(笑)
      あのショートの点数も出過ぎだと思いました。

      神戸組の安定感は素晴らしい。
      なのに、坂本を上げるから三原はなしね。
      ってあからさまな連盟の差別はいかにも。

      さっとんはあきらかにジャンプが低かった。
      坂本さんのジャンプと加点が変わらないジャンプもありましたが、世界ではそこまで加点は貰えない。
      さっとんは国際大会で、わりと都合よく下げられたりあげられたりする選手だから……。

      舞依ちゃんのPCSは、なぜあんなに低いのでしょうか。
      毎年毎年うまくなっているのに。
      紀平さんは1年目ですが、かなり高いですね…。
      ジュニアあがりとしてはうまいと思いますが。
      ワタシも四大陸では舞依ちゃんの優勝を祈願します。

      白岩優奈ちゃん、謎の世界ジュニア派遣。
      ハマコーがごねたんでしょうか。
      もう、ハマコーとイケメン岳斗のキスクラもフンッて思っちゃって(爆)

      メダリストオンアイス、まだ見られてないんです!
      地上波のは録画したんですが、BSは予約も忘れていた!!
      土曜日放送を実家で予約します。
      教えてもらってよかった!!
      また地上波では舞依ちゃんをカットしたんですか!!
      大ちゃんのマンボはいつ観ても楽しい!!

      ところでワタシのTwitterのフォロワーさんに「YOYO」さんがおられるのですが、YOYOさんではないですか?
      同名なだけでしょうか。
      全然違ったらスミマセン!!

      今年もたくさんお話ができて楽しかったです!!
      来年も宜しくお願いします〜。

      • YOYO より:

        tarotaroさん

        こんにちは。ツイッターは違います。
        ツイッターは数年放置状態ですが
        ちなみに、ふじさわ妹ってアカウントです(笑)

        こちらこそ今年も楽しいブログ、思わず膝を打つブログを読ませていただきありがとうございました。

        年末年始は主人が5日間しか休みがないので奈良に帰るかどうか微妙ですが
        いつも奈良に行くとtarotaroさんと少し近所にいる…と嬉しくなってます←恋?

        白岩ちゃんは来季ジュニアの枠取り要員で派遣決めたそうですね。世界選手権までにジュニアの国際大会に出てミニマムを取ってから出るそうです。マチ子のところの長縄さん(彼女は表現力が恐ろしくゼロだけど、肩から下は素晴らしい)や、門奈組の荒木さんだと厳しかったのかな?荒木さん最近調子悪いですね。

        私が推していた川畑さんどうでした?
        今回も全日本ジュニアに続いて光る演技だったかなと思いますが。
        ただこれからシニアに上がる子には、正直言うと3Aかクワドを装備してほしい。

        まあ、かと言って誰もがシニアになっても飛び続けることができるジャンプじゃないですが、日本女子はロシア女子より体型変化が軽微だから、希望はありますよね。真央という奇跡もあったわけだし…^^

        • tarotaro tarotaro より:

          YOYOさん、こんばんは。
          コメントありがとうございます!

          Twitter違ったんですね。
          違うとは思っていたんですけど、同じHNだったんで。
          放置されているんですね〜。
          今度コソッと(?)検索しよう!
          実家にWi-Fi環境がないので、スマホを触る時間が減っています(笑)
          で忙しい。
          娘としてゆっくり休んで、正月は嫁に…。面倒くさ!!←コラッ。

          ワタシもYOYOさんが、大阪にいたとかおっしゃるとドキドキしますよ(爆)
          コチラこそ、コメントを入れていただくと、なるほど〜!
          と思って頷きさいています。
          スケートも朝ドラも!
          ホントいつもありがとうございます。

          白岩ちゃんは、シニアで今ひとつ弾けられないですね。
          クラウドファンディングで頑張っているのに………。
          枠取り要員だったんですね。

          荒木さん、昨シーズンが良かっただけに、今シーズンは………。
          長縄さんや荒木さんより白岩さんの方が安定しているかもしれないですが、それはそれでプレッシャーですね。
          ジュニアでも派遣されてよかったと開き直れたら良いですが、ロシアに勝てる気がしない。
          誰が出ても(苦笑)

          川畑さん、いいですね。
          ジュニアのなかでは表現力が際立っていました!
          ジャンプも気持ち良いですね。
          楽しそうな表情も良かったです。

          ワタシは青木さんの活躍に期待していたのですが、伸び悩んでいますね。
          ジュニアになれば国内負けなしくらいに成長するのかと思ってました。
          セカンドループもちでは樋口さんより青木さんオシでしたが……。
          でもセカンドループより高難度ジャンプですね。
          ジュニアから装備して欲しいです。

          坂もっちゃんも横井さんもあれだけ高いジャンプか跳べるなら
          3Aもクワドも装備できそうなのに…。
          ロシアのジュニアもずっとクワドルッツを跳べるかどうかは微妙です。
          でも、ジュニアのうちに跳んでいたら可能性はありますよね〜。
          跳ばないことには、始まらないです!