「機捜235Ⅱ」 ネタバレ 感想~朝倉あきちゃんが気の毒だ!

スポンサーリンク

今野敏サスペンス

原作はコチラ
今野敏『機捜235』

あらすじはコチラ→

放火犯を追った縞長省一(中村梅雀)と高丸卓也(平岡祐太)は遺体を見つけた。
弁護士の三浦は別宅で殺害されていたのだ。
三浦弁護士は、その日佐伯美佳(朝倉あき)と会う予定だった。
佐伯は息子・大地の親権を亡くなった大地の息子の父(大地の祖父)に取り上げられそうになっていた。
佐伯は12年前起きた殺人事件の犯人の娘だった。
そのせいで老舗の家の嫁にはふさわしくないと別れさせられた。
しかし大地の父が亡くなったら・・・大地の祖父は跡取りとして大地を取り上げようとしていたのだ。

縞長は12年前の事件の担当者が目黒の放火犯の目撃者・矢島崇(本田博太郎)だったことが気になる。
今では警備員だが当時は捜査一課の刑事だった。
佐伯美佳(朝倉あき)に矢島のことを知っているかと質問するが、知っていることは全て答えたと話す。
そして大地は生まれつき心臓が悪く手術をすることを知る。
そんな中、放火犯が逮捕された。
放火犯・田辺幸子(鳥居みゆき)は矢島崇(本田博太郎)が目撃した目黒の放火だけは否認する。
縞長(中村梅雀)は、矢島が機捜に三浦弁護士の遺体を見つけさせ初動捜査をするために放火したのえはないかと疑う。



矢島に世話になっていた高丸(平岡祐太)は矢島に聴取をするも捜査一課の刑事が矢島を連行した。
高丸は縞長に憤りを感じるも誤解はサクッと解けて仲直り。
矢島が何かを隠していると縞長と高丸が事情聴取をした。
矢島は12年前の犯人が佐伯(朝倉あき)の父親ではないと告白。
事件で聴取をしていた滝田という男が罪の意識にかられて担当刑事だった矢島に告白の手紙をよこしてきた。
滝田は佐伯の父に罪をかぶせた。
彼を犯人に仕立てた
その手紙を読んだのが二ヶ月前。
すでに滝田は亡くなっていた。
滝田は証拠として被害者のキャッシュカードを同封していた。
そのことを娘の佐伯に知らせたくて近づいたが本当のことを言えずに交流を続けていた。

事件の日、ドライブレコーダーの映像を提出した麻生公平(袴田吉彦)。
会社をクビになっていたのでドライブレコーダーを提出したくなかったのだ。
そこには佐伯が映っていた。

佐伯はあの日三浦弁護士を刺したことを認めた。
「殺人事件の犯人の孫だ」と大地に伝えると言われたからだ。
矢島に連絡し自首をすると言うが矢島に全て引き受けるから逃げろと言われ従った、
しかし…犯人は三浦の妻・三浦芳江(吉井怜)。
芳江は三浦のDVに悩んでいた。
佐伯(朝倉亜季)が来る前に離婚を切り出し殴られていた。
佐伯が走り去ったのを見て部屋にはいると、助けを求めたて旦那が倒れていた。
とどめを刺したのだ!



朝倉あきちゃんは一応傷害罪じゃないの?
本田博太郎さんも証拠隠滅に小火騒ぎを起こしたので・・・無罪ではないよね?
何事もなかったかのように公園で息子と遊んでいたけど・・・。
正当防衛が認められたのか??
えらく都合の良いところに果物ナイフが転がっていたし。
最初に果物ナイフを手に取ったのは朝倉さんだったし・・・正当防衛が認められるのかなぁ。
DVに悩んでいた吉井さん。
最初から吉井さんが怪しいとは思っていたけれど、それは須藤慎一(和田聰宏)との不倫かなんかかなぁって思っていたので、DVってのは意外でした。
ま、殺された三浦弁護士はかなり短気で暴力的な人間だと描かれてはいましたけどね。

12年前の事件が冤罪だとわかったときに、本田博太郎さんが警察に通報していたら、朝倉あきちゃんは今回の事件を起こさずに済んだのでは?
絶対に朝倉さんが犯人じゃないと思っていたのに、致命傷は負わせなかったものの傷害罪になり得ることをしていたと思うとやりきれないなぁ。
息子が懐いていたとはいえ、その原因を作った本田博太郎を許せるなんて。
もちろん冤罪の責任は本田さんだけのせいではない。
ちゃんと冤罪を発表することになったけど・・・。
気の毒だよねぇ。朝倉あきちゃん。



機捜チームに関しては徳田一誠(東根作寿英)と安永知世(山本未來)がめっちゃ良い人なのでまとまりも良いよねぇ。
良いチームだよ。
相棒に命を預ける。
沢口さんの機捜も捜査一課とは仲が悪いけど、チームは仲良しだもんね。

これがシリーズ2作目なのは覚えていたのだけど、中村梅雀さんをいろんなとこで見過ぎて、この梅雀さんは温和な人なのか無愛想な人なのかは覚えていなかった。
梅雀さん、働くよね~。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。
感想はコチラ
『機捜235』 ネタバレ感想~またか!金井勇太!
「機捜235Ⅱ」 ネタバレ 感想~朝倉あきちゃんが気の毒だ!

キャスト
縞長省一(中村梅雀)
高丸卓也(平岡祐太)
徳田一誠(東根作寿英)
大久保実乃里(秋山ゆずき)
佐野亜里沙(安座間美優)
安永知世(山本未來)
天童隆一(榎木孝明)

ゲスト
矢島崇(本田博太郎)
佐伯美佳(朝倉あき)
麻生公平(袴田吉彦)
須藤慎一(和田聰宏)
三浦芳江(吉井怜)
田辺幸子(鳥居みゆき)
石黒健也(勝村政信)

コメント

  1. saki より:

    ようやく見ました。吉井さんは最初から怪しかったけど…

    朝倉あきちゃんを取り調べてなかったからだけど、刺し傷が2ヶ所あったこと、司法解剖で、いやそれ以前に見た目でわからなかったのかしらん。
    マリコなら秒で見抜くはず(笑)

    マリコのきそうでは、一課がものすごく感じ悪いけど、こちらはいいですね。

    • tarotarotarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      ワタシも2回も刺されているならどっちが致命傷なのか調べるよな~って思いました。
      蒲原くんでも検死の段階で気づくと思うw

      マリコの機捜は捜査一課から煙たがられてますよねぇ。
      でもコチラは・・・・榎本さんがついているからやりたい放題なのかもw