「遺留捜査」第5シリーズ 第1話 ネタバレ 感想~京都の科捜研は現場に行ってナンボ!

スポンサーリンク

 初回2時間スペシャル

あらすじはコチラ→

住職(平泉成)の娘・ゆかり(松下由樹)も殺された。
黒幕かと思われていた鵜飼(ヒマ課長に似ている長江秀和長江英和)も殺された。

犯人は中村俊介

遊井亮子が見つけた仏像も、松下由樹が持っていた仏像も贋作だった。
贋作を作った男の息子が中村俊介だった、

数十年前、中村俊介の父はレプリカで作っただけなのに勝手に売られた。
なのに父は失脚し、離婚。
母と暮らすことになった。
京都で、偶然父の木彫りの根付けを見つけた。

「もう一度、日の目をみせてやりたい!」
中村俊介は鵜飼と結託し、父に贋作を作らせる。
しかし二人の計画に気づいた遊井亮子が出し抜き、仏像を見つけた発表。

松下由樹の持っていた贋作を取り戻そうとしたが、返してくれないので殺害。
その容疑を鵜飼にきせるだめに、鵜飼も殺害。

平泉成は娘・松下由樹を檀家への詐欺が原因で、縁を切っていた。
しかし松下由樹は詐欺なんぞ働いておらず、檀家さんに感謝されていた。
真実を言うことなく、松下由樹は父に従い勘当されていた。
父娘はわかり合えることがなかった。




三浦浩一さんはただの脅しで「また被害者がでる」なんて言っていたのか。
荒いわ~。不謹慎だわ~。

松下由樹が持っていた仏像は、原木が50年前の贋作。。
遊井亮子が見つけた仏像は、原木が700年前のものだけれど、仏像から現代の彫刻刀の成分が出てきた。
なので贋作。
700年前の原木はどこで見つけたんだろう・・・。

初回だけあって、豪華ゲストで登場人物も多かった。
だけれど、最初から怪しかった中村俊介(爆)
何かと絡んできてたもんね~。
ミスリード発言も多かったしさw

でも、松下由樹がわりと早い段階で亡くなって驚いたわ~。
松下さんが犯人を演じるのも希だけど、殺されるのも珍しいなぁ。
しかも・・・最後まで救われない。
悲しい役でしたわ。
住職のくせに娘のことも信じられず、5億円の仏像のことを気にかける父・・・・。
娘のほうが住職に向いている。

で、結局、柄本明もグレーゾーン。
証拠はないけれど、黒幕かも?

今回、段田安則さんがいない・・・。
舞台でもされているのか?

「京都の科捜研は現場に出るので有名」はお約束w
村木(甲本雅裕)さんと糸村さんのやりとりはアドリブが多めなのか?
救われない話だったけれど、この二人のやりとりにほっこり!

鴨川も穏やかだったわ。
この間の大雨、ひどかった。
撮影に影響がないのと良いのですが。

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ
「遺留捜査」第5シリーズ 第2話 ネタバレ 感想~村田雄浩、デパート辞めるってよ。
主題歌はコチラ


小田和正『やさしい風が吹いたら』『小さな風景』
キャスト
糸村聡………上川隆也
神崎莉緒……栗山千明
雨宮宏………永井大
滝沢綾子……宮﨑香蓮
岩田信之……梶原善
村木繁………甲本雅裕
佐倉路花……戸田恵子

ゲスト
平泉 成、松下由樹、中村俊介、遊井亮子、三浦浩一、六角慎司、柄本 明 他

第4シリーズ感想はコチラ
「遺留捜査」 第4シリーズ 第1話 ネタバレ 感想~緊急事態に備え「手旗信号」を覚えよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加