『いだてん』第30回 感想~敗者にとっての実感放送は酷

スポンサーリンク

~「黄金狂時代」


「いだてん」前編

あらすじはコチラ→

1932年、ロス五輪が開幕。
大会運営側の妨害にあう。
それでも臨場感のある実感放送だった。

全種目制覇。
しかひ……。
大横田(林遣都)が腹を壊す。
リレーは大横田の代わりに、勝っちゃん(斎藤工)待望論がでるが……。
かくちゃん(皆川猿時)が反対する。
日本を明るくするために。
かくちゃん、鬼となる。

大横田がいなくてもリレーはぶっちぎりで優勝。
しかし400m。
大横田は銅メダルに終わる。

一方、治五郎(役所広司)はIOC総会で五輪招致の立候補を表明。
しかし立候補国が9カ国もある。
次の候補地ドイツのヒトラーは五輪不要論者。
もしヒトラーが事態すれば日本にチャンスあり。
しかしヒトラーのような独裁者を許せない治五郎。
スポーツが政治利用されてはいけない。



いや〜。
今日も楽しかった。
紀行の北島康介まで…楽しかった。
個人種目だけどチームワークも必要。
リレーって盛り上がるよな…。

北島康介は手ぶらで帰ってこなかったけど、勝っちゃんは手ぶらになってしまった。
勝っちゃんの複雑な表情…。
それでも大横田を抱きしめる勝っちゃん。
北島康介が「頼もしい後輩が育った」と言っていたが勝っちゃんもそんな気持ちだったんだろうな。

実感放送は勝利すれば楽しいけれど、負けたらキツイなぁ。
負けから得られるものはたくさんあるんだろうけど、選手は謝罪するしかないなんて。
大横田くんは立派な銅メダル。
アメリカ人との体格差半端ない中での銅メダル。
世界で3番目。
金栗四三もそうだったが、4年に一度の五輪にピークを合わせ、体調を合わせることの難しさよ。

そしてヒトラー。
ヒトラーは五輪無用論をかかげていたのか。
なのにベルリン五輪は開催された。
プロパガンダに利用したような…。
大河ドラマにヒトラーやムッソリーニが出てくるなんてね。

「いだてん」の感想はコチラ

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

キャスト
田畑政治・・阿部サダヲ
金栗四三・・中村勘九郎
高石勝男・・斎藤工
大横田勉・・林遣都
野田一雄・・三浦貴大
鶴田義行・・大東駿介
小島一枝・・佐々木ありさ
前畑秀子・・上白石萌歌
松沢一鶴・・皆川猿時
マリー・・・薬師丸ひろ子
緒方竹虎・・リリー・フランキー
酒井菊枝・・麻生久美子
河野一郎・・桐谷健太
春野スヤ・・綾瀬はるか
東龍太郎・・松重豊
高橋是清・・萩原健一
美濃部りん・池波志乃
美津子・・・小泉今日子
五りん・・・神木隆之介
永井道明・・杉本哲太
二階堂トクヨ・寺島しのぶ
嘉納治五郎・役所広司

美濃部孝蔵:森山未來(語り)
古今亭志ん生:ビートたけし(噺)
ほか

コメント