『いだてん~東京オリムピック噺~』第5回 感想~治五郎先生に抱っこしてもらえた!

スポンサーリンク

「雨ニモマケズ」

あらすじはコチラ→

「いだてん」前編

金栗四三(中村勘九郎)は、およそ40キロを走るマラソンに初めて挑む。
序盤は抑えめに走り、後半まくるスタイル!
なんと当時の世界記録を22分も上回るタイムで完走。

四三の記録は号外にもなり、新聞にも掲載された。
四三、英雄!!
学生寮でも大盛り上がりの祝勝会。
同郷の美川くんがさみしがるくらいの、どんちゃん騒ぎ!

しかしやっぱり足袋が使い物にならない。
足袋を改善してもらおうと足袋屋に行くが、職人気質の大将は怒って四三を突き飛ばす。

ちなみに審査員だった三島弥彦(生田斗真)は短距離部門で一等賞。

そして、大運動会当日。
古今亭志ん生も師匠の橘家圓喬と運命的な出会いをした。



初回のエンディングとリンクした本日。
初回は嘉納治五郎(役所広司)の目線で描かれていて、エンディングにいだてんがファッサーッとやってきて感動したんですよ。←ふぁっさーっで良いのか?
今回は四三(中村勘九郎)目線。

ゴールを切って、治五郎に抱きかかえられる四三を見て、感動してしまった。
デカくなって、上手になって、治五郎に抱っこされた。←抱っこではないけど。
良かったねぇ。
ゴールで抱きしめられたのは、一等賞だったから。
四三、良かったよ。ホント、良かったね。

野口(永山絢斗)の盗み食いは史実だそうで。
しかし・・・・40Km。
やっぱり本当に世界記録だったのか・・・?
女性新聞記者(山本美月)でなくとも疑いたくなる。
今更、検証のしようもないけどさw

で、美川(勝地涼)は寂しそうだったねぇ
すごい記録をだしたのに、どこまでも謙虚な四三。
みんなに祝福される四三を遠巻きにみる美川君。
美川君は四三を見下していたわけではないけれど、心中複雑であろう・・・。
ちょっとだけ目立ちたい子だと思うし。
しかし、美川くんが抱いていた猫・・・。
ちょっとデカ過ぎない??

三島は短距離、No.1。
なのに三島家では黙殺されてしまう。
でもオリンピック代表にはなるんだから・・・・この一家も波乱の予感。

今回、古今亭志ん生(ビートたけし)の噺と大運動会が上手い具合に絡み合っていたなぁ。
今までで一番、良かったんじゃないか。

高座で居眠りする古今亭志ん生。
オチだけ「芝浜」ってのも良かったw

ほんで、やっぱり子役を見つけるのが上手なNHK。
播磨屋の息子が可愛い過ぎる~。
あんなに四三を慕っていたのに、父ちゃんが激怒。
「塩をもってこい!」
と言われたら、塩をおもいっきり四三に投げつける!

「べーーーだ!」
ってさ。
可愛すぎるよ。

大河ドラマって子役にも支えられているんだねぇ。



「いだてん」の感想はコチラ

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

キャスト
金栗四三……中村勘九郎
田畑政治……阿部サダヲ
春野スヤ……綾瀬はるか
池部幾江……大竹しのぶ
金栗実次……中村獅童
小梅…………橋本愛
清さん………峯田和伸
美川秀信……勝地涼
岩田幸彰……松坂桃李
東龍太郎……松重豊
美濃部りん…池波志乃
美津子………小泉今日子
五りん………神木隆之介
橘家圓喬……松尾スズキ
三島弥彦……生田斗真
三島弥太郎…小澤征悦
大森安仁子…シャーロット・ケイト・フォックス
三島和歌……ピエール瀧
永井道明……杉本哲太
大森兵蔵……竹野内豊
嘉納治五郎…役所広司

美濃部孝蔵:森山未來(語り)
古今亭志ん生:ビートたけし(噺)
ほか

コメント