『いだてん~東京オリムピック噺~』第2回 感想~久野倫太郎くんのシーンはドキュメンタリーみたいで。

スポンサーリンク

「坊っちゃん」

あらすじはコチラ→

「いだてん」前編

あらすじにほぼすべてネタバレが(苦笑)

画面の切り替えがせわしなく時系列も場所もポンポン変わって目が離せなかった。
金栗四三だけでなく、古今亭志ん生の人生もシンクロさせるのね。

金栗四三が生まれた時の新生児ちゃんも、小学校入学前後の子役くんも、小学校時代の子役君も。
えらく駆け足。
いだてんだけに(爆)

特に、小学校入学前後の子役くんが良かった。
自然で。

演技経験ゼロだそうです。←日刊スポーツの記事に飛びます。

地元の小学2年生、久野倫太郎くん。
撮り方もうまかったんだろうね。
勉強部屋に入れられて泣いている顔もホントに自然で。
倫太郎くんのシーンだけドキュメントみたいだった。



予告にて勘九郎が出てくることはわかっていたんだけど、子役から勘九郎へのバトンタッチが早かったw
勘九郎・・・やっぱり歌舞伎の人だなぁ。
そして、どんどん父親に似てきたなぁ。

このドラマはやたら裸になるねw
で、今回は勘九郎が裸に。
まさか窓枠で局部を隠すとは!!

そして二回目にしてヒロイン綾瀬はるか登場。
アラサーと思えない可愛さ。
あの自然の中に綾瀬はるかを見ると、「精霊の守り人~最終章~」を思い出す。
なぜかバルサを思い出したよ・・・。

ラマーズ法ががマラソンの呼吸法・・・?
ラマーズ法で合っているかしら?
吸って吸って吐いて。
スッスッハー
そういえば、ワタシが小学生のころ、朝のマラソンでもあの金栗式呼吸法を教えられた気がする。
あの呼吸法をしても、マラソンは早くならなかったし、しんどかったので金栗さんは日頃の鍛錬が違うんだろうねぇ。
マラソンが早いだけでなく、頭も良かったようだし、すごく真面目だし。
これからいろんなモノに巻き込まれると思うと、ちょっと切ない。

でも楽しみです。
さて、来週は・・・受験リベンジ!!



「いだてん」の感想はコチラ

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

キャスト
金栗四三:中村勘九郎
田畑政治:阿部サダヲ
春野スヤ:綾瀬はるか
池部幾江:大竹しのぶ
金栗実次:中村獅童
金栗信彦:田口トモロヲ
小梅:橋本愛
清さん:峯田和伸
岩田幸彰:松坂桃李
東龍太郎:松重豊
美津子:小泉今日子
五りん:神木隆之介
三島弥彦:生田斗真
可児徳:古舘寛治
永井道明:杉本哲太
大森兵蔵:竹野内豊
嘉納治五郎:役所広司

美濃部孝蔵:森山未來(語り)
古今亭志ん生:ビートたけし(噺)
ほか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加