『エール』 第29回 感想~傷つく裕一を見たくないのは母の愛?

スポンサーリンク

第29回(第6週)「ふたりの決意」


あらすじはコチラ→

光子に背中を押され、もう一度コロンブスレコードを訪れた音。
ハッタリをかまして廿日市に会う。
廿日市は慌てて契約を申し出る
1年に3500円と破格の契約内容に驚く音。

音は契約者を持って福島にやってきた。
まさと対峙する。
「もし私がお気に召さないのなら身を引きます。
それでもどうか。
裕一さんに音楽を捨てさせないで下さい。」
裕一が傷つくところを見たくないと頑ななまさ。
「諦めた今が一番傷ついています。」
「音楽そばにあるかぎあり、裕一の心は傷つきます。
もう傷つく裕一を見たくないんです。
あなたも子供を持てばわかるわ。
成功を求めて傷つくより、身の丈に合った幸せをみつけて欲しい。」
「彼の身の丈は世界にとどろく音楽家です。」
「ありがとう。嬉しいわ。でもね。
選ばれる人って、導かれていくものだと思うの。
留学が決まった時、裕一ももしかしたらそんな人なのかと思ったわ。
こんなに大きな夢を見せたれて。
なのに世界が不況だからった留学は取り消し。
裕一は傷つけられた。
どうかお引き取り下さい。」


様子を見ていた三郎は慌てて川俣の銀行に行く。
その頃、裕一は寝たきりになった茂兵衛の妻の病室にいた。
目を覚まさない裕一に母親になる人だと紹介。
下宿に戻った裕一に音が来ていることを話すが、裕一は自分には関係がないと表情を変えない。
自分は権藤裕一だ、三郎にも銀行に来ないで欲しいと頼む。

淡々と銀行の仕事をこなす裕一。
そんな時、鉄男も裕一の留学取り消しを知る。
いつものように教会にいた裕一に音が会いに来た。
音はレコード会社を回ったことを話す。
こんな田舎者、誰も相手にしないよという裕一に契約者を差し出す。
「コロンブスレコードが契約してくれるって
裕一さん認められたんだよ。
もう一度音楽を続けよう。」
「ありがとう。」
そう言いながらも心を開かない裕一。
「これ断ったら終わっちゃうよ。
本当に終わっちゃうよ」
「音さんは音さんの人生を歩んで下さい。」
「おめえ何言ってんだ!」←誰?ととっさに呟く音に笑うw



鉄男が現れ、裕一に叫ぶ。
いつからそんなにひねくれてんだと怒る鉄男。
「東京に行け。
俺も行く!
作詞する。
俺が詩を書く。
お前は曲作る!」
「何で?何で?
何でみんな・・・みんな・・僕のことをほうっといてくれないんだ。」
「救われたからよ。
励まされたからよ。
元気をくれたから!
みんな・・・あなたに幸せになって貰いたいの!
自分の人生を歩んで欲しいの!」

教会から出ていく裕一。
下宿の部屋の隅に座り雷鳴とどろく中、自分の人生と家族の幸せについて悩む裕一

牧師さんのこころの広さよ(爆)
若者たちの悩みに寛容なのね。
小山田(志村けん)さんの本心はわからぬまま。
出演シーンが少ないのかしら?それだと残念。
とにかく3500円はスゴい!
あと・・・お姉ちゃんのお見合い相手の名前がわざわざ載っていたのでお姉ちゃんも結婚すんのかな?
昨日、書かなかったけれど、お見合いに妹が出席してお母ちゃんが来ないのってアリ?
あんなに頻繁に東京に来てるのなら、光子が出席するべきなんじゃ?

んで、裕一の母。
なんだろうなぁ。
かたくな。
裕一が傷ついているところを見たくない?
裕一は小学生の頃からいじめられていたけれど、そんなことにも気づいてなさそうだったし。
もっとおおらかなイメージだったけどなぁ。
あと桃子さんと東北弁は合ってないなぁ。
聞き取りにくいわ(苦笑)

やらない後悔よりやって後悔!
雷おこしは砕けるまで噛め!
ってな薬師丸ママと桃子ママ。
正反対の二人・・・。
しかし桃子ママ。
今の裕一を見て、これで良いって思っているのかなぁ。
その内に幸せになると?
そういう考えもあると思うけれど、三郎と結婚したのは権藤の家から早く出たかったからと言っていたのに、気の弱い裕一を権藤家の生贄にするのは母の愛だと思えない。

音の性格はヒロインそのものねぇ。
行動力も素晴らしい。
今日は音のセリフが全て生き生きしていて良かったな!
しかしこれ・・・一日に起きたんだろうか?
イマイチ・・・時間経過がわからん(爆)

裕一はウジウジしてるけど、もともと彼はこうだった。
その上、弟・浩二に「嫌い」って言われたことが突き刺さりまくってんのね。
東京に出たら・・・家族も権藤家も捨てる事になる。
だけど今日は木曜日、明日には決着。

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はGReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山三郎・・・唐沢寿明
古山まさ・・・菊池桃子
古山浩二・・・佐久本宝
権藤茂兵衛・・風間杜夫
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
藤堂清晴・・・森山直太朗
関内 音・・・二階堂ふみ
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内安隆・・・光石研
関内 吟・・・松井玲奈
関内 梅・・・森七菜
落合・・・・・相島一之
鈴木・・・・・松尾諭
昌子・・・・・堀内敬子
松坂・・・・・望月歩
廿日市誉・・・古田新太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
小山田耕三・・志村けん
語り・・・・・津田健次郎

コメント