『スカーレット』 第138回 感想~変らない一日を

スポンサーリンク

第138回(第23週)「揺るぎない強さ」

「スカーレット」感想はコチラ→

DVDはコチラ

あらすじはコチラ→

武志(伊藤健太郎)の入院生活を支える喜美子(戸田恵梨香)。
八郎(松下洸平)は会社を辞めて武志のそばで暮らすことを申し出るが喜美子に止められる。

病院から帰った喜美子は武志が完成させたジョージ富士川の絵本を見ていた。
そこに八郎と信作がやってきた。
会社を辞めて武志のそばで暮らしたいという八郎に武志が完成させた絵本を見せた喜美子
そこには誰と過ごしても
”変らない一日を過ごしたい”
と書かれていた。

武志は大崎医師に通院治療に切り替えたいと申し出た。
大崎医師は血液検査の結果を見てから考えると答えた。
病院には照子の家族、大野一家などなど知り合いが次々押しかけて武志を励ます。
夜、八郎が武志を見舞い、フカ先生の葉書を見てあれこれ相談。
八郎が帰り際、武志が倒れてしまう。
武志は微熱があったものの倒れた時に打った頭部には問題がなかった。
喜美子が慌てて駆けつけると、八郎と真奈がいた・
八郎が気を利かせて、真奈と二人になる武志。
”大丈夫?”
メモに文字を書く真奈。
「どこまで病気のこと聞いたん?
治すのが難しい病気や。」

”手をつないでもいい?
武志の手を両手で握る真奈。
握り返す武志。

それから1週間ほどで退院をした武志。
アパートは引き払って、実家に戻ってきた。


久しぶりに登場のやんやん(照子の母)。
うるさい(爆)
個室ちゃうぞ~~!!!
ばあちゃんは耳が遠いから声がデカいのかw
そしてマギーはなぜラジオを同室の男の子にあげていたのか?
みんながみんな武志を励ます。

しかし武志は倒れる。
ベタな展開・・・と言えばそうだけど、武志は倒れる持ち直す。
これを繰り返すんだろうな。
切ないなぁ。

武志にはフカ先生の絵はがきの”青”を表現して欲しい。
ハチ超えをして欲しい!!
当たり前の毎日を過ごすことはとても難しい。
今、まさに今、それをひしひしと感じている。

真奈ちゃんはなんで筆談w
しかし懐かしのガーゼマスク。
みんな顔が小さいな。
ガーゼマスクで顔の下半分隠れるってさ・・・。

来週は、この間会えなかったサダ(羽野)&溝端淳平。
また懐かしい面々が。
そしてちや子さんはいろんな面で支えてくれそう。
”絶対に負けへん”
って喜美子の言葉。
コレ、信じてついて行くしかないなw
穴窯の時と違って、逆風はないはず。

あと2週間。
武志が亡くなる最後ではなく、闘病中に終わるのもあり?
最後まで、武志、生き抜いて!って思うよ。


    
    

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原武志・・・・伊藤健太郎
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
鮫島直子・・・・桜庭ななみ
大野百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
掛井武蔵丸・・・尾上寛之
石井真奈・・・・松田るか
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
大崎茂義・・・・稲垣吾郎
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント