『おちょやん』 第26回 感想~進太郎は武志(@スカーレット)

スポンサーリンク

 第26回(第6週)「楽しい冒険つづけよう!」


あらすじはコチラ→

千鳥の世話係をひたむきに続ける千代。
セリフ覚えも早い。←千鳥に声に出すと下手クソが感染るからやめろと怒られる。
四つ葉のクローバーを見つけるのも上手くなる。←こういうのはたまに見つかるからありがたいんだと怒られる。
千鳥の不条理にも上手く立ち回る千代。
しかし目に見えて千鳥一座の客入りは減る。
とうとう三楽劇場の劇場主から、半月後には出て行って欲しいと言われる。
座員の清子は、一座に客を呼び込むため、子供に人気の芝居『正チャンの冒険』の公演を再び提案する。
千鳥は猛反対だが、千鳥抜きでの上演が決まった。
千代もねずみ3を貰う。
カフェキネマで役を貰えた!と話す千代に
「ねずみがなんで喋るねん?」
「セリフ一言だけ」
「1でもなく2でもなくねずみ3て!」
とみんなに突っ込まれるがナンバーワンの純子は、大事な役だと話す。
純子は『正チャンの冒険』に詳しかった。
なんと純子にはまだ小さい息子がいた。
別れた夫の仕事の都合で3日ほど預かっていたのだ。
息子の進太郎は千代の芝居を見たいと話すが、上演の頃にはまた元夫のもとに帰らなければならない。
悲しそうな進太郎。
初稽古に励む千代だが、一言のセリフも満足には言えないほど下手クソだった。


白タイツの進太郎、可愛いなぁ。
千代が弟のヨシヲと別れた時と同じくらいの進太郎。
ヨシヲのことを思い出してしまうわね。
んで、スカーレットのチビチビ武志役の子やん!!
チビ武志は道頓堀編で成田凌の子ども時代を演じていました。
その翔真くんの前の武志。
あぁ、あの武志の声。
変わらず高くて可愛いわ。
ホントに可愛いなぁ。
そして・・・スカーレットの再放送。
いつ見られるんだろうと思いをはせる。

千鳥一座は女ばかりなので、この劇場を離れたらどこも受け入れてくれない・・・らしい。
この劇場の主は千鳥を贔屓にしていたのね。
そりゃそうよね。
こんなに美しいんだから。
だけどもうホントに客が入ってないからさ。
しかも客・・・寝てるし。
千鳥は自分の理想のお芝居をしたいのだろうけど、でもねぇ。
それはただのエゴですわな。
なんでここまで意固地になるのか。
清子は千鳥に恩があると思っているらしいけど、他の座員はどうなんだろう?

で・・・千代。
もちろん下手クソ。
まぁ、そりゃ最初から上手いわけないしさ。
展開が早いようで遅いような。
浪花千栄子さんって国民のお母さんって呼ばれたとか。
今の千代からはまだまだ想像できない。
いつワープするのか、ちょっとヒヤヒヤです。

「おちょやん」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:「泣き笑いのエピソード」秦 基博

キャスト
竹井千代(杉咲花/幼少期:毎田暖乃)
宮元潔(西村和彦)
若崎洋子(阿部純子)
宇野真理(吉川愛)
岡田シズ(篠原涼子)
天海一平(成田凌/幼少期 中須翔真)
高城百合子(井川遙)
竹井テルヲ(トータス松本)
守屋(渋谷天外)
薮内清子(映美くらら)
山村千鳥(若村麻由美)
語り/黒衣・桂吉弥

コメント