『いだてん』第44回ネタバレ感想~「金も出して、口も出したらいい」って言霊

スポンサーリンク

~東京オリムピック噺~「ぼくたちの失敗」


「いだてん」前編

あらすじはコチラ→

アジア大会に出た戦犯にされてしまう、まーちゃん。
津島はまーちゃんを道連れに辞任をすることになった。

解任されたまーちゃんの記者会見。
「辞めたくない」
と最後まで言っていた。

一方、新章は五りんとの落語二人会を企画。
二人会当日。
五りんは、若き日の志ん生のように着物を質屋に入れ、「旅足袋に出ます。」と楽屋に書置きを残し姿をくらます。


まーちゃん。
治五郎先生とも対立・・・ま、その前に水泳協会とも対立していた。
嫌われ者だったかもしれない(爆)←まっちゃん談
敵の多い人生でもここまでちゃんと引っ張ってきた。
だけど・・・相手が政治家となるとそうはいかないのよね。
根回しはするし、汚い。

国会にまで出ていくことになり・・俺のオリンピックを回想。
「どこで間違ったんだろう。」
と・・・。
すると
「金も出して、口も出したらいい」
高橋是清に言ったのはまーちゃんだった。
そう、言い出しっぺはまーちゃんだったのだ。
こうなる運命だったのねぇ。
しかし・・・どんどん回収されていくのね。凄いな。

マリーさんがまーちゃんの名前をわかっていなかったとことか、まっちゃんの嫌われ発言とか。
面白いところはあったものの切なかった。
最後は、俺のオリンピック(模型)をみんなが届けてくれて、顔と顔と顔と顔!
で明るく追われたのがよかったけどさ・・・やっぱりツラかった!

まーちゃんも四三も最後まで走りきれなかったのね。
最後まで走りきりたかったのにね。

今回、唯一と言って良い悪役・川島さん。
まーちゃんから見たら、川島さんが悪役だけど、川島から見たらそうではないんでしょう。
これぞ大河ドラマだね。

で、紀行はまーちゃんの息子さん。
息子さん、いるとは知っていたが、本編では全然出てこなかったからさ~。
ま、実際、息子さんの運動会すら行っていなかったんだから、母子家庭みたいなもんだったのでしょうか。
そして・・・岩ちゃん。
下手したら桃李より男前だよね?
岩ちゃんのブロマイドが欲しいッス!!!

「いだてん」の感想はコチラ

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

キャスト
田畑政治・・阿部サダヲ
金栗四三・・中村勘九郎
平沢和重・・星野源
松沢一鶴・・皆川猿時
マリー・・・薬師丸ひろ子
緒方竹虎・・リリー・フランキー
酒井菊枝・・麻生久美子
春野スヤ・・綾瀬はるか
東龍太郎・・松重豊
美濃部りん・池波志乃
美津子・・・小泉今日子
五りん・・・神木隆之介
川島正次郎・浅野忠信
嘉納治五郎・役所広司
美濃部孝蔵:森山未來(語り)
古今亭志ん生:ビートたけし(噺)
ほか

コメント