「警視庁・捜査一課長 2020」 第6話 ネタバレ感想~テレワーク捜査のほうが面白いかもね。

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

殺された日比野近郎(津村知与支)は、熊木貴代(釈由美子)の夫が殉職した事件に遭遇していた。
釈由美子と関わるようになった日比野は、釈由美子をつけ回している男がいつことに気づく。
それがキャンプの達人は森野(比留間由哲)。
釈由美子は森野にすっかり騙されているのか、庇っていたが大福(斉藤由貴)のむりくり献身的な捜査のおかげで心を開く。
森野を任意同行。
森野は後妻業のような男(後夫業??)で、未亡人の女性から金を巻き上げて暮らしているらしい。
釈由美子に近づいたのも退職金が目当て。
日比野は森野に文句を言いに来たため
「お前の会社相当腐ってる
上層部はヤミ金と裏で繋がっている。」
と言い返した。
日比野は釈由美子の夫が殉職した事件で、彼が拳銃を使わなかったのは、写真撮影をしていた女性に流れ弾が当たるかもしれないからだったと・・写真を見せながら説明する。←もう・・・ほんまに回りくどいっ!
その写真をたき火の中に投げ捨てた森野。
日比野は慌てて、そこらへんにいた子供たちから水鉄砲を借り消火。
で・・・なぜか子供たちから「その水鉄砲をあげます!」とプレゼントされる。←なんでよ?なんで子供が大人に水鉄砲あげるんよ?←日比野、そんな可哀想に見えたん?

んでもって、夜、散歩していたら日比野が殺されていた。
遺体の近くに水鉄砲があったと森野の証言。
その写真はよく見ていなかったので、誰が映っていたかわからないと言うことで・・・。
ローラー!!!!


犯人は日比野の同僚・草村愛花(篠原真衣)

休日出勤していた二人。
キャンプ場(南城島?やったかな通称南の島)から戻った日比野は会社を辞めると言い出す。
休日出勤していたのは、裏帳簿の書類整理のためだった。
愛花はその日比野を監視する役だった。
釈由美子の夫の死。
勇敢な警察官。
南の島に行って、そんな大人になりたいと思っていた自分を取り戻した。
自分に嘘をつくことが出来なくなった
「全てを話していちから出直す。」
それを聞いた愛花は、自分だってこんな大人になりたくなかったが、仕方ないのだ!と日比野を突き飛ばす。
すると・・頭をテーブルで打ち付けて、日比野死亡。

殺害現場は会社だったが、せめてなりたい自分を取り戻した場所に連れて行ってやろうと、会社にあった膝掛けを4枚と台車を使って遺棄。
だから4種類の香水が日比野の体に染みついていた。




とんでもない話だった。
それを楽しめってことなのか?
最近、テレ朝の被害者の死に方はテーブルに頭を打ち付けてばっかり。
それ以外の殺害方法は、20時台は無理なんでしょうか?
絶対、死なねーし!!!
即死はないっしょ?
いつまで「はぐれ刑事」の死に方を使うねん!!!

被害者もよくわからなかったなぁ。
あの現場にいたから。
だから警察官をリスペクト?
で、その警察官の妻子に近づく・・・気持ち悪い。
そして後妻業の男・森田も気持ち悪い。
釈ちゃん、変な男に二人もつきまとわれてんのに誰にも相談しなかったのか?
その二人が言い合いしてんのも気持ち悪くない??
しかも殺された日比野は
「トリャトリャトリャ!」
って言いながら水鉄砲でたき火を消火やで?
なんか変。
もう変すぎる。

殺人犯の女も変。
せめてキャンプ場で死なせてあげよう?
一流会社らしいけれど、めっちゃキャンプ場に近いん?
台車に遺体を乗せて運んでもだれも気づかないくらいにキャンプ場に近いん?
裏帳簿の監視役ってなんなんよ。
そんなん言うたら、監視役の監視役も必要なんじゃ?
そりゃもう裏帳簿じゃねーし。
後妻業の男はなんで裏帳簿やヤミ金事情に詳しいのん?

笹川刑事部長の登場シーンはもう狂気やで。
ビビからの笹川刑事部長。
ビビがテントから顔を出していたのは可愛かったなぁ。
でも脚本むちゃくちゃ。
そして今シーズンの内藤剛志さん。
ちょっと滑舌が悪くなった気がする。
もともと滑舌がめっちゃ良かったわけでもないが・・・。

で、滑舌悪いなんて思っていたのに来週は《テレワーク捜査会議》!!
毎週のようにこれ以上面白くなくなることはないと思っているんだけど、どんどん更新していくねん。
でも・・・来週はテレワークに助けられると思いたい!!!
今のオールテレワーク捜査が許されるドラマだと思う。
もう合成でも良い。
ここまでコントにしか力をいれていなかったんだから、テレワークで大丈夫。
なんならローラーもテレワークでできるはず。
それで良い。
もうヤケクソ(爆)

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

GLIM SPANKY『Singin’ Now』
感想はコチラ
「警視庁・捜査一課長 2020」 第1話 ネタバレ感想~おはぎ、こんにちはさようなら。お帰り大福!
「警視庁・捜査一課長 2020」 第2話 ネタバレ感想~笹川刑事部長、手旗信号でヒントタイム。
「警視庁・捜査一課長 2020」 第3話 ネタバレ感想~単純な事件&岡江久美子さん(泣)
「警視庁・捜査一課長 2020」 第4話 ネタバレ感想~上島竜兵だなんて聞いてないよー!
「警視庁・捜査一課長 2020」 第5話 ネタバレ感想~大福の勘が全てだ。
「警視庁・捜査一課長 2020」 第6話 ネタバレ感想~テレワーク捜査のほうが面白いかもね。
「警視庁・捜査一課長 2020」 第7話 ネタバレ感想~自粛期間中にビビが丸くなりました。
キャスト
大岩純一・・・内藤剛志
武藤広樹・・・矢野浩二
天笠一馬・・・鈴木裕樹
奥野親道・・・塙宣之(ナイツ)
大岩小春・・・床嶋佳子
小山田大介・・金田明夫
平井真琴・・・斉藤由貴
笹川健志・・・本田博太郎
ゲスト
熊木貴代・・・釈由美子
太田里香・・・内田真礼
日比野近郎・・津村知与支
草村愛花・・・篠原真衣ほか

コメント

  1. なお より:

    こんばんは ながら見でした。
    前からそうではあるんですが、大福の勘は当たるで解決してたら警察要らないだす笑っ

    もうハチャメチャ過ぎて…
    見なきゃいいんですがここまで来たら行く末を見届けたいというか…

    CSでまた内藤剛志のチンピラ役を見ました笑っ内藤剛志と片桐竜次、この人たちはちょいちょい脇役で出てます(^-^;

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      大福の勘だけで事件解決しているときがありますよね。
      最近・・・ホントに脚本家はいるのか?って思いますw
      真剣に作る気はないんですかねぇ。
      ウケ狙いっが過ぎます。
      でも見てしまうから甘やかしてるんですかね、視聴者が(苦笑)
      片桐さんは渡瀬恒彦さん、水谷豊さんが主演のドラマにはよく出てますよねぇ。