『わろてんか』第128回 感想~濱田岳のおでこ

スポンサーリンク

第128回 (第23週)「わろてんか隊がゆく」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子
てん(葵わかな)が隼也(成田凌)を勘当してから数年経った昭和14年。
風太の元には隼也から近況を伝える手紙が届いていた。
風太とトキはそれとなくてんに近況を伝える。
消印は川崎で、隼也は工場で働き、息子・藤一郎を育てていた。

中国での戦火が拡大。北村笑店や伊能の映画会社は、軍から国策に沿う演芸や映画を制作するよう強く要請される。
そんな中てんは、楓(岡本玲)が以前勤めていた新聞社から、戦地に笑いの慰問団を派遣して欲しいと持ちかけられる。
風太は団長になると乗り気だが、トキは「関東大震災」のときのように毎日心配するのは嫌だと言う。
てんも迷っていたが、風太は「北村笑店の宣伝になる。」と後押しする。


数年経っても全然老けてない主人公たち。
子役は大きくなったのに・・・。
風太のおでこは広くなったのに・・・。←前髪抜いたんか!
てんは口を真一文字にして眉間にシワを寄せているばかり。
一体、いくつよ・・・。

今週からいきなり戦争とか軍人とか慰問とか。
いきなり「花子とアン」の時代を追い抜いたわ~。

伊能様は国のご意向に反対よねぇ。
なんかやらかして逮捕されるのかなぁ。
てんはサブタイトルが「わろてんか隊行く!」だけに、慰問団を組んで戦地に赴く準備をするのでしょう。
だから・・・何?なんですけど(苦笑)
あと4週間。
やっとゴールが見えてきた。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとうれしいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん++++葵わかな
北村藤吉++++松坂桃李
武井風太++++濱田岳
伊能栞++++++高橋一生
北村隼也++++成田凌
トキ++++++++徳永えり
秦野リリコ++広瀬アリス
キース++++++大野拓朗
アサリ++++++前野朋哉
万丈目吉蔵++藤井隆
万丈目歌子++枝元萌
杉田楓++++++岡本玲
川上四郎++++松尾諭
亀井庄助++++内場勝則
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

コメント