『スカーレット』 第115回 感想~ハチさん、ハチさんと言って泣いていた喜美子

スポンサーリンク

第115回(第20週)「もういちど家族に」

「スカーレット」感想はコチラ→

DVDはコチラ

あらすじはコチラ→

アンリが持って来た5万円のワインを飲んで二人で語らう。
翌朝、二日酔いで目覚めた喜美子。
またもアンリの姿が見当たらない。

飲み過ぎてよく覚えていない喜美子は武志に電話。
バナナが幸せのお裾分けだと理解。
アンリがいないことを言うと知らんと言われ、電話が切られる。
窯業研究所では武志が川原喜美子の娘だと盛り上がる。
喜美子の話になると時々川原八郎の名前も話題にのぼる。
「喜美子の才能に負けて信楽から出て行った。」
とういうふうに言う人もいる。
掛井先生も母子家庭だった。
DV親父が出ていって、どこにいるのかもわからない。
だけど「普通。」だと言う。
「親は親。子は子」
と笑う掛井先生。



アンリがワインを買って戻ってきた。
喜美子は飲み明かしたときの会話を確認。
二人は一緒に住もうと話していたのだ。
そして喜美子は
「ハチさん、ハチさん。」
と言って泣いていたと指摘され呆然とする。

その頃、信作が居酒屋に呼び出したのは八郎だった。
数年ぶりに会う信作と八郎。
八郎の抱きつく信作。
東京に出張に行ったとき、せまいビジネスホテルに泊まる。
毎回同じホテルに泊まるのに、ベッドの横のライトのスイッチがどこにあるかわからへん。
そんなどうでも良い話をする相手がいないのだと笑い合う。


八郎が信楽にいてビックリ。
てっきり信作が名古屋に会いに行ってんだと思っていたよ。
信楽と名古屋ならもっと中間で会わないか?
どこが中間か知らんけど(爆)
三重か岐阜あたりでw
二人は仲良しで、二人は気が合うんだろうけど、二人の雰囲気。もう40代やで?
リアルおっさんずラブやろ!!

アンリと同居が始まるとは思わなかったなぁ~。
週刊誌に書かれているようなうわさ話は信じず、自分の目で見て、感覚で、アンリに心を許した喜美子。
しかしアンリは神戸に嫁に行ったというが、神戸のどこに住んでいるのか。なんでそんなに金持ちなのか、よくわからない。
今週のサブタイトルからして・・・・八郎と喜美子の関係よね。
アンリと一緒に暮らすなら、週末婚とかそんな感じ?

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原武志・・・・伊藤健太郎
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
鮫島直子・・・・桜庭ななみ
大野百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
掛井武蔵丸・・・尾上寛之
小池アンリ・・・烏丸せつこ
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見

語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント