『エール』 第103回 感想~橋爪淳の一声で

スポンサーリンク

『エール』 第103回(第21週)「夢のつづきに」


あらすじはコチラ→

裕一は吟の家にいた華を迎えにきた。
吟は裕一と華を送りがてらケンを連れ孤児院「マリア園」を訪れる。
シスターの佐代(黒川智花)は子供たちがようやく娯楽を楽しめるようになって、「鐘のなる丘」をいつも楽しみにしていると裕一に話す。
帰宅した華に音は
「お母さんが音楽を辞めたのは華のせいじゃない。
お母さんが華を選んだの。
華に会いたかったの。」
と伝えた。

それから数日後、音は最終選考の連絡がきて倒れ込む音。
「どうしよう・・・!!
受かってしまった!!!」
そこに華が帰ってくる。
「華。これから忙しくなると思うけど・・・お手伝い頼んでもいいかしら。」
「お弁当は自分で作るよ。
おめでとう。」

いよいよ・・・オペラ「ラ・ボエーム」始動。
音以外の出演者はそうそうたるメンバーで、音は必死に頑張る。
しかし・・・どうしても上手くいかない。
その様子を見ていた千鶴子。
そこへ今回の舞台を企画した脇坂常務(橋爪淳)やってきた。
オーディションの最終日を思い出す千鶴子。
音への票は0だった。
脇坂常務は音が古山裕一の妻だと知り、宣伝に使えると独断で音を主演におした。
「なんの為のオーディションだったのでしょうか?」
審査員の千鶴子が発言するも演出家・駒込(橋本じゅん)は調子良く脇坂の言いなりだった。


華の反抗期は、ヨーソローに比べたら可愛いもんで。←そりゃそうだ。
すぐに帰宅。
それでも完全仲直りとは行かないようです。

そこに音のオーディション合格。
実力差・・・めっちゃある。
周りの人は本物です。
いや~~~、これでは公開処刑ですよ。
裕一の七光りですよ。
そんなことだと思ったよ。
最終オーディションに残ったのは音の実力だたのか・・・?
そこも怪しい。
音だけ音楽学校中退。
中退って・・・何年通っていたのか?
1年も通っていたっけ?
だけど・・・これで「音、下手クソ」なんて書き込みを見なくて済む。
だって周りより実力が劣る役なんですもの。
そうやって役者叩きをするのはどうなのかね?

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
古山華・・・・古川琴音
古山まさ・・・菊池桃子
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
池田二郎・・・北村有起哉
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内智彦・・・奥野瑛太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
松坂・・・・・望月歩
藤丸・・・・・井上希美
小山田耕三・・志村けん
駒込・・・・・橋本じゅん
小南満佑子,伊藤あさひ,海宝直人,田中俊太郎,
語り・・・・・津田健次郎

コメント