『エール』 第102回 感想~ミルクセーキは美味しい

スポンサーリンク

第102回(第21週)「夢のつづきに」


あらすじはコチラ→

音は最終オーディションに向けて忙しい毎日。
華はそんな音のために家事を手伝ったり、裕一の看病をしたり・・・としていたが。
裕一の看病は音の仕事だから、華は好きなことをしなさいと言われてしまう。

ある日、バンブーで紅茶を飲んでいると渉がミルクセーキを食べにやってきた。
渉は強豪校に勝ったのは、裕一のサインのおかげだと感謝する。
お父さんは天才作曲家、お母さんはオペラ歌手と聞いた渉は、華にも音楽の才能があるのではないか。
自分も友達に誘われた野球だがとても大好きになった!とキラキラ言う。
いたたまれなくなった華は帰宅。

最終オーディションの結果を楽しみにしている裕一は、
「音は格好いいよ!」
とブランクがある音を褒める。
そしてまた。。。華は好きなことをやりなさいと言われ、ブチ切れる。
「やりたいことがあるのがそんなに偉いの!?」
自分を産んだことで音の人生が変わった。
だから家事を手伝いたいと思ってもやらせてくれない。
やりたいことなんて特にない・・・。
「お母さん、私の気持ち全然わかってない。
もういい。」
華は家を飛び出す。



華が向かった先は吟の家。
吟に悩みを打ち明ける。
「お父さんみたいな才能もない
お母さんや渉さんみたいな目標もない
好きな物もわからない。」
吟も妹たちを羨ましく思うこともあった。
「若い頃はやりたいものなんてなかったもん」
夢を追い続けるのはそれはそれで苦しいと思う。
それに才能なんて普通の日常の中に転がっていると思う
コロッケを上手にあげられた日はわたし天才って思うと励ます吟
「私も吟おばちゃんみたいになれたらいいな」
「若いうちはいっぱい悩みなさい。」
その頃、音は・・・。
やりたいことやれと言ったのはせっかく自由を謳歌できる時代になったから・・・。
だけど華には受け入れられなかった。
母親失格だと落ち込んでいた。


華のお部屋って初めてかな?
二階もめったにでてこなかったしね。
ミルクセーキって美味しいよねぇ。
最近、見ないけど。
母の実家のちかくに「山の音」といううどん屋があって、そこのミルクセーキとミックスサンドが好きだった!←うどんちゃうんかい!
今ではマンションだからもうあの味は食べられないけど、あそこでしかミルクセーキを食べたことがなかったなl。
そんなことはどうでも良くてw

やりたいことを見つけるのは難しいよ。
でも華の存在は吟も救われたかも。
ってか、そんなことに悩む時はもう過ぎた吟だろうが。
「吟みたいになりたい。」姪っ子にそう思って貰えるなんて、うれしいじゃんね。←いだてんw
あまりこじらせて、ヨーソローに行っても困るしさ。
娘の反抗・・・・に拒絶反応を起こすのは完全に「べっぴんさん」のせいだな。
子供の反抗期・・・絶対に入れないとダメなのかね?
もうこれで解決して欲しい。
短縮したんだから、短縮したら良い。
それよりももっともっと歌が聴きたいよ~!

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
古山華・・・・古川琴音
古山まさ・・・菊池桃子
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
池田二郎・・・北村有起哉
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内智彦・・・奥野瑛太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
松坂・・・・・望月歩
藤丸・・・・・井上希美
小山田耕三・・志村けん

語り・・・・・津田健次郎

コメント