『エール』 第92回 感想~ミュージックティーチャーが占い師に転身

スポンサーリンク

第92回(第19週)「戦場の歌」


あらすじはコチラ→

吟に「音には音楽がある。」と言われた音はは裕一に音楽の楽しさを思い出してもらうために、自分でも何か始めようと、バンブーで紹介された歌の先生のレッスンを受けることにする
先生の名はベルトーマス(広岡由里子)!!
レッスン中、現れた先生の友人はミュージックティーチャー!!
留学中に占い師に転身していた。

裕一にまだ音楽と向き合えらないのかと聞いた音は…
「譜面が怖い。」
裕一に言われてしまう。
一度だけ譜面に向かったが藤堂の死を思い出してしまう。

そんなこんなで一年半。
裕一は懐中時計を組み立て続けて早、10個。

音はミュージックティーチャーに占ってもらう。
「次に来た仕事が人生をかえる!」
と言われ………。

次に来た仕事は劇作家の池田(北村有起哉)の)ラジオドラマ。
「鐘の鳴る丘」の音楽を依頼しにやって来る。
「先生の曲は勇気を与えてくれる」
「それが悪い方向にむかいました。」
「戦争の責任を全部背負うつもりなのか?」

ついでに…智彦も無職。
吟が働きたいというのも聞き入れず闇市でのんだくれ。


マッハで一年半!!

ミュージックティーチャーは留学して占い師に転身!

驚きポイントだけど………。
ベルトーマスさんもいたな。

けど、、、、昨日に比べ濃いはずなのに…。

裕一はともかく智彦の酒代はどこから捻出されてんの?
吟の家も無事だし。
智彦の親は養子にだすくらいだから援助もなさそうだし。

吟には爆発してほしいわ!
もっと怒ったれ!
しばいたれ!
実家帰れ!
なんて思ってしまう(笑)



「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
古山華・・・・根本真陽
古山まさ・・・菊池桃子
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
池田二郎・・・北村有起哉
杉山あかね・・加弥乃
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内智彦・・・奥野瑛太
廿日市誉・・・古田新太
藤堂清晴・・・森山直太朗
昌子・・・・・堀内敬子
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
小山田耕三・・志村けん

語り・・・・・津田健次郎

コメント