『エール』 第62回 感想~直太朗も育三郎も独唱

スポンサーリンク

第62回(第13週)「スター発掘オーディション!」


あらすじはコチラ→

まだ裕一とは出会っていない大正8年、久志は父の再婚で新しくやってきた母・玲子(黒川芽以)になじむことができず、葛藤をかかえていた。
小学校では学芸会の練習をしていた。
「君の歌、すごく良かったよ。
今度の学芸会で独唱してみいないか?
”夢はいまも・・・♪」
藤堂先生が久志の音楽の才能に反応し久志に話しかけるが、譜面に目をやって歌っているうちにいつのまにか久志はいない。

3年前、久志の両親が離婚し母が出ていった。
父が再婚したあとも母のことを忘れられずにいた。
母に貰った手紙を読む。
”どうか体には気をつけて、お父さんを支えて立派な跡取りになって下さい。”
お手伝いの幸代(池津祥子)に見つかる。
「お母さん、どこにいるの?
この街にいるんでしょ?」
消印を見せる久志
幸代はもう3年も経つのだから忘れたほうが良いという口ぶり。
新しい母・玲子がおやつにはんぺんを作っているので食べるように促す。
「はんぺんは好きじゃない!」
久志の実母・麻友は離婚を機に実家がある福島にもどっているようでした。
母に会いたい一心で福島の町を歩き続ける。
やっと見つけた母がいる家。
大きな門の前に立つ久志だが、すでに引っ越して母はいなかった
”久志は我慢強く頭の良い子です
自分の未来のため、佐藤家のためにお父さんを支えて立派な跡取りになって下さい”
神社で立ち止まり手紙を読む。
ふと通りを見ると母がいた!
あとを追ったが、母には新しい家族がいた。



手紙を破り捨て雨の中走り出す久志
ずぶ濡れになった久志は学校の教室にいた。
藤堂先生が久志を見つけ
「どうしたんだ?佐藤」
「何もなかった。
何かあると思ったのに、何も無かった・・・。」
鼻をすする久志
「そうか。」
♪うさぎ追いしかの山♪
「佐藤も一緒に」
♪小鮒つりしかの川
夢は今もめぐりて♪
「やっぱり君良い声してるよ。
よし!こっちきて」
久志を教壇の横に立たせる
「もう一回大きな声」
♪うさぎ追いしかの山♪




家に帰ると継母・玲子が出迎える
「本当に心配したんだから。」
久志を抱きしめる玲子
「あの・・・はんぺんまだありますか?
お母さん。」
「もちろん」
そばにいたお手伝い幸代の顔もほころぶ。
久志は初めて継母を”子供はどうするかをお母さん”と呼んだ。

「あんな大きな声で歌ったのはあれがはじめてだった
ぐちゃぐちゃになった気持ちがぱーっと消えた
歌って良いなって」
鉄男のおでんやで裕一と飲んでいる久志
「藤堂先生に感謝してる」
「僕も久志にふるさとを歌ってもらいたいなぁ」
「ただじゃ嫌だ。」
久志のコップに酒をつぐ裕一。
鉄男は久志のお皿にはんぺんをのせた。
ふるさとを歌う久志


環の悲恋と言い、久志の生い立ちと言い・・・ベタな展開!
ベタが悪いと言っているわけではないw
考えたら鉄男もベタだった!
主人公の子役ちゃんより、久志の子役ちゃんのほうがよく見るなぁ(苦笑)
昨日も書いたけど、久志のような家の子が歌手になっても良いもんだろうか。
そして。。。母の実家が福島。
議員をやっている父はなぜ福島に???
このあたりの謎は謎のまま、来週の再放送に入っちゃうんだろうな。

今週は別にスピンオフではないのだろうけど、今日に限ってはスピンオフみたいなもんだったね、
よくまとまっていた。
福島三羽ガラスは藤堂先生に頭があがんないね!
直太朗の歌も聴けたし、育三郎の歌も聴けたし、朝から贅沢だった。

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
古山三郎・・・唐沢寿明
古山まさ・・・菊池桃子
古山浩二・・・佐久本宝
権藤茂兵衛・・風間杜夫
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内安隆・・・光石研
関内吟・・・・松井玲奈
関内梅・・・・森七菜
杉山あかね・・加弥乃
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
廿日市誉・・・古田新太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
小山田耕三・・志村けん
語り・・・・・津田健次郎

コメント