『エール』 第41回 感想~すぐに消える議員の息子!

スポンサーリンク

 第41回(第9週)「東京恋物語」


あらすじはコチラ→

福島で記者をしている鉄男(中村蒼)を呼び出した裕一。
久志もやってきて、久しぶりに顔を合せる三人。
鉄男に詩を書いて欲しいと依頼するが、今は家族を養うため新聞記者をやりたいと話す鉄男。裕一は納得。

音は音楽学校で記念公演の審査員をつとめることになった双浦環に声をかけた。
子供の頃、豊橋の教会で環に会い、レコードを貰ったと話すと、環も覚えていてくれた。
そこに夏目千鶴子が通りかかり、環から声をかけた。
去年、千鶴子のソロリサイタルを見たという環
「いい刺激になったわ。」
と微笑み、その場を立ち去る。

裕一は廿日市から、
「一度もレコードを出していないのに良い度胸だよね」
と早稲田の応援歌を作ったことに嫌味を言われるがあまり気づかない裕一w
廿日市は裕一に地方小唄を依頼。
横浜の地方のご当地ソングに社運を賭けていると聞かされた裕一は喜ぶ。
木枯からも早稲田の応援歌を褒められ喜ぶ裕一。
またカフェに連れて行かれ、希穂子(入山法子)という女給に出会う。


翌日、音は記念公演の選考会。
実技が終わり、環は学生たちに質問する。
「歌う時に何を考えていましたか?」
音程に気をつけて、発音に・・・などと答える生徒。
千鶴子は
「観客に喜んで貰えるようにと考えていました。」
音は
「わたしは・・・。
歌って楽しいなって思いながら歌っていました。」
と答えた。

最終選考に残ったのは千鶴子と音。
音は環に声をかけ
「ありがとうございました。
夢みたいです。」
と伝えると
音は充分に合格基準を満たしていたのだと言う。
しかし・・・。
「最終選考で勝つのは難しいでしょうね。」
とも言われてしまう。



乃木大将こと鉄男は家族を養う・・・まだ両親や弟を養っているのか?
まだ未婚であることには間違いないとは思う。
裕一に東京行きを勧めたわりには自分の夢は・・・。
大将の場合は、安定も大事よね。
夜逃げするほどの貧乏。
ま、裕一と同様、鉄男も不器用な人間であることには間違いない。
久志のことは
”すぐに消える議員の息子!”
として覚えていたようです(爆)
そうそう、久志の議員の息子ってヤツ。
鉄男は暴力的な魚屋の父親が出てきてたけど、久志のとこは出てないんだよねぇ。

音は・・・最終選考に残ってしまった(爆)
メジャー級に上手な千鶴子さんと、そのほかの皆さんと。
ドラマは仕方ない。
ここまで二階堂さんはやっぱり上手ですから。
演技をとるか、歌唱力をとるか。
音の物語で、音がオペラ歌手として成功するなら・・・歌唱力をとるしかなかったと思うが、朝ドラの主人公の妻ですもの。
「半分、青い」のように漫画なら吹き替えができるが、歌唱力・・・吹き替えもできるけれど、不自然さが残りすぎるもんねぇ。

環は音のことを覚えていてくれた。
でも。。。環は千鶴子を買っている。
いや。。。別に贔屓しているわけではない。
学年で一番の千鶴子、二番の音との差は大きいと久志も話していた。
音は最終選考に残ったことで満足するのか。
戦いを挑むのか。
技量では勝てないから、もっと「気持ち」に笑点を当てて頑張るのかな?

さて、種まきの月曜日。
鉄男、音のオーディション。
裕一の地方小唄。
この三本立てでしょうか?

今週の脚本は清水友佳子さん。
わりとベタに進む予感。

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はGReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山音・・・・二階堂ふみ
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内梅・・・・森七菜
杉山あかね・・加弥乃
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
夏目千鶴子・・小南満佑子
音楽学校教師・高田聖子
廿日市誉・・・古田新太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
双浦環・・・・柴咲コウ
小山田耕三・・志村けん
語り・・・・・津田健次郎

コメント