『エール』 第32回 感想~小南満佑子さんに勝手に親近感

スポンサーリンク

第32回(第7週)「夢の新婚生活」


あらすじはコチラ→

契約金が印税の前払いで借金だと聞かされた裕一。
家に帰り音に落ち込んでいる理由を話す。
契約書を確認する二人。
音はどこにも返金しろとは書いていない。
お金を返す約束はしていないのだから気にしなくても良いとサバサバ。
それに・・・レコードが売れたら無問題!
そんな音に勇気づけられる裕一。
裕一は木枯に音のことを惚気る。
ホントにそんな出来た奥さんがいるのか?と驚く木枯。←多分。野田さん・・・驚いてなかったようにも見える(苦笑)

音は音楽学校で学生生活をスタートさせた。
ある日、オペラ実習の授業中、教室の後方から上級生のプリンス(山崎育三郎)が飛び入りで授業に参加。
プリンスが特別授業の相手役に指名したのは同級生の中でも才能があると噂される夏目千鶴子(小南満佑子)だった。
二人のオペラはうっとりするほど素晴らしい。



裕一が木枯を連れて帰宅する。
裕一の仕事部屋で西洋音楽のレコードを見つける木枯。
木枯は福岡出身で貧乏だったから西洋音楽は知らない。

二人が話している間、音は喫茶店バンブーへ。
違うタイプだが二人は馬が合うようだと話していると、ライバルがいると成長ができるとバンブー夫妻に言われ・・・。
翌日、夏目さんに声をかける音。
すると夏目さんはここにいるみんながライバル。
お友達ごっこはしない。
「才能がある夏目さんでもそんなことを思うんですね。」
と感心した音だが
「私、才能って言葉が大嫌い。」
努力もしないで人の才能をうらやむ人間を軽蔑しているようだった。

裕一は今度こそ!と作曲した作品を提出。
廿日市の秘書に楽譜を渡す。
しかしそこで、先に同期の木枯の曲がレコードになると聞いて、複雑な気分になる。


山崎育三郎登場。←いつも登場のクセが強い。
学生?
もうできあがってるやんか!
もう先生が教えることなんて何もないやないか?

相手役の夏目さん。
彼女ももう学ぶことなどないのではないか!
大丈夫か?
夏目さんより音が上に行くってことはなさそうだ(苦笑)
夏目さん役の小南満佑子さん。
ウィキって見れば神戸市東灘区出身。
西宮育ち。
急に親近感!
廣田神社に奉納演奏会も行っているらしい。
素晴らしい経歴で接点は出身地しかないんやけど、勝手に親近感。
夏目さん、応援しているわよ(苦笑)
ワタシが応援しなくてもモデルは歌手の関屋敏子さんで、歌手として成功するようです。
夏目さんがそこまで描かれるのかどうかわかりませんが、あんだけ出来上がっていたら・・・もう充分です。

山崎育三郎は・・・この時代に音楽をしている人ってミュージックティーチャー同様、キャラが濃い。
才能はある。
しかしいきなり歌い出して、手まで握る・・・。
ホントに?
って思っちゃうけど。まぁ。それはそれw
山崎育三郎が大学生に見えないのも・・・それはそれ。

木枯に先を越された裕一。
木枯の楽曲は・・・どんなもんなんでしょう。

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はGReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山三郎・・・唐沢寿明
古山まさ・・・菊池桃子
古山浩二・・・佐久本宝
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
藤堂清晴・・・森山直太朗
関内音・・・・二階堂ふみ
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内吟・・・・松井玲奈
関内梅・・・・森七菜
杉山あかね・・加弥乃
梶取保・・・・野間口 徹
梶取恵・・・・仲 里依紗
夏目千鶴子・・小南満佑子
音楽学校教師・高田聖子
廿日市誉・・・古田新太
木枯正人・・・野田洋次郎(RADWIMPS)
小山田耕三・・志村けん
語り・・・・・津田健次郎

コメント

  1. みど より:

    こんにちは。
    今期はドラマが中々見られず残念ですね。
    朝ドラも大河も6月にストック切れとか・・・
    再放送はどんなによくても再放送だし・・・
    コンフィデンスマンは改めて面白かったけど。

    今朝のエール、私も二人の歌声にうっとりしました。
    え、育三郎は先生じゃなかったんだ。あんな生徒たちいる??
    まあ、朝から素敵な歌声が聞けたからいいか。

    裕一に少しいらつくのですが・・・
    野田さんは思ったより出番が多い((笑)

    • tarotaro tarotaro より:

      みどさん、コメントありがとうございます。

      朝ドラより大河の方が先にストック切れになりそうですね。
      再放送もつい最近みたものが多いですし・・・。
      バラエティと違ってドラマはそれなりにストックいしておいても良いような気がしますが、薬物事件などでお蔵入りになるのも怖いでしょうし。
      難しいところですね。

      育三郎は大学生に見えないのもありますが、男女があんなに接近して歌っても良いものでしょうかねぇw
      野田さん、ずっと出番があるんですかね。
      ある程度切りのよいところで放送休止に入れば良いんですが・・・。
      ここから佳境!ってとこでは困りますよね(苦笑)