『エール』 第22回 感想~手筒花火デートと怪しい古舘伊知郎?

スポンサーリンク

 第22回(第5週)「愛の狂騒曲」


あらすじはコチラ→

三郎は裕一が音に会いに豊橋に向かった確信。
大事なお客を放って家を出る。
そんな三郎となぜ結婚したのかとまさに聞く浩二。
まさは騙す人より騙される人のほうが好きだと答える。
両親も兄も怖かった。
結婚に反対だった。
それでも人のことを悪く言わない、欲がない三郎が好きなのだ。
浩二は自分にはできないと言うが、人それぞれだからそれはそれで良いと笑うまさ。
しかし時々自分が嫌いになると言う浩二。



一方豊橋では、ミュージックティーチャーが裕一のことを言いふらした(?)せいで、鶴亀寅吉(古舘伊知郎)という人物がやってくる。
鶴亀は裕一に演奏会の興業を持ち込む。
取り分は50:50。
裕一の名前を出すと協賛会社が増えているらしい。
演奏会のラストは音との共演も??
音は乗り気。

そんな音を心配する光子。
「演奏会はやってもいいけど、身を引くことは言いなさい。」
裕一は音のことが好きだ。
それと同じくらい音楽も好き。
身を引くことが一番だと伝えた。

昨日に引き続き、今日もデートな一日の二人。
浴衣を着てお祭りデート。
夜には手筒花火の迫力に驚き、二人は手をつなぐ!
楽しい楽しいデートを終えて、帰宅すると、そこには三郎がいた。
「おかえり」
不気味な笑顔で裕一を迎えた。


裕一・・・有給だかどうだかしらんけど、とりあえず休暇を貰って豊橋まできてんでしょうに。
演奏会を3回もするって、アリか?
どんだけ豊橋に滞在するつもりなのよ?

お祭り。
スカーレットの火祭りを思い出すなぁ(遠い目)
豊橋の手筒花火も迫力があって素晴らしい。
地元としては宣伝効果も期待しただろうに、今年はこんな祭りもできないだろうなぁ。
気の毒だ。
かくいうスカーレットもNHKの穴窯セットがあるってのに、公開できないでいるのよね。
いつになっても見に行くつもり。
早く見たいなぁ。

あぁ、ワタシ、まだ時々、喜美子、どうしてるかなぁって思っちゃうのよね。
そろそろ1ヶ月なのに。

ちや子さんなんて、「M 愛すべき人がいて」第2回 ネタバレ感想~ネタで胸焼けでも水野美紀は別腹!になってるのに(爆)

さて、はからずも両家顔合わせ・・裕一の母と弟はいないけれど、顔合わせとなってしまった。
とにかく胡散臭い古舘伊知郎だけど、普通の良い人なのか?
演奏会がきっかけで音楽家としての裕一の道が日本で開けるのか?

職人の岩城さんは裕一をスゴい目をしていると言うが、ワタシも光子と同じく、頼りない若者にしか見えなかった。
後の成功を知っているからさ。
「スゴい目をしている。」
って便利というか、逆にスゴいというか。
顔つきや目でその人のことがわかるなんて超能力者みたい。
時々現実でもそんなことを言う人がいるけどさ。
ワタシ、そんなスゴい人に会ったことがないもんだから、もごもごしちゃう。
ドラマだとわかるんだけど。
岩城さんと光子さんの信頼関係も垣間見えて良かったんだけど。

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はGReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山三郎・・・唐沢寿明
古山まさ・・・菊池桃子
古山浩二・・・佐久本宝
権藤茂兵衛・・風間杜夫
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
藤堂清晴・・・森山直太朗
関内 音・・・二階堂ふみ
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内安隆・・・光石研
関内 吟・・・松井玲奈
関内 梅・・・森七菜
落合・・・・・相島一之
鈴木・・・・・松尾諭
昌子・・・・・堀内敬子
松坂・・・・・望月歩
二浦環・・・・柴咲コウ
御手洗清太郎・古川雄大
語り・・・・・津田健次郎

コメント