『エール』 第12回 感想~急転直下のダイジェスト

スポンサーリンク

『エール』 第12回(第3週)「いばらの道」


あらすじはコチラ→

裕一はオリジナル曲を作曲するが、上手くいかない。
環境を変えてカフェで作曲しても上手くいかない。
譜面を見てもハーモニカ倶楽部の会長の館林(川口覚)が思い浮かぶ。
そんな裕一に史郎は俺の顔を見て作曲したら?とニッコリ。
すると・・・なんということでしょう!曲が完成(爆)

一方、三郎は養子を望む茂兵衛から再度頼まれる。
三郎は家業を次男・浩二に継がせることにした。
浩二は喜ぶ。
そこへ投票の結果、自分の曲が選ばれたと帰宅してきた裕一。



館林と裕一の曲は部内での投票では館林が一票多かった。
しかし館林はOBにも投票して貰っていた。
その結果、裕一が勝利。
驚く裕一に史郎は
部内の投票だけでは会長に気を遣うことがわかっていた。
そしてしがらみのないOBにも投票して貰った。
会長は音楽を純粋に好きなのだと。
裕一は会長のことを勘違いしていたと反省。

喜んで帰ってきた裕一の定期公演をみんなで見に行くことを決めた三郎は、養子の話を断る。
権藤家から絶縁されてしまう古山家。
そんな時、連帯保証人になったとこで・・・・京都の吉野(田口浩正)がトンズラ。
茂兵衛に頼むしかなくなってしまった。
茂兵衛に土下座する三郎とまさ。
融資の条件は養子。
ただ一択だと。

そんなことも知らない裕一は、引退する会長・館林に次期会長になるよう推薦された。
裕一の才能を認めたのだ。
自分にはない裕一の才能に嫉妬もしたと告白。
音楽学校に行くには卓上のピアノでは無理なので、自分のピアノを使うようにとまで言ってくれる会長。


ゴメンね、会長。
昨日は、嫌なヤツ!って言っちゃって。
でもホントに嫌なヤツだったんだよ。
川口さん、めっちゃ感じ悪い顔してたやん(苦笑)

ほんでもって、小さい頃。
おデブと一緒に裕一の楽譜を取り上げていたいじめっ子野郎があんなにめんこくなっているとは(爆)
裕一はいじめっ子を憎まなかった。
だから高校に入って友達になれた。
そして・・会長の優しさや純粋さまで察することが出来るようになるなんて。
史郎に何があったのか知りたいよ(苦笑)
裕一が純粋で優しい子だからこそだとは思うけど、史郎の変わりぽぷりにも驚くわ。

ダイジェストを見ているような急転直下の連続。
まぁ、わかってはいたけれど、田口浩正は悪人だった。
三郎とまさ夫婦は典型的なボンボンとお嬢様なのね。
商才もない。
そりゃ自分の子供を養子に出すんは嫌だろう。
しかも裕一には夢がある。
だけどさ、菊池桃子ママの言っていることはめちゃくちゃだよ。
「家族でしょう!」
と兄・風間杜夫に助けて欲しいというものの、風間杜夫が助けには応じない。
そりゃ、金と子供を引き換えにするのは抵抗はあるんだろうけど、あの時代、名家なら養子に出したり、貰ったりってことはあっただろうし。
スカーレットで喜美子が両親から搾取され続けるのが辛かったので、両親に甘えられるってところはちょっと楽しいかも?なんて思ったけれど、この両親。
金は持っているけれど、頼りないなw

今は撮影ストップしているので、このまま続くと・・・・話数が減ることも考えられるんですが、時間があったこの時期でもダイジェストっぽく感じるのに、削られてしまったらどうなるのか・・・と少しばかり不安であります。

「エール」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はGReeeeN「星影のエール」

キャスト
古山裕一・・・窪田正孝
古山三郎・・・唐沢寿明
古山まさ・・・菊池桃子
古山浩二・・・佐久本宝
権藤茂兵衛・・風間杜夫
佐藤久志・・・山崎育三郎
村野鉄男・・・中村蒼
藤堂清晴・・・森山直太朗
関内 音・・・二階堂ふみ
関内光子・・・薬師丸ひろ子
関内安隆・・・光石研
関内 吟・・・松井玲奈
関内 梅・・・森七菜

語り・・・・・津田健次郎

コメント