『やんごとなき一族』 第3話 ネタバレ 感想~離婚に協力し太鳳

スポンサーリンク

誕生日の悲劇―二人の秘められた想いは

こやまゆかり『やんごとなき一族』

あらすじはコチラ→
リツコ(松本妃代)はGPSで大介(渡邊圭祐)の浮気現場に乗り込むことにした。
巻き込まれた佐都(土屋太鳳)もともに急行。
大介から見逃してくれと言われるも見逃すことが出来なかった佐都。
大介はリツコに離婚を申し出る。
しかしリツコはザラスグループの一人娘。
健太(松下洸平)が勧めているプロジェクトの相手もザラスグループ。
二人が離婚したらこの話は頓挫するかもしれない。←ならばなぜ圭一(石橋 凌)はもっと嫁を大切にしてくれない。
圭一はもし離婚となったら、大介の美容サロンなどはすべて取り上げると言いつける
佐都は圭一からも美保子(松本若菜)からも責められてしまう。

佐都はリツコから見合いの時の話を聞く。
ビビっと来た。
一目惚れだったのかもしれない。
お見合いで愛のある結婚ではなかった。
でもこれから好きになれば良い。
そう思っていた。
しかし…いつからか大介が目を見てくれなくなった。
離婚はパパも許してくれないと思うからガマンするというリツコ

大介は健太に話しをする。
愛のない結婚だったけれど、仲が悪いより仲が良いほうが良いと思って努力した。
しかしいつからかリツコを女として見られなくなり、リツコの後のオヤジが見えるように←そりゃ怖いw
オヤジの支配から逃れるようにリツコと目も合わさなくなった。←勝手じゃん。
健太は大介の気持ちもわかるが、だからって浮気して良いことにはならないと言う。
大介は激昂。
今まで好き勝手やって、好きな女と結婚したヤツには言われたくない!←ごもっとも!

リツコがブランド品を川に投げ捨てるのを見た佐都は全部売ろうと提案。
リツコはすべて売り払ったお金を大介に渡すという。
これで綺麗さっぱり!



そんなある日、リツコの父でザパスグループオーナー石黒賢がやってきた。
家族みんなが大広間に集まる中、リツコは宣言した
「今日は ご報告があります。」
「リツコさんその話は終わったはずだ。」
圭一(石橋 凌)がリツコを遮る。
それでも話し続けるリツコ
「私たちの結婚は家のための結婚。
でも お互いが好きだからする
それがホントの結婚だと思うんです。
私はずっと さみしかった。
さみしさを紛らわすためにいっぱい買い物したけど、物が増えるたんびにむなしさも どんどん増えた。
買い物で気は紛れないんです。
だから いらないもの全部処分しました。
そしたら 何かすごい すっきりしちゃって。
全部捨てて最後に残ったのは私のホントの気持ちだけです。
私は…。
大介さんを愛していません。
初めて会ったときから今まで一度も愛したことはない。
愛のない結婚生活のせいで
大介さんもずっとつらかったと思います。
だから…。
私たちの離婚を認めてください。
お願いします。」



大介も話し出す
「小さいときからずっと親父の言いなりだった。
進学も仕事も結婚も。
俺の人生は全部親父が支配してる。
だからいつからか投げやりになってた。
リツコとの結婚もそう。
ごめん。
何度も逃げて何度も傷つけて本当にごめん。
俺たちは お互いが幸せになれる道を歩いていきたい。
クリニックは取り上げられても構わない。
俺もリツコも自分の力で生きていく。
俺たちの離婚を認めてください。」
「お願いします。」
「お願いします。」



圭一は二人の話をつまらない話とこき下ろす動きだしたところだ。
「ここまで好き勝手にやってきたくせに
いまさら駄々をこねるな。」
「だから自分の力で生きていくって言ってるだろ。」
「子供みたいなことを
言うんじゃない。
どうやら、育て方を間違えたようだ。」
仕切り直して乾杯を・・と瞬間
太鳳が
はばかりながら申し上げます。
私は リツコさんと大介さんの決断を応援します。
これ以上 リツコさんと
大介さんの心が壊れていくのを
見て見ぬふりするなんてできません。」
「佐都 どの立場で物を言っている?」
「家族の立場です。
今まで我慢して散々つらい思いしてうあっと主互い前向きに生きる決断をした。」
「佐都さん。
幸せになるためには別れなきゃいけないときもある。
2人はお互いの幸せのために別れるんです。
家族なら 幸せになる道を応援してあげませんか?」
健太も佐都の意見に同調すると、石黒賢はこのプロジェクトはなかったことするというが、圭一が眺めて、明人(尾上松也)だったのではないか。

あらら。
石橋凌も石黒賢も普通じゃなかったわね~。
身内じゃないからこのプロジェクトは進めないって言っていた石黒賢が、尾上松也に担当が代わるならプロジェクト続行って意味わからん。
身内じゃなくなるんだから長男に代わっても別に・・・。
石黒賢の父の代までは普通の民宿だったのなら、普通の感覚を持っていてもよさそうな石黒賢
なのに娘の幸せを祈れないのか。
成金は成金で怖いね。

別にさ、離婚してもビジネスは別じゃん。
お互い納得しての離婚だし。
なんで普通にビジネスできんのだ。

で、健太。
健太はこんな家と縁を切りたかったんだし、三男夫婦とともに太鳳と駆け落ちしたら良いじゃんね?
プロジェクトを外されて。願ったり叶ったりじゃないの?
健太、深山の仕事にやりがいを感じてんの?
ああ、もう少し健太がしっかりしてたらなぁ。
ま、こういうドラマだから仕方ないけど、どんな失敗もどんな出来事も太鳳ちゃんのせい。
で松下洸平って、イチャイチャシーンが生々しくて恥ずかしい。
夫妻の会話ではずっと太鳳ちゃんの手をなでなでしててさ。
しかも…やっぱり素朴すぎる雰囲気であんまり大金もちの息子に見えないw
ってか、金持ちそうに見えない。
やっぱり八郎のイメージが強いんか。




佐々木希はなんかありそー。
秘書が会食に同席するなんてないし、松下洸平が太鳳に電話するところもバッチリ聞いているっていう。
しかし、やっぱり。
何かありそうな役に佐々木希は…

今日は冒頭に松本さんが飛ばしまくっていたので、後半お休み。
ってなことでちょっと松本さん不足。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「やんごとなき一族」 第1話 ネタバレ 感想~松本若菜に注目
『やんごとなき一族』 第2話 ネタバレ 感想~クルトン義父とケール愛人に立ち向かっ太鳳!

キャスト
篠原佐都(土屋太鳳)
深山健太(松下洸平)
深山明人(尾上松也)
深山美保子(松本若菜)
深山大介(渡邊圭祐)
深山リツコ(松本妃代)
深山有沙(馬場ふみか)
立花泉(佐々木希)
篠原良恵(石野真子)
深山八寿子(倍賞美津子)
深山久美(木村多江)
深山圭一(石橋 凌)

コメント

  1. なお より:

    こんにちは
    私もこのドラマは楽しみにしてました笑っ
    仮面ライダー電王のお姉ちゃんこと松本若菜さんが前回のドラマに続いて注目されてきていて嬉しいです。
    太鳳ちゃんも役柄が合ってるのか違和感なし。松下洸平は‥頼りなさ過ぎ
    石橋凌‥私はバンドのボーカルとして好きだったので‥(今は役者が本業だから仕方ない)
    別のドラマに大友康平も出てますが‥うーん役者としてはどうなのか‥今期のはいい感じでお父さん役やってますが。。

    • tarotarotarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      松本若菜さんスゴいですね。
      電王の姉の時は初々しいというか、演技派になるなんて思えなかったけどw
      地道に実力を。
      しかも綺麗なままだし。

      石橋凌は今井美樹とトレンディなドラマに出ておられましたね。
      あの時も格好いいのか?って思っていたのですが。
      ただ大友康平よりは幾分w
      最初に大友康平のお芝居を観たのは斉藤由貴主演の昼ドラだったと思うのですが、かなり重要な役どころなのに、これでええのん?
      と思いました。
      若い人が未熟なのは見ていられますが・・・本職が音楽ならなんでもありなんですかね。