『わろてんか』第98回 感想~月曜の朝から辛気臭い

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第98回 (第18週)「女興行師てん」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

藤吉(松坂桃李)の葬儀が終わっても、てん(葵わかな)の家にはリリコ(広瀬アリス)や亀井(内場勝則)たち旧知の友人が続々と弔問に訪れ、藤吉との懐かしい思い出話を語る。
伊能(高橋一生)は生前藤吉と約束した通り、北村笑店の役員となって社長のてんを支えていくと伝える。

半年後、風太(濱田岳)とトキ(徳永えり)に待望の子供が生まれた。
命名・飛鳥
大空を羽ばたく鳥のように。

見逃したドラマがあるかも?

面倒臭いし、辛気臭いから一人ずつ弔問に来るなよ。
今日は、コレだけで終わるのかと思ったわ。
籐吉になんの思いれもないから、ナレ弔問で良かったのに。

殴り合いのあとの謎の和解をした伊能様と籐吉。
伊能様がもっといけ好かない人だったら良かったけど、最初からずっと良い人で、常識人。
籐吉と親友になってしまったから、面倒なことを引き受けてしまった気の毒な人。
もっと伊能様も嫌な男だったら、殴り合いからの和解ももうちょっと違う印象になっていたかもしれない。
高橋一生を「完璧な色男」にして、主婦層のハートをガッチリ掴もうという下心がミエミエで、脚本は二の次にしてしもた結果、こんなことに。

風太とトキに女の子が誕生。
嬉しさで大声を上げる風太。
長屋の人たちがズッコケてましたねぇ。
不自然なほどたくさんの人がいて・・・・思い出したかのような新喜劇演出。
笑えんなぁ。

飛鳥ちゃんは隼也と結婚するのかなぁ~。
年の差がありすぎるかw

これで、松坂桃李は退場ですかね。
もっと上手な役者だと思っていたし、他のドラマを見る限り、悪くない。
やっぱり脚本と演出と方言かなぁ。
朝ドラみたいに説明セリフが多い役は、まず滑舌。
最近の俳優さんは声がちっさいちっさいねん(爆)

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとうれしいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん …葵わかな
北村藤吉 …松坂桃李
武井風太 …濱田岳
伊能栞  …高橋一生
トキ  …徳永えり
秦野リリコ…広瀬アリス
キース  …大野拓朗
アサリ  …前野朋哉
万丈目吉蔵…藤井隆
万丈目歌子…枝元萌
亀井庄助 …内場勝則

【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加