『わろてんか』第82回 感想~救護物資はアート引っ越しセンターで♪

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第82回 (第15週)「泣いたらあかん」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

てん(葵わかな)はキース(大野拓朗)が東京から一緒に連れ戻った志乃(銀粉蝶)を長屋に住まわせ、しばらく面倒をみることにした。
志乃は地震のショックで記憶喪失になり、キースは自分が笑うことも人を笑わす気分にもなれずに引きこもり。
志乃に会って以降、伊能(高橋一生)の様子がおかしいと気づいた藤吉(松坂桃李)は、伊能に問いただす。

「あの人は僕をお金で撃った。」

志乃は向島の芸者で父親の妾。
本家の兄が体が弱く、兄に何かあったときの保険として、本家に貰われた栞様。
高額な手切れ金を貰った母とはその時以来逢っていない。

マスコミは時代の寵児(らしい・・・)伊能様のチャリティ活動に売名行為だと騒いでいる。
そして栞様の身辺調査も行い、「母親」のことも調べ上げていた。







やっぱり!!母子だった!!!

ってかそんな偶然あるかーーーーーーッ!!!

この間から、こんな偶然ばっかり。

母は「手切れ金」を貰っていたのか?
貰っていたとしても、手を付けていないとか、チャリティーさんしてたとか・・・。
どのみち「手切れ金」の件は、誤解なんでしょう。

そして久々、てんの妹りんが薬の救護物資を持ってやってきた。
急すぎて、そして妹の顔を覚えていなくて、誰なん?って思ってしまった(苦笑)
おてんちゃんは、良くも悪くも現状維持なのに、妹・・・・めっちゃ可愛くなっている。
藤岡屋は潰れてなかったのね。
商売順調で夫婦仲もエエみたい。

キースの震災鬱ってさ。
キースも過去に何か厄介なことを抱えているのかしらね?
家族も死んでいないし、自分も怪我はなく大阪に帰ってきて・・・。
フラフラ海外に行って、東京でもフラフラして義理も人情もないような人間が、震災で落ち込むって・・。ねぇ。

で、芸人長屋は、てんたちが買い取ったのか?
空いている長屋があれば、売れない噺家も記憶喪失の女性も簡単に休むことが出来るのね。

そろそろ銀胡蝶さんは記憶を取り戻しそうなのに、土曜日まで引っ張るのに大変だなね~~。
で、いつヒロインがおてんちゃんになるの??
ヒロインなのに影が薄いわ~。
いっそ、救護物資を(てんの)スポンサーのアートさんにお願いして、目立つことを考えてみてはどうでしょう。
BSの朝ドラ視聴後、天気予報を見るためにABCを見るので、「アート引っ越しセンターで♪」と葵わかなちゃんのCMを数回見るので、そんなことを思ってしまった朝。
頑張れ、ヒロイン(爆)

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生
てんの付き女中 トキ    …徳永えり
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
組むドケチな芸人 アサリ  …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則
志乃            … 銀粉蝶

【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加