『わろてんか』第57回 感想~珍しく正論を言う籐吉

スポンサーリンク

連続テレビ小説  第57回 (第10週)「笑いの神様」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

てん(葵わかな)は道で行き倒れていたお夕(中村ゆり)の面倒を見てやることにした。
お茶子も手際よくこなし、三味線も弾けるお夕は風鳥亭で重宝される。
藤吉(松坂桃李)が団吾(波岡一喜)を専属にしようとしていることを知った寺ギン(兵動大樹)が怒鳴り込んで来る。
そんな中、待遇改善の要求を掲げる万丈目(藤井隆)ら古株芸人たちの労働争議が激しさを増してくる。
寄席の出番を増やし、お金も欲しい古株芸人たちに

「新しいネタを見せろ。
 団吾師匠より笑いをとってみろ。」

と言い返す籐吉に何も言えなくなる古株芸人。

そんな時、うどん屋に団吾がいるという情報が入る。
しかしそこにいたのは、ニセ団吾(北村有起哉)で、お夕の旦那だった。

見逃したドラマがあるかも?

珍しく藤吉がまともなことを言っている。
他人にはまともなことを言えるけれど、本人がクズなの変わりない。

面白くないせに要求だけは一人前芸人の古株芸人たち。
キースはパーマ機で騙された過去を考えると、一生タダで働けよって思うけどね。

ずーーーーーーっと同じ芸しかしていない古株芸人たちは、今日この日のための、藤吉がまともなことを言うためだけの伏線だったのかしら?

偽団吾役の北村有起哉。

笹野さん以来、久しぶりに芸がある人の登場。
北村有起哉は「ちかえもん」 最終回 では、義太夫役(吹き替えなし)

「視覚探偵 日暮旅人」 ネタバレでは、殺し屋オネエ役。

きっと落語も上手にこなしてくれそうな期待が。。。
北村さんには悪いけど、ハードルをあげて見ている。

しっかし、「視覚探偵 日暮旅人」 では主役だった桃李。相棒役の濱田岳。そしてライバル役の北村有起哉。
このドラマの桃李は輝いていたのになぁ。
今日の桃李もボソボソ喋るだけで、輝きが全く無かったよ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生
てんの付き女中 トキ    …徳永えり
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
組むドケチな芸人 アサリ  …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
太夫元(たゆうもと)寺ギン…兵動大樹
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則
お夕            …中村ゆり
月の井団吾         …波岡一喜

【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. YOYO より:

    こんにちは。
    そうですよねー。正論だけどもお前に言われたないわ!
    って思いますよねー。

    ボソボソ口先芝居は、やっぱり本人も脚本に描かれたクソ男ぶりを読んで
    やる気消失。。。というところなのかもしれませんよね。
    まあ、そうだとしても芝居が一本調子すぎますが。
    見るのが嫌になってくるほどバカでどうしようもない藤吉像が
    桃李の名演技によるものだとしたら逆に凄いですね。
    そこまでリアルにキャラ憑依しないでいいっちゅーの。

    中村ゆりの現れ方。不自然すぎて一瞬、寺ギンのスパイかと思いました。
    ヒロインより明らかに美人だし何でもできちゃうし。。。
    怪しすぎるww

    私も北村有起哉に一縷の望みをかけちゃいますよ。
    このドラマの屋台骨になってくれと。。。

    重荷

    • tarotaro より:

      YOYOさん、書き込みありがとうございます。

      藤吉が今更正論んを言っても・・・って思いますよねぇ(苦笑)
      だいたい、最初はあのしょうもない芸人たちを食べさせたいと思っていたのが、妻子のために頑張っているになって、今じゃ自分のためだけにやってますよねぇ。

      桃李が脚本を汲み取って、演技しているならいいんですけど(苦笑)
      彼は、多分、気が弱い好青年とか無口でイケメンとか・・そういうのが似合っているんでしょうねぇ。
      「ラブシーンはめっちゃうまい!」と蒼井優に絶賛されてましたけど、そっち系のほうが本領発揮できそう。
      籐吉がもっと愛すべきクズなら、このドラマも変わってきたと思うんですよねぇ。
      だからって、脚本が面白くないことには変わりないんですけど・・・。
      「べっぴんさん」はさくらが大きくなるまではまだマシでしたけど、このドラマも隼也が大きくなったら今以上にヤバイかも・・・って思ってしまいます(苦笑)

      中村ゆりは「ふらつき方」がぎこちなかった(苦笑)
      怪しすぎますよねぇ。
      んで、今日は、おトキも内場さんも驚いてドア開けて入ってきすぎw
      場面展開が・・・ねぇ(苦笑)

      北村有起哉なら、小噺のひとつやふたつ。
      いや、古典落語でも器用にやってくれそう。
      もちろん落語をしなくても、ずっと風鳥亭に出て欲しいです。
      年齢的に無理だとは思いますが、北村さんが若ければ籐吉だって、面白く演じてくれたかもしれません。