『わろてんか』第56回 感想~相方はM-1優勝の波岡一喜

スポンサーリンク

連続テレビ小説 (第10週)「笑いの神様」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

てん(葵わかな)は天才落語家・団吾(波岡一喜)に心酔する藤吉(松坂桃李)が、団吾を風鳥亭の専属にしようとしていることに反対する。

万丈目(藤井隆)ら古株の芸人たちが団吾に執心する藤吉に不満。
万丈目たちが労働条件の団体交渉を申し込んでくる。
籐吉は万丈たちには見向きもせず、団吾にご執心。
その噂を聞いた寺ギンも団吾が欲しい様子
ある日、てんは、行き倒れのお夕(中村ゆり)を助ける。

見逃したドラマがあるかも?

相変わらずの籐吉。
ま、万丈目たちがストライキをしたところで、あんまり痛手はないかも。
おもんないからねぇ。
客も面白くない芸人を見るより、幸せだと思う。
ストライキなんかしている間に、ネタの一つでも考えろ。
目先の金に走って、芸を磨かないから、いつまでもしょうもないねん。
寄席がキツイときにアサリは新開地の劇場に営業してたのに、シレッと万丈目たちとストライキしている身勝手さがわからん。
最近、アサリの顔が蛭子能収に見えて、蛭子さんを見ていてもムカつくようになったわ。

波岡一喜の醸し出すチンピラ感。
本人は早稲田大学卒業のギャップ萌えw
彼は好きな俳優ではあるが、この声は噺家っぽくないなぁ。
春団治のような異端児だったら、それでいいのかなぁ。
この人の雰囲気はどっちかっていうと、漫才師向きよねぇ、やっぱり。
「火花」の売れない漫才師役はピッタリやったけどな。

で、病気の女性は団吾と関わりがあるよね、多分。
偶然の出会いでまた道は開ける。
団吾は専属契約になるんやろうな。
また籐吉は何もしない(爆)

さて、伊能様はとうとう本家の貿易会社の社長は解任。
映画会社だけが手元に残る・・・・・
伊能栞のモデルは小林一三と聞いて驚いています。
今更やけど。
「あさが来た」でも、ヒロインとの接点がない五代を絡ませてきたので、この朝ドラも・・・。
ってことでしょうけど、生い立ちから事業からすべて改変しているようなこの状態。
ならば、「架空の人物」で良いのに。
なんかさ、阪急電車も馬鹿にされているような気がするわ。←考え過ぎ。
小林一三って言ったら、関西では知らない人はいないし、NHKだって阿部サダヲでドラマを撮っていたやないか~い。

このドラマの良心「おトキ」は風太が好きなの?
おトキと風太がくっつくなら、そちらをメインにしたほうが楽しそう。
適当に違う脚本家を持ってきて、適当の話を作っても、本編より面白くなりそう。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生
てんの付き女中 トキ    …徳永えり
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
ドケチな芸人 アサリ    …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
太夫元(たゆうもと)寺ギン…兵動大樹
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則
月の井団吾        …波岡一喜
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加