『わろてんか』第48回 感想~京香、アメリカ進出するってよ。

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第48回 (第8週)「笑売の道」

なんだかあっさり軌道に乗った
たった一年でここまでなるもんかね

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が風鳥亭を始めて一周年の記念興行が始まった。
客席には儀兵衛(遠藤憲一)の遺影を抱えたしず(鈴木保奈美)ら藤岡家の面々がおり、万丈目(藤井隆)らの芸に心の底から笑う。

ほかの芸人いねーのかよ!!
何回、岩男と万丈目とキースの笑えない芸を見せられるねん。

そして、とうとう啄子(鈴木京香)はてんとを認め、北村家家訓の額を譲ると言い出した。
家訓には、

人は罪なり人は財なり

と付け加えられた。
それは京香ママがてんに教えられたことだと言う。

てんを北村屋のご寮さんだと認め、てんと藤吉の結婚を許すという啄子の宣言だった。

二人の祝言がとりおこなわれる。

保奈美ママ、りん、風太などが参列。←竹下景子ばあちゃんも呼んであげろよ!
今にも「ごちそうさんでした。」と言いそうな・・・w

祝言のあと、京香ママが突然。

アメリカに行く!

と言い出す。
なんでも叶えたい夢があるらしい。←こんな雑な追い出し方ある??

で、事後(爆)

長男が生まれました~~~~!!!!





京香は老人よね。
いきなりアメリカンドリームってなに?
いきなり自分探しの旅にでるの?
その金はどうやって捻出するのか?
唐突な展開過ぎる。
スケジュール上、長期離脱するのは仕方ないけれど、こんなんあかんやろw

で、てんの花嫁メイクはもっとキレイに仕上げてあげられなかったのかしら?
可愛らしい顔の子に似合うメイクがあるやろ?
白塗りは仕方ないとしても、口紅の塗り方があかんのやないかと思う。
もうちょっと可愛くしてあげてよ。
これは、葵わかなちゃんに同情するわ・・・・。

みんなみんな笑いの沸点が低いよねぇ。
伊能様も何回アイツらの芸を見てんのよ。
それでも笑える?
当時はどんだけ娯楽がなかったんやろ・・・。

良い最終回だったね!
と言いたいけれど、まだ4ヶ月以上ありますよ~~!!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。
わろてんか」感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」
キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生
藤吉の母 北村啄子…鈴木京香
藤吉の許婚 杉田楓…岡本玲

【てんをとりまく人々】
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
組むドケチな芸人 アサリ  …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
太夫元(たゆうもと)寺ギン…兵動大樹
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則

【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加