『わろてんか』第146回 感想~キー坊の眼力・・・。

スポンサーリンク

第146回(最終週)「みんなでわろてんか」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子
てんたちは妹・りんを頼って滋賀の農家に疎開した。
身を寄せた先の主人・治平(西川きよし)は偏屈な男で、てんたちを邪険に扱う。
大阪に残った風太は芸人たちと一緒に工場慰問に回っていたが、公演先の工場で空襲に遭うことが度々あった。
てんたちは苦しい疎開生活でも日々笑って暮らしていたが、治平はその楽しげな笑い声に怒りを覚える。


空襲で燃える風鳥亭。
必死に消火活動をする風太。
空襲時の消火活動に意味があるのか?
しかもバケツでさ。
風太1人の消火活動でもねぇ。
大阪組は大変だけど、予告でみんな生きていたからね~。
万が一死んだとしても、幽霊ででてくるやろし。
それにしても本気で燃やしてたねぇ。
やっぱりセットをもう使わないとなると、燃やすんでしょうか?

また滋賀に疎開。
安来節繋がりで疎開したら良かったのに。
安来節乙女組はほんっとなんのフォローもなかったなぁ・・・。

さて、キーボーですわ。
キーボーの姓が「横山」だったのは狙ったのかね?
キーボーに
「漫才みたいなしょーもないもん!」
って言わせるのも狙って狙ったセリフだったのかね?



キーボーだけ浮いてたな。
キーボーやったら、息子のほうがお芝居できるのになぁ。
むか~~~し、花王名人劇場で主演してたけど、年をおうごとに力が入りすぎておかしな芸風に。←本人を演じて、キスシーンもあった記憶なんだけどすべて記憶から消したいw
面倒くさいよね、西川きよし。
西川きよしは家族で面倒くさい。←何を今さら
面白くないくせに漫才コンクールの審査委員をやるのもどうかなと思う。
やっさんが死んでから、いや・・・政治家になってから芸人ではないのよねぇ。
周りにいじられてなんとか保っているだけなんだよなぁ。

関西ローカルだったのかもしれないけれど、先々週、西川きよしが葵わかなちゃんにインタビューする番組があって。
なぜか妻・ヘレンまでちらし寿司を持ち込んで・・。
女性アナウンサーも葵わかなも無難にやり過ごしていたけれど、チャンネル変えたわ・・・。
だから西川きよしがでるなんて思いもよらなかったのよねぇ。
三枝も出たしきよしもだしとこってなもんかなぁ。

あぁ、なんかキーボーの愚痴になってしもたw

※今週末まで帰省しています。
コメ返が遅くなるかもしれませんが、必ずお返事致します♪

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとうれしいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん++++葵わかな
北村藤吉++++松坂桃李
武井風太++++濱田岳
伊能栞++++++高橋一生
北村隼也++++成田凌
トキ++++++++徳永えり
秦野リリコ++広瀬アリス
キース++++++大野拓朗
アサリ++++++前野朋哉
万丈目吉蔵++藤井隆
万丈目歌子++枝元萌
杉田楓++++++岡本玲
川上四郎++++松尾諭
亀井庄助++++内場勝則
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

コメント