『わろてんか』第121回 感想~魔法の鈴で幽霊・籐吉が出放題

スポンサーリンク

第121回(第21週)「ちっちゃな恋の物語」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

隼也とつばきはお互い好きだという気持ちにフタをしたまま、精一杯の明るい別れをした。
てんは北村笑店の跡取りである隼也が正しい判断をしたと安心する一方で、隼也の気持ちを思うと自分勝手な親だと泣きたい気分だった。
親の心子知らず

互いに相手のことが気になるリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)は何の進展もないままだったが、ついに四郎が意を決してリリコに告白しようとする・・・。
もじもじしている四郎に
「エエで!
あんたと恋仲になったっても。」


来週の予告を見ると、まだマーチン・ショウの講演は引っ張るし、隼也とつばきの仲も引っ張るのねぇ・・・。
しかも「我慢ができない」らしいのよ。
つばきの父親らしき人が長屋にいたからねぇ・・・。

伊能がてんに「パートナーだ。」なんて言いだして、その日に籐吉が亡霊ででてくるし・・・。
そう言えば伊能様は結婚していないの?
ちょっとおかしくない?

展開によっては、リリコは風太と恋仲になってもおかしくなかったし、伊能様と恋仲になってもおかしくなかったなぁ。
結局、相方とくっつくんだねぇ~。

籐吉は幽霊として出過ぎて、ありがたみもない・・・・。
なんなのあの鈴(爆)
たまにはエンケンパパも呼び出したって!!
にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
わろてんか」感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」
キャスト
藤岡てん++++葵わかな
北村藤吉++++松坂桃李
武井風太++++濱田岳
伊能栞++++++高橋一生
北村隼也++++成田凌
トキ++++++++徳永えり
秦野リリコ++広瀬アリス
キース++++++大野拓朗
アサリ++++++前野朋哉
万丈目吉蔵++藤井隆
万丈目歌子++枝元萌
杉田楓++++++岡本玲
川上四郎++++松尾諭
亀井庄助++++内場勝則
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

コメント