『わろてんか』第119回 感想~つばきはブギを歌いません。

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第119回 (第21週)「ちっちゃな恋の物語」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

てんと伊能はマーチン・ショウの日本公演を実現しようと広く出資を募るが、資金は集まらない。
そこで北村笑店と伊能商会で莫大な制作費を折半する決断を下した。
隼也はつばきと頻繁に会うようになり好意を募らせるが、ある日突然もう会うことができないと言われる。
つばきには許婚がいて、結納の日取りが決まったという。
雨の中の二人www
傘を持っていたはずのつばきもびしょ濡れで、隼也がつばきを家に連れて帰り、てんにつばきのわかりやすい政略結婚について説明する。

見逃したドラマがあるかも?

「べっぴんさん」の時もそうだったけど、子供目線の話になると面白くないわ~。
「わろてんか」の場合は、ずっと面白くはないけど、習慣で見ているだけやけどw

つばきは中之島銀行の頭取の娘。
養子を迎える事になっているらしい。
いわば跡取り娘。
てんと同じ。

てんは・・・エンケンパパみたいに反対するのかなぁ~?
それとも賛成するんでしょうか?
「中之島銀行」って名前をだしてきたってことは、北村笑店への「出資せーへんからな!」って圧力もあり?

さくらのこじらせた反抗期もイライラしたけれど、隼也とマーチン・ショウも、少々長すぎる。
リリコと四郎はお互いの気持ちを確認したら、すぐイチャコラしそうやな。
あの二人は単純というか、そこまで時間を取ってられへんよね~。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん++++葵わかな
北村藤吉++++松坂桃李
武井風太++++濱田岳
伊能栞++++++高橋一生
北村隼也++++成田凌
トキ++++++++徳永えり
秦野リリコ++広瀬アリス
キース++++++大野拓朗
アサリ++++++前野朋哉
万丈目吉蔵++藤井隆
万丈目歌子++枝元萌
杉田楓++++++岡本玲
川上四郎++++松尾諭
亀井庄助++++内場勝則
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. YOYO より:

    こんにちは。
    隼也の顔つき、なんかイライラする。。。。!
    輪郭細面なのに顎がちょっとクッキリしてない顔がそもそも苦手です。
    (例:羽生さま)

    雨に打たれた結果二人して北村家に行く心理がよくわからない。
    つばきとしても、北村家に引き止めてほしかったのでしょうか。
    しかし薬種問屋のお嬢さんより銀行頭取のお嬢さんのほうが
    状況はシビアなものですよね。北村家風情が口は出せない。

    今ならそんなことはないのに。。。
    って思うのは私が庶民だからでしょうねw

    でも親が決めた相手と見合い結婚。。。ってパターンは
    とりあえず経済的な破綻は少なそうです。
    てんはメチャクチャ苦労しましたもんねw
    吉本せいさんは大成功したけど
    本当にてんのキャラのままであのクズ男と駆け落ちしたら
    現実的には今頃目も当てられない状態かと。。。

    なんやかんやで、このドラマもやっと終わり間近ですね。
    そう、もう隼也の話はもっちゃりしてくるから要らないですよね。

    戦争は駆け足で表現されるんでしょうか。

    「せめてうちらの笑いで世の中明るくするんや!」
    ってセリフ、多分台本にありますよね。。。。ww

    • tarotaro より:

      YOYOさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      ワタシも隼也が苦手~。
      去年はさくらにイライラしましたけど・・・。
      あの俳優さんは、チャラい役だとハマるけれど、ボンボンには見えないし・・・。
      そもそも前の息子もてんより2才下で姉弟にしか見えなかったのに、役者をチェンジした理由がわかりません。
      風太よりも年上に見えます。

      雨に濡れた二人。
      で、北村家に行く理由・・・ワタシもわかりません。
      どういう会話があって、北村の家に帰ってきたんでしょう?
      銀行の頭取のお嬢さんなんて、ボンボンの手に負えないですよね。

      つばきさんがてんみたいに、妹に面倒くさいことを押し付けて、駆け落ちする勇気があるならねぇw
      隼也は籐吉よりお金があるいけれど、詐欺師に騙されているとところをみると(つばきだってええとこお嬢さんだから詐欺師には騙されたようなもん)、傾くかもしれないですけど。

      実際の隼也は20代で亡くなってますがどうするんでしょうね?
      娘もいないし・・・まさか飛鳥ちゃんが継ぐとか?
      まだまだ隼也とマーチンショウに事案を使いすぎですよね。
      この時期にまだ戦争に突入していないってことは、戦争は駆け足っぽいですよね。

      「せめてうちらの笑いで世の中明るくするんや!」
      コレくらい言ってくれますよねぇ。
      誰かが(爆)