笑うマトリョーシカ 第2話 ネタバレ 感想~筑前煮で元カノが?

スポンサーリンク

深まる疑惑…事故と元恋人の秘密

早見和真『笑うマトリョーシカ』

あらすじはコチラ→

道上香苗(水川あさみ)はBG株事件のことで清家一郎(櫻井翔)に話を聞く。
香苗は鈴木俊哉(玉山鉄二)の周りで同じような交通事故が起きているのは不自然。
そして香苗の家も荒らされ、BG事件の資料が盗まれた。
「彼は危険です
知っていることを話して下さい
お願いします
あなただって関係を断ちたいと思っているんじゃないですか
これを私に送ってきたのはあなたですよね」
そこでスマホに連絡が入り鈴木が事故に遭ったことが知らされた。
香苗は後輩青山直樹(曽田陵介)に鈴木を尾行させていた。
病院に駆けつけると鈴木は命に別状はなく、青山も軽症だった。

スポンサーリンク

香苗は清家の自叙伝「悲願」と大学生時代に書いた論文を比べ、「悲願」は鈴木の意向が反映されていると推測。
大学教授に会いに行く。
論文は大学3年生の頃に書かれた課題で、卒業論文とは思考がことなっていた。
3年生の時はヒトラーに憧れているようだったが・・・。
3年生の時に恋人ができた。
美恵子(仮名)(田辺桃子)の影響かも知れない。
教授は本名を覚えていないが、とても頭の良い女性だったと懐古

香苗は清家を操っているのは鈴木とその美恵子ではないかと思う。
しかし清家に話を聞こうと試みるも、逆に今後一切の取材を拒否すると宣告されてしまった。

スポンサーリンク

相変わらず地味だ。
ただ終始流れる不穏な雰囲気は悪くない。
悪くないけど・・・今のところ意外性はない。
マトリョーシカなんだから一つずつ剥いで最後に謎が解けるのか?

櫻井君を全く疑わない主人公
こんなにも怪しいのに。
その自信はどこから??
櫻井君が胡散臭いのはいつもだしねぇ。
にしても狙ってやっているように思うんだよなぁ。
鈴木の自作自演かも?って思っているんだけど、あんな大事故になる?

で、真犯人・・・。
元カノかなぁ。
田辺桃子さんだしさw
金曜のこの枠の田辺さんは小悪魔。
いや、悪魔に近い。
出会いからなんだか下心とあざとさ満載。
鼻噛んだり、田舎モンだとアピールしたり。
27才で死んだ偉人を持ち出して、自分たちには時間がないかもと言ったり。
もうメロメロじゃんね~。大学生の清家は。

まだまだ雲を掴むような話でございます。
今日の夕方「エルピス-希望、あるいは災い-」を見た。
雑誌とテレビでは色々違うと思うんだけど。
今のところ・・・ちょっと地味だなぁって思うのはなんでだろう。
豪華なキャストではあるのにさ。

スポンサーリンク

笑うマトリョーシカ 第1話 ネタバレ 感想~胡散臭い櫻井翔が際立つ
笑うマトリョーシカ 第3話 ネタバレ 感想~ハヌッセンはいないと考察
笑うマトリョーシカ 第4話 ネタバレ 感想~高岡早紀が櫻井翔の母!?

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

キャスト
道上香苗(水川あさみ)
鈴木俊哉(玉山鉄二/学生時代:西山潤)
清家一郎(櫻井翔/学生時代:青木柚)
山中尊志(丸山智己)
青山直樹(曽田陵介)
道上香織(筒井真理子)
道上兼高(渡辺いっけい)
旗手健太郎(和田正人)
旗手勇気(森優理斗)
佐々木光一(渡辺大/学生時代:濱尾ノリタカ)
和田島芳孝(加藤雅也)
坂本一紀(中山麻聖)
美恵子(仮名)(田辺桃子)
謎の女(高岡早紀)
凜々(咲耶)
羽生雅文(大鷹明良)
諸橋育夫(矢島健一)
武智和宏(小木茂光)
藤田則永(国広富之)
一色清彦(東根作寿英)

笑うマトリョーシカ 第1話 ネタバレ 感想~胡散臭い櫻井翔が際立つ

コメント