『わろてんか』第96回 感想~100年続くしゃべくり万歳の完成

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第96回 (第17週)「ずっと、わろてんか」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

籐吉の見舞いに訪れた伊能(高橋一生)は、北村笑店の役員になって欲しいと告げられる。
さらに
「てんのことをどう思っているのか?」
と尋ねられる。

「おてんさんほどの魅力的な女性に出会っていない。」
という伊能様。

「籐吉くんとおてんさんと僕は同志だ。」

そんなこんなで
「東京の芸人は映画に出ているから、うちの300人の芸人もよろしく!!」
と籐吉に言われた伊能様は、アッサリOK!!←主観です。

キース・アサリの新しい万歳を披露する日。
風鳥亭にはてんと藤吉のほか、リリコたちが駆けつけた。
みんな大爆笑。
籐吉はこの万歳を「しゃべくり万歳」と命名。

最後は亀さんの大阪手打ちで締めました。
大阪手打ち・・・好きやわ~。



いよいよ籐吉の最期。
本来ならば年内に終わらせておくべき案件。
ずるずると三週間も持ち越したね。

籐吉と伊能様の殴り合いのシーンの挟み込み。
この殴り合いの後、なんで二人が意気投合したのか謎のまま籐吉は死んでいくのね・・・。
おてんちゃんは、普通に可愛い人なんだと思うけど、伊能様から見てどこがどう魅力的な女性なのかもわからないまま。

キース・アサリの万歳。
タイムリーな相撲ネタ。
しかも行司さん・・・・。

落語と違って、微妙なやなぁ。
ふたりともハイトーンボイスだけどね。
キースのキャラクターは嫌いだけど、中の人は聞き取りやすい声よね。
アサリより関西弁も上手いし。
この頃の万歳のネタで爆笑できないのは仕方ない。

籐吉は明日死ぬのか?
それともナレ死か?

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん …葵わかな
北村藤吉 …松坂桃李
武井風太 …濱田岳
伊能栞  …高橋一生
トキ  …徳永えり
秦野リリコ…広瀬アリス
キース  …大野拓朗
アサリ  …前野朋哉
万丈目吉蔵…藤井隆
万丈目歌子…枝元萌
亀井庄助 …内場勝則
藤岡りん …堀田真由
北村啄子 …鈴木京香
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする