『わろてんか』第89回 感想~口ひげの似合わない男・籐吉の回復力にびっくりぽん

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第89回 (第16週)「笑いの新時代」

あらすじはコチラ→
原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

口に「差し押さえ」の紙を貼って新聞に載っている団吾(波岡一喜)。
団吾は、ラジオへの出演を一方的に宣言した。
なんとか団吾のラジオ出演を阻止しようと、風太はその行方をしらみつぶしに当たるが見つけることができない。

藤吉(松坂桃李)は見舞いに来たリリコ(広瀬アリス)から、てん(葵わかな)がひたすら藤吉の回復を信じて笑顔で頑張っていたことを聞く。

「わろた顔が一番べっぴんや」

籐吉にそう言われたリリコはヘラヘラニコニコと笑う。

保奈美ママは、籐吉に
「好きな人とする苦労は苦労のうちにはいりまへん。」
「(隼也のことでいろいろあるやろけど)子ぉのことでする苦労は苦労やおまへん。」
と言う。

その夜、団吾が藤吉を訪ねて来た。

「うどんと蕎麦どっちが好きや?
おれは蕎麦。
うまい蕎麦のためやったら、遠い店でも食べに行くで。
店に客が入らんのはまずいもんばっかり出してるからや。」




団吾師匠は正論。
で、結局団吾の言う通り、寄席も繁盛するんでしょう。

しかし・・・主人公は誰やっけ!?

口ひげの似合わない男が主人公やっけ?
不自然な白髪頭の保奈美が主人公やっけ?
ヘラヘラ笑うリリコ?
団吾?

ヒロイン、影うっす!!!

泣けてくるわ。

リリコが自分のことを好きやとわかっていて「ワロタ顔が一番」と言う籐吉。
男としての器は、小さい癖にこういうこと言うやろ!!

おかーはん(保奈美)と籐吉とてんの3人で指切りって何の意味が・・・?
病院で「針千本飲ます」とか「指切った」とか・・・あんまり言わないほうが良いんじゃね?
んでもって、リハビリは人がいるところでやらないと危険よ、籐吉さん。

明日は団吾のラジオ出演で、土曜日は寄席がお賑わいってとこかなぁ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生
てんの付き女中 トキ    …徳永えり
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
組むドケチな芸人 アサリ  …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則
てんの母 藤岡しず    …鈴木保奈美
てんの妹 藤岡りん    …堀田真由(幼少期…中川江奈)
月の井団吾        …波岡一喜
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする